バーチャルカードとは?バーチャルカードのメリット・デメリットとは

バーチャルカードとは?バーチャルカードのメリット・デメリットとはバーチャルカードとは、インターネット決済専用のカードです。バーチャルカードには実物のカードがありませんので、クレジットカードよりもセキュリティ面に優れているとされています。

カードの不正利用や情報漏えいにも強いという特徴もありますので、バーチャルカードは非常に便利な決済方法なのです。

しかし、バーチャルカードではクレジットカードのようなカードは発行されませんので、バーチャルカードはコンビニやスーパー、百貨店や家電量販店などの実店舗では利用することができません。

バーチャルカードが利用できるのは、あくまでもインターネット上のみとなりますので、バーチャルカードはネット決済に特化したカードです。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

バーチャルカードとは?

バーチャルカードとは?バーチャルカードとは、ネット通販に特化したクレジットカードです。バーチャルカードを利用することで、クレジットカードと同じようにインターネット上で買い物をすることができます。

バーチャルカードを発行しているカード会社によっては、クレジットカードのように後払い方式のバーチャルカードもあれば、事前にチャージしてから利用するプリペイド式のバーチャルカードもあります。

また、バーチャルカードはバーチャル(仮想)のカードとなりますので、クレジットカードやETCカードのような実物のカードは存在しません。そのため、バーチャルカードならカードを紛失したり盗難に遭う心配がなく、クレジットカードよりも安全なカードと言われています。

ただ、バーチャルカードには実物のカードがありませんので、インターネット上でしか利用できないというデメリットがあります。

バーチャルカードのメリットは?

バーチャルカードのメリットは?バーチャルカードは、クレジットカードと同じように利用できるにもかかわらず、クレジットカードよりも安全でセキュリティ面に優れたカードです。

特にインターネット上の取引では、クレジットカード情報を入力するのに抵抗があるという方も多く、ネット通販の利用が不安でインターネットでは買い物をしない方もいます。

しかし、バーチャルカードなら、誰でも安全にインターネット上で自由に買い物をすることができます。

バーチャルカードのメリット

クレジットカードと同じように利用ができる

バーチャルカードは、VISAやMastercard、JCBといった国際ブランド付きのカードとなりますので、バーチャルカードはクレジットカードと同じように利用することができます。また、バーチャルカードの使い方についても、クレジットカードと同じとなりますので、いつもと同じようにインターネット上で買い物をすることができます。

クレジットカードよりも安全に買い物ができる

バーチャルカードは実物のカードがありませんので、クレジットカードよりも安全に取引を行うことができます。カードの紛失や盗難もありませんので、どなたでも安心して利用できます。

万が一、悪用された場合でも補償される

万が一、バーチャルカードが悪用された場合でも、不正に利用された金額は全額補償されます。

クレジットカードと同じようにポイントが貯められる

バーチャルカードの種類によっては、クレジットカードと同じようにポイントを貯めることができます。たとえば、三井住友VISAカードが発行しているバーチャルカードは、クレジットカードと同じように1,000円の買い物ごとに1ポイント(5円相当)が付与されます。

バーチャルカードのデメリットは?

バーチャルカードのデメリットは?バーチャルカードは非常に優れたカードではありますが、いくつかのデメリットもあります。

たとえば、バーチャルカードには実物のカードがありませんので、スーパーやコンビニなどの実店舗では利用することができません。

また、バーチャルカードの種類によっては、年会費や発行手数料がかかる場合があります。商品を購入する際に、その都度、手数料がかかる場合もありますので、バーチャルカードに申し込みを行う際には年会費や手数料などを総合的に判断する必要があります。

その他、バーチャルカードにはクレジットカードのような海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、空港ラウンジサービスなどは付帯されていません。バーチャルカードを取得することで、割引やポイントアップなどの優待が受けられることもありませんので、バーチャルカードに入会するよりもクレジットカードに入会するほうがお得です。

バーチャルカードのデメリット

実店舗では利用できない

バーチャルカードは、インターネット専用のカードとなりますので、実店舗では利用することはできません。バーチャルカードはオンライン上でのみ有効なカードとなります。

年会費や手数料がかかる場合がある

バーチャルカードの種類によっては、年会費や手数料がかかる場合があります。

割引やポイントアップなどの優待特典が利用できない

バーチャルカードにはクレジットカードのような会員特典はありませんので、バーチャルカードに入会しても特定の店舗で割引やポイントアップを受けることはできません。

インターネットに接続が可能な環境が必要

バーチャルカードは、ネット通販に特化した決済方法となりますので、インターネットに接続可能な環境が必要です。また、バーチャルカードによっては、パソコンのEメールアドレスが必要な場合もありますので、バーチャルカードに申し込む前に、予め利用が可能かどうかを確認されることをおすすめします。

バーチャルカードよりもクレジットカードのほうがお得!

バーチャルカードよりもクレジットカードのほうがお得!バーチャルカードは、クレジットカードと同じように買い物ができるネット通販に特化したサービスですが、バーチャルカードにはクレジットカードのような会員特典や優待割引などは一切ありませんので、バーチャルカードとクレジットカードを比較すると、バーチャルカードはあまりメリットがないサービスです。

また、バーチャルカードにはクレジットカードと同じように審査がありますので、過去の支払い状況や属性によっては、バーチャルカードの審査に落ちてしまうこともあります。

バーチャルカードには海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険といったカード付帯保険もありませんので、バーチャルカードに申し込みをするなら、クレジットカードを取得するほうが何倍もお得です。

安全で信頼性の高いおすすめのクレジットカードは?

安全で信頼性の高いおすすめのクレジットカードは?安全で信頼性の高いクレジットカードなら、JCBカード三井住友VISAカードがおすすめです。

JCBカードと三井住友VISAカードは、どちらも銀行系のクレジットカードとなりますので、どなたでも安心して利用することができる安全面に優れた信頼性の高いクレジットカードです。

また、JCBカードと三井住友VISAカードは、旅行傷害保険やショッピング保険といったカード付帯保険が非常に充実していますので、買い物やショッピングの補償はもちろん、旅行中の万が一の事故や病気でも安心なクレジットカードなのです。

バーチャルカードを検討するなら、クレジットカードのJCBカード三井住友VISAカードがおすすめです。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

ライフカードCh(年会費あり)

JCB CARD R

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

三井住友VISAカード

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ