JCB EIT(ジェーシービー エイト)の審査は厳しい?審査基準・審査期間

JCB EIT(ジェーシービー エイト)JCB EIT(ジェーシービー エイト)は、株式会社ジェーシービーが発行しているプロパーのJCBカードとなりますが、JCB EIT(ジェーシービー エイト)は年会費無料で、いつでもポイントが2倍になるお得なクレジットカードとして、非常に人気があります。

しかも、JCB EIT(ジェーシービー エイト)は、年会費が無料にもかかわらず、海外旅行傷害保険が最高2000万円まで自動で付帯され、尚且つ国内・海外共にショッピング保険が年間100万円まで付帯されるクレジットカードとなります。

では、JCB EIT(ジェーシービー エイト)の審査や審査基準はどうなのでしょうか。JCB EIT(ジェーシービー エイト)の審査時間・審査にかかる日数は、申し込みからどれくらいかかるのでしょうか。

JCB EIT(ジェーシービー エイト)は年会費無料でいつでもポイント2倍

JCB EIT(ジェーシービー エイト)の審査は?

JCB EIT(ジェーシービー エイト)は、JCBが直接発行しているプロパーカードですが、JCB EIT(ジェーシービー エイト)の最大の特徴は、年会費無料でポイントがいつでも2倍になるという点です。

しかも、JCB EIT(ジェーシービー エイト)は、旅行傷害保険やショッピングガード保険などの付帯サービスが充実していますので、年会費無料ということを考えると、JCBプロパーカードの中で、1番お得なクレジットカードと言えるでしょう。

そこで、JCB EIT(ジェーシービー エイト)の審査については、JCB一般カードよりも取得しやすいクレジットカードです。

これまでの事例でも、JCB一般カードで審査に落ちたが、JCB EIT(ジェーシービー エイト)の審査には通ったという事例が数多くありますので、余程のことがない限り、JCB EIT(ジェーシービー エイト)で審査に落ちることはないと考えられます。

ただ、JCB EIT(ジェーシービー エイト)に限らず、クレジットカードの申し込みでは、必ず審査がありますので、他社の延滞や支払いの遅れなどがあると、審査に落ちてしまうこととなります。また、転職をして間もないケースや引っ越しをして間もないケースなども、毎月の収入が不安定と見られる場合がありますので、その際には最低でも半年~1年は様子を見るほうが良いでしょう。

JCB EIT(ジェーシービー エイト)の審査時間・審査にかかる日数

JCB EIT(ジェーシービー エイト)の審査時間や審査にかかる日数は、JCB一般カードJCBゴールドと比べても、かなり審査が早い傾向があります。

そのため、JCB EIT(ジェーシービー エイト)の審査では、インターネット上から申し込みを行うと、早ければ数十分程度で審査結果の連絡をもらうことが可能で、遅くても当日中か翌日には審査結果の連絡があります。

また、カードの受け取りまでにかかる時間についても、早ければ1週間もかからずにカードを受け取ることができます。平均すると、申し込みからカードの受け取りまでは、おおむね1週間~10日間程度と考えられますが、JCB EIT(ジェーシービー エイト)はカードの受け取りについても、かなり早い印象です。

ただ、審査にかかる時間や日数については、申し込みを行った方の属性が大きく影響しますので、あまり属性が良くないというケースでは、かなり審査に時間がかかる場合もあります。逆に、申し込み内容や本人確認などで特に問題がなければ、非常にスピーディーな対応が期待できるクレジットカードです。

JCB EIT(ジェーシービー エイト)は、いつでもポイントが2倍になるお得なクレジットカードです。しかも、年会費無料で旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯サービスもありますので、非常に使い勝手の良いクレジットカードなのです。

また、JCB EIT(ジェーシービー エイト)は、リボ払い専用のクレジットカードではありますが、支払い方法を全額コースに変更するか、定額コースの設定金額を利用限度額と同額に設定することで、常に1回払いで利用することができるようになります。

上記手順を行うことで、JCB EIT(ジェーシービー エイト)のリボ払い手数料を無料にすることができ、尚且つポイントや付帯サービスなどのメリットだけを受けることができますので、非常にお得に利用することができるのです。

JCB EIT(ジェーシービー エイト)は年会費無料でいつでもポイント2倍

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ