JCB一般カードの年会費はいくら?年会費を無料にする方法とは

JCB一般カードJCB一般カードは、株式会社ジェーシービーが直接発行しているプロパーカードということもあり、非常に人気の高いクレジットカードです。

そこで、JCB一般カードの年会費は、オンライン入会後の初年度は年会費が無料ですが、翌年からは年会費がかかるクレジットカードです。しかし、JCB一般カードは条件をクリアすることで、翌年以降も年会費無料として利用することができます。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

JCB一般カードの年会費はいくら?

JCB一般カードの年会費は、カードを取得した初年度は無料ですが、翌年以降は1,250円+消費税がかかります。また、JCB一般カードには、ディズニーデザインのクレジットカードもありますが、こちらも初年度は年会費無料ですが、翌年からは1,250円+消費税がかかります。

JCBカードでは、基本的に通常デザインとディズニーデザインで、年会費が異なるということはありません。サービス内容・付帯内容も同一となりますので、希望するデザインで申し込みを行う流れとなります。

JCB一般カードの年会費を無料にするには?

JCB一般カードの年会費を無料にするには、設定された条件をクリアすることで年会費が無料となります。

そこで、JCB一般カードの年会費が無料となる条件は、カード入会後にMyJチェック(WEB明細)に登録し、年間50万円のショッピング利用があると、翌年以降も年会費が無料です。

JCBカードは、12月16日~翌年12月15日までを1年間としていますので、JCB一般カードを作った年の12月15日までにクレジットカードで50万円の利用があると、翌年の年会費が無料となります。翌年以降も年間50万円の利用があれば、JCB一般カードを永年無料で利用することができます。

JCB一般カードのメリットとは?

JCB一般カードは、JCBが直接発行しているプロパーカードとなりますので、他の提携カードとは異なり、信用・信頼性が非常に高いクレジットカードです。また、JCBカードは日本国内だけではなく、海外でも利用できる国際ブランドのクレジットカードということもあり、幅広く活用することができます。

そこで、JCB一般カードの使い方としては、主にメインカードとして持っておくと、様々なシーンで利用できるようになりますので、かなり便利です。私の周りでも、JCBカードをメインカードとして使っている友人や知人がいますが、旅行や買い物などで利用することが多く、外食の時は必ずJCBカードを使っているという状態です。

特に、ちょっとおしゃれなレストランで食事をする際に、スーパーやコンビニ系のクレジットカードを使うというわけにもいきませんので、そういった場面ではJCBカードを利用すると、非常にスマートに会計を済ませることができます。

また、JCB一般カードを長く利用していると、その後にJCBゴールドやJCBザ・クラスを取得することができるようになります。JCBザ・クラスは、非常に人気の高いプレミアムカードですから、将来JCBザ・クラスを持ちたいという方も、まずはJCB一般カードを取得して、利用実績を高めることが重要となります。

JCBカードは、カード発行時や増枠時に、カード会員の利用実績を重視する傾向があります。利用実績とは、延滞や遅れなどがないことはもちろん、長く利用していることが重要なポイントです。年間100万円以上のクレジットカード利用を2年~3年以上続けることで、JCBゴールドやJCBザ・クラスの取得難易度がかなり下がるようになるのです。

JCBカードは、他の提携カードとは異なり、非常に充実したサービスを受けられますので、JCB一般カードは持っていて損はないクレジットカードと言えるでしょう。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ