引き落としに間に合わなかった!これだけはやってはいけないNG集

引き落としに間に合わなかった!これだけはやってはいけないNG集クレジットカードの引き落としで、「うっかり忘れていた」「忙しくて前日に入金できなかった」というような経験はないでしょうか。

クレジットカードの支払いは、カード会社ごとに締日や支払日は異なりますが、1ヶ月に1度、毎月決まった日に引き落としになります。前日までに銀行口座に入金をしておくことで、支払日になると自動的に引き落としになる仕組みです。

しかし、銀行口座の残高不足などで支払いができなかった場合には、返済の遅れ・延滞として個人信用情報機関に登録されることとなります。個人信用情報機関に利用状況に関するネガティブな情報が記録されると、今後5年以上も延滞の記録が残ることになり、以降のカード審査に大きな影響が出る場合があります。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

クレジットカードの支払いに間に合わなかった時の対処法

クレジットカードの支払いに間に合わなかった時は、ある方法を利用することで、支払いの延滞や遅れを回避することができます。

クレジットカード引き落とし日の当日に間に合わなかった時の対処法

支払日の当日に気が付いた、口座残高が不足していたなど、万が一、引き落としに間に合わなかった時は、上記の手順を試してみてください。上記手順なら、ほぼ全てのクレジットカードで、支払いの遅れを回避することができるようになります。

ただ、引き落としに間に合わなかった時に、これだけは絶対にやってはならないことがいくつかあります。場合によっては、逆効果となることもありますので、引き落としに間に合わなかった時には、必ず以下の内容を確認してください。

引き落としに間に合わなかった時にこれだけは絶対にやってはならないこと

クレジットカードの引き落とし日の当日に間に合わなかった場合には、上記の手順で自分から振り込みを行うことで、支払いの遅れや延滞を避けることができるようになります。

また、カード会社側の社内的にも、引き落とし日当日に連絡があって、尚且つ当日中に自ら利用代金を支払ったという事実は、「返済の意識が高い」と認識されますので、かなりプラスに働きます。本来は引き落としに間に合うことが重要ですが、万が一、間に合わなかった場合には、先ほどの手順で支払いをされることをおすすめします。

ただ、クレジットカードの引き落としに間に合わなかった際に、これだけは絶対にNGというものがあります。場合によっては逆効果となりますので、非常に危険です。

銀行口座に引き落とし金額を入金すること

引き落とし日の当日に間に合わなかった際に、改めて銀行口座に引き落とし分の金額を入金する人もいますが、これは絶対にNGです。

銀行の引き落としシステムは、銀行が引き落としをするタイミングで、口座にその分の残高があれば引き落としを行い、残高がなければエラーとして処理されます。一般的に、銀行が引き落としの処理をする時間帯は午前8時~9時頃に行われますが、正確な引き落としのタイミングは、その日の処理件数にもよりますので、何時何分に引き落としになるということは、誰にもわからないことです。

おそらく、銀行の職員ですら正確な時間帯を把握することができないシステムですから、引き落としの前日までに口座に入金ができなかった場合には、仮に翌日の朝一で入金をしたとしても、正常に引き落としがされるかどうかがわからないのです。

また、銀行の引き落としは、銀行によっては1日に2度まで引き落としの処理を行う、あるいは1日に3度まで行うという銀行もあります。さらに、ある銀行では口座残高と引き落としシステムを連動させることで、口座に入金があった瞬間に引き落としを行う銀行もあります。この場合には、仮に14時を過ぎていたとしても、即引き落としがなされますので、当日中の支払いが可能となります。

ただ、各銀行の引き落としのタイミングは、銀行ごとに異なりますし、引き落としの名目でも対応が異なるようになっていますので、当日中の入金は非常に危険な行為なのです。

そのため、万が一、前日までに口座への入金ができなかった場合には、当日中の入金は行わず、自分から振り込みで支払いをするほうが確実なのです。

カード会社に連絡をせずに、そのまま放置すること

手持ちのお金が足りなかったり、事情があって引き落としができなかった場合には、必ずカード会社に連絡をすることが重要です。逆に、カード会社に一切連絡をせずにそのまま放置することは、「支払いをする意思がない」と思われてしまいますので、今後のご自身の信用を著しく低下させる行為となります。

また、カード会社によっては、1週間後に再引き落としを行ったり、10日後に再度引き落としをかけたりする場合もありますが、これまでに何度か支払いが遅れている人の中には、「どうせ1週間後にもう1度引き落としになるから、その時に支払えば大丈夫」といった考えは非常に危険です。

クレジットカードの支払いは、決められた日に決められた金額の返済を行うことが重要です。たとえ1日でも、たとえ1週間でも支払いに遅れれば、延滞として処理されることとなるのです。

カードの利用やローンの利用では、支払いの遅れや延滞は致命的ですから、今後はどのカード会社に申し込みをしても審査に通らなくなります。

クレジットカードが使えない、ローンが組めないという状態は、今後の生活に大きな影響が出ることとなりますので、毎月の支払いだけは遅れずに行うことが重要なのです。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

プロミスは平日14時までにWEB契約完了で当日振込!さらに30日間無利息!

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ