エポスカードの海外旅行傷害保険は自動付帯?それとも利用付帯?

エポスカードエポスカードは、株式会社エポスカードが発行しているクレジットカードとなりますが、エポスカードはマルイグループということもあり、年会費無料で全国の様々な店舗やお店で割引購入やポイントアップなどの優待を受けることができるクレジットカードです。

しかもエポスカードは、インターネット上から申し込み後、マルイ店頭でカードを受け取ることができますので、最短即日でクレジットカードを取得することができるのです。

では、エポスカードの海外旅行傷害保険は、どのような補償が付帯されているのでしょうか。エポスカードの旅行傷害保険は、自動付帯なのでしょうか。それとも利用付帯の旅行傷害保険なのでしょうか。

エポスカードなら即日発行可能!年会費永年無料・優待7000店舗

エポスカードの海外旅行傷害保険

エポスカードの海外旅行傷害保険は、傷害死亡(後遺障害)や傷害治療費用、疾病治療費用などが付帯されている旅行傷害保険です。

エポスカードは、年会費無料のクレジットカードとなりますので、旅行傷害保険だけを考えても、非常にお得なクレジットカードと言えます。

エポスカードの海外旅行傷害保険の補償内容

傷害死亡・後遺障害:最高500万円
傷害治療費用:200万円
疾病治療費用:270万円
賠償責任(免責なし):2000万円
救援者費用:100万円
携行品損害(免責3,000円):20万円
※カード加入日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発する旅行が対象
※1旅行につき最長90日間の補償

エポスカードの海外旅行傷害保険は自動付帯?それとも利用付帯?

エポスカードの旅行傷害保険は、事前に旅行代金をクレジットカードで支払わなければ付帯されない利用付帯の旅行傷害保険ではなく、何も手続きが必要ない自動付帯の旅行傷害保険となります。

そのため、エポスカードを持っていれば、海外旅行中の万が一の事故や病気の時でも、先ほどの補償内容が自動で付帯されますので、海外旅行に出掛ける際の届け出や手続きなどは一切不要で、旅行傷害保険を利用することができます。

一般的に、旅行傷害保険が自動付帯となっているクレジットカードでは、ほとんどのクレジットカードが年会費を有料にしています。

これは、カード会社が保険会社に対して、旅行傷害保険の保険料を支払っていますので、その分をカード会社はクレジットカードの年会費として徴収しているのが現状です。特に自動付帯の旅行傷害保険では、いつでも補償をしなければなりませんので、利用付帯の旅行傷害保険よりも、自動付帯の旅行傷害保険のほうが保険料が高くなる傾向があります。

しかし、エポスカードの海外旅行傷害保険では自動付帯となっていますので、非常にお得なクレジットカードなのです。

エポスカードは、普段の買い物でも10%~20%の割引購入ができたり、ポイント還元率が3倍~5倍になるなど、様々な優待特典が受けられるクレジットカードです。これらを総合的に判断しても、エポスカードはかなりお得なクレジットカードと言えるでしょう。

エポスカードなら即日発行可能!年会費永年無料・優待7000店舗

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ