クレジットカード引き落とし日の当日に間に合わなかった時の対処法

クレジットカード引き落とし日の当日に間に合わなかった時の対処法クレジットカードの利用で、引き落としの日までに、入金が間に合わなかったという経験はないでしょうか。

銀行口座には、引き落としになる分のお金は入れておいたはずなのに残高が足りなかった、あるいは、うっかり忘れていたということもあるでしょう。

支払いの遅れは、今後のクレジットカード利用に大きな影響が出ることもあり、場合によってはカード利用停止や利用限度額の減額などもあります。

そこで、クレジットカードの支払日に、引き落としが間に合わなかった時の対処法についてまとめました。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

クレジットカードの引き落としに遅れると延滞の記録が残る?

クレジットカードの引き落としに遅れると延滞の記録が残る?クレジットカードを利用していると、うっかり引き落とし日を忘れていたということは、誰でも1度や2度はあるのではないでしょうか。引き落とし日の当日になって、「あっ!忘れてた!」となっても、既に引き落とし日の当日ですから、結局支払いができずに「延滞」となってしまうこととなります。

クレジットカードの引き落としは、原則として毎月1回のみ行われるようになりますので、その1回に遅れてしまうと、クレジットカードの利用代金を支払わなかったとして、延滞の記録が個人信用情報機関に残ります。たとえ、どういった理由であっても、支払いの遅れが個人信用情報機関に登録されると、その記録は5年間以上も残り続けることとなるのです。

ただ、万が一、毎月1回のクレジットカードの引き落としに間に合わなかった場合には、1週間後、又は10日後に、再度引き落としをしてもらえることがあります。カード会員からすれば、この「再引き落とし」で支払いをしていれば、特に問題ないと考えている方も多いのですが、再引き落としはあくまでも支払日を過ぎてからの入金扱いとなりますので、返済が遅れた事実に変わりはないのです。

返済の遅れは、自分自身の信用を著しく低下させるものとなりますので、毎月の引き落としは遅れずに行うことが重要です。

引き落とし日の当日に間に合わなかった時の対処法とは?

クレジットカードの引き落とし日の当日に、銀行残高が足りないことに気が付いたら、以下の手順で支払いを済ませることができれば、支払いの遅れや延滞の記録が残らずに、今後も通常どおりクレジットカードを利用することができるようになります。

引き落とし日の当日に間に合わなかった時の対処法

    1.引き落としで利用している銀行口座の残高を確認する
    まずは、引き落としで利用している銀行の口座残高を確認します。その際に、通帳記帳、又はネットバンキングで引き落とし状況を確認します。銀行口座の確認は、口座残高だけではなく、利用明細を確認することで重複した支払いを避けることが重要です。
    2.カード会社に電話で連絡をする
    利用しているクレジットカードの裏面に記載しているカードデスクに直接電話をかけます。電話で担当者に伝える内容は、今日の引き落としに間に合わなかったことと、今日中に銀行振り込みで支払いをしたい旨を伝えます。そうすると、担当者から振込先の口座を案内してもらえますので、振込先の口座情報をメモします。
    3.指定の口座に振り込みを行い、カード会社にも連絡をする
    カードデスクに連絡をして、振込先の口座を教えてもらったら、今日引き落としになるはずだった利用代金を指定の口座に振り込みます。振り込みを行ったら、再度カードデスクに電話をかけて、振り込みを行った旨を担当者に伝えます。その際に、振り込んだ証拠が必要になる場合もありますので、振り込みを行った際の明細書は必ず手元に保管しておくことが重要です。
延滞を回避するには引き落とし日の当日15時までが勝負

上記手順を行うことで、今月の引き落としには間に合いませんでしたが、引き落とし日の当日中に利用代金を支払うことができるようになります。

ただし、引き落とし日に間に合わなかった時の対処法は、当日15時までに振り込みを完了することが絶対条件です。各金融機関は平日15時までを当日分として扱いますが、15時を1秒でも過ぎてしまうと翌日扱いとして処理されます。

せっかく現金を用意して、引き落とし日の当日に振り込みをしても、15時を過ぎてしまったために個人信用情報機関に延滞の記録が残っては意味がありません。

たった1日でも支払いが遅れると延滞として記録されますので、必ず当日15時までに振り込みを完了させることが重要なのです。

直接振り込みをする際の注意点

カード会社が指定する口座に、直接振り込みを行う際には、いくつかの注意点があります。それは「当日中に振り込みを完了すること」と「振り込みを行ったことを証明する書類」です。

これは、当日中に振り込みを完了させることで、引き落とし日の支払い完了として記録を残すためです。そのためには、今日振り込みをしたことを客観的に証明できる書類が必要ですから、振込明細などの書類が重要なポイントとなります。

言葉は悪いですが、カード会社としても直接本人から連絡があったとはいえ、その後に本当に振り込みをするかどうかはわからないわけです。また、仮に振り込みをしたとしても、カード会社側で確認が取れるのが数日経過してからというケースもあります。そのため、カード会社によっては、振込明細などをファックスで送ってほしいと言われることもあるのです。

ATMで振り込みを行う場合

ATMで振り込みを行う場合銀行や信用金庫、スーパーやコンビニなどのATMから振り込みをする場合は、振込完了後に発行される利用明細書を受け取り、いつでも提出できるように手元に保管されることをおすすめします。

利用明細書は、振り込みをした金額はもちろん、振り込みをした日時も明確に記載されますので、利用明細書はきちんと振り込みをしたという記録でもあります。

後日、振り込みをした、振り込みをしていないというようなトラブルを回避するためにも、ATMから振り込みをした際には、必ず利用明細書を保管することが重要です。

インターネットバンキングで振り込みを行う場合

インターネットバンキングで振り込みを行う場合インターネットバンキングで振り込みをする場合は、振り込み完了後のキャプチャ画面を取得して保存されることをおすすめします。

画面を保存する際には、振込先や振込金額の他にも、振込日や振込時間がわかるように画面を保存することが重要です。

ネットバンキングによっては、振り込みを行った後に履歴が確認できる場合もありますので、本人以外の第3者が見てもわかるようなデータとして保管することが重要です。

窓口で振り込みを行う場合

当日中の振り込みを希望する場合は、窓口で振り込みを行うことは避けたほうが良いでしょう。

原則として、どの銀行でも窓口は15時まで営業を行っていますが、銀行によっては14時以降の取り扱いを翌営業日の扱いとして処理する銀行があります。また、銀行によっては14時30分以降を翌営業日扱いとする銀行もあれば、14時45分以降、あるいは14時50分以降を翌営業日扱いにしている銀行もあります。

銀行の窓口は、機械ではなく人間の手作業で振込処理を行うことになりますので、銀行によって処理を行う時間が大きく異なるのです。また、週明けや連休明け、給料日前や月末などは窓口が非常に混雑していますので、結局、当日中の振り込みには間に合わなかったというケースもあります。

そのため、当日中に間に合わせたいというような緊急を要する振り込みでは、きちんと当日中に処理がなされるかどうかがわからない窓口の振り込みは非常にリスクが高くなりますので、ATM、又はインターネットバンキングで振り込みを行われることをおすすめします。

振り込むお金がない!?手元に現金がない時の対処法

振り込むお金がない!?手元に現金がない時の対処法上記の手順は、「手元に現金がある場合」に有効な方法となります。しかし逆に、そもそも手元に現金がない場合には、カード会社に電話をして振込先の口座を教えてもらっても、手元にお金がありませんので振り込むことができず、結局支払いの延滞として処理されることとなります。

支払いの延滞となれば、今後クレジットカードが利用できなくなるだけではなく、個人信用情報機関に5年以上も「延滞の記録」が残り続けることになるのです。

何年にも渡り延滞の記録が残るということは、その期間は新たにクレジットカードを作ることも、お金を借りることもできなくなります。だからこそ、毎月の支払いは絶対に遅れてはならないのです。

すぐにお金を用意する究極の方法
    仮に手元に現金がない場合、お金がない場合には、早急に現金を用意することとなります。万が一、お金を用意することができなければ、今後クレジットカードが使えなくなる可能性もあるわけですから、すぐにでもお金を用意して、先ほどの手順に沿ってカード会社に振り込みを行うことが重要です。
    そこで、すぐにお金を用意できる究極の方法は、一時的にカードローンを利用することです。カードローンとは、アコムプロミスSMBCモビットといった金融会社が行っているサービスとなりますが、カードローンを契約することで、すぐにお金を準備することができるのです。しかも、アコムやプロミス、SMBCモビットは、大手の金融会社となりますので、どなたでも安心して利用することができます。
    特に最大手のアコムは、申し込みから最短30分で審査回答、さらに即日振込も可能ですから、非常に便利に活用することができるのです。また、プロミスには女性の方専用のプロミスレディースがありますので、主婦の方やパート・アルバイトの方でも、安心して相談することができます。
直接振り込みをするほうが確実に当日中の支払いができる

クレジットカードの引き落としは、前日までに銀行口座にお金を入金しておくことが重要です。

しかし、万が一、前日までの入金が間に合わなかった場合には、当日の朝一に入金をしたとしても間に合わないことが多く、かなりリスクが高くなります。仮に、引き落としに間に合わなかった場合には、支払いの遅れや延滞として個人信用情報機関に記録されますので、これだけは絶対に避けなければなりません。

前日までの入金に間に合わなかった場合には、早めにカード会社に連絡をして、直接振り込みをするほうが、確実に当日中の支払いができるのです。

また、手元に現金がない場合には、すぐにでもカードローンに申し込みを行われることをおすすめします。カードローンは、早く申し込みを行えば行うほど、借り入れができるようになるまでの時間も短くて済みます。特に手元に現金がない場合には、あれこれと考えるだけの時間がありませんので、すぐにカードローンに申し込みをすることが重要です。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

プロミスは平日14時までにWEB契約完了で当日振込!さらに30日間無利息!

三井住友VISAカード

WがWでポイント4倍キャンペーン

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ