バイクの購入でクレジットカードは使える?メリット・デメリットは?

バイクの購入でクレジットカードは使える?メリット・デメリットは?バイクを購入する時にクレジットカードが使えたら便利ですよね。

オートバイは、郵便配達や新聞配達、ピザの宅配やデリバリーなどで使用するスクーターから、ネイキッドやオフロード、ストリートやアメリカン、ツアラーやレーサーレプリカなどの様々な種類があります。

また、オートバイの値段は排気量によっても大きく異なりますが、原付と呼ばれる原動機付自転車でも20万円~30万円前後、250cc~400ccの中型バイクは70万円~100万円前後、1000ccを超える大型バイクは150万円~200万円以上となりますので、バイクの購入でクレジットカードが使えれば、非常に多くのポイントを獲得することができるようになります。

では、バイクの購入でクレジットカードは使えるのでしょうか。クレジットカードでバイクを購入するメリット・デメリットについてまとめました。

JCB CARD Wは年会費無料でいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

バイクの購入でクレジットカードは使える?

バイクの購入でクレジットカードは使える?バイクを購入する際に、「クレジットカードで支払いができたらいいのに・・」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードは、利用金額に応じてポイントを獲得することができる支払い方法です。また、JCB CARD RJCB CARD Wのようにポイント還元率が高いクレジットカードで支払いをすることで、さらに多くのポイントを獲得することができます。

仮にポイント還元率が1%のクレジットカードで10万円のバイクを購入すれば、1,000円分のポイントをもらうことができます。仮に100万円のバイクなら、ポイントだけで1万円分にもなりますので、バイクの購入でカード決済が利用できるのであれば、現金で支払うよりもクレジットカードで支払うほうがお得なのです。

クレジットカード決済は店舗ごとに異なる

バイクの購入でクレジットカードが使えるかどうかは、店舗やショップによって大きく異なるようになります。

たとえば、ヤマハのバイク専門店YSPでは、どのショップでも特に問題なくクレジットカードでバイクを購入することができます。また、オートバイ買取専門店のバイク王も、通常どおりクレジットカードで支払うことが可能です。

しかし、Kawasakiやホンダでは、バイク用品ならクレジットカードで購入することができますが、バイク本体のクレジットカード決済は断られます。中古バイク買取のレッドバロンでもクレジットカードは一切利用することができませんので、バイクの購入でクレジットカードが使えるかどうかは、店舗やショップによって異なるのです。

バイク購入のクレジットカード決済のメリット・デメリットは?

バイク購入のクレジットカード決済のメリット・デメリットは?バイクの購入でクレジットカードを使うメリットは、決済金額に応じてポイントを獲得することができることです。

特にバイクは数十万円~数百万円の高額商品となりますので、もしクレジットカードで購入することができれば、かなりお得にバイクを手に入れることができるようになります。

また、クレジットカードの支払い方法は、一括払いの他に分割払いやボーナス払い、リボ払いなどがありますので、希望する支払い方法を利用することができるメリットもあります。

逆に、バイク購入でクレジットカードを利用するデメリットは、値引きが期待できなくなること、手数料がかかる場合があることです。

その他にも、クレジットカードのリボ払いや分割払いは金利が高く設定されていますので、一括払い以外の支払い方法では、かなり損をすることになります。

クレジットカード払いのデメリット

値引きが期待できなくなる

クレジットカード払いは、店側がカード会社に対して5%~10%程度の手数料を支払うことでカード決済が利用できるようになる仕組みです。

そのため、バイクのような高額商品でクレジットカードを利用されると、店側が支払う手数料の金額も高額となりますので、店側はクレジットカードの利用を非常に嫌がります。

また、クレジットカード払いと現金払いを比べると、現金払いのほうが値引き率が高くなる傾向があります。逆に、クレジットカード払いでは値引きがほとんど期待できなくなります。

手数料がかかる場合がある

クレジットカード払いで購入したい旨を伝えると、店側から手数料分を上乗せして請求されることがあります。

本来、クレジットカード払いにかかる決済手数料は店側が負担することになりますが、店舗やショップによっては諸経費として購入代金にプラスして請求するケースがあるのです。

悪徳業者とまでは言えませんが、決済手数料を上乗せして請求するショップは代理店の規約違反(禁止行為)ですから、こういった不正を行うショップではバイクを購入するのはやめましょう。

クレジットカードのリボ払いや分割払いは金利が高い

仮に、クレジットカードで支払いをして、その後にクレジットカードの分割払いやリボ払いを利用する場合は、ショッピングローン(バイクローン)を利用されることをおすすめします。

一般的にバイクを購入する際に利用するショッピングローンは金利が3%~5%前後となります。しかし、クレジットカードの分割払いやリボ払いの金利は15%~18%となりますので、ショッピングローンの3倍~5倍以上も金利が高くなります。

金利が高くなるということは、支払う手数料が多くなるということになりますので、クレジットカードでバイクを購入する場合は、あくまでも一括払いで利用されることをおすすめします。

購入価格が同じならクレジットカードのほうがお得!

購入価格が同じならクレジットカードのほうがお得!原則として、バイクの購入は現金払い、又はショッピングローン(バイクローン)になります。

ショッピングローン(バイクローン)は、店舗側が手数料を負担する必要がありませんので、現金払いと同じように値引きができる支払い方法です。

また、月間の契約件数や年間の売上によっては、逆に信販会社からバックマージンが支払われる場合もありますので、ショッピングローンは店舗側には全くリスクがない支払い方法なのです。

しかし、クレジットカード払いは店舗側が手数料を負担することになりますので、店側としてはあまり使いたくない決済方法です。

ただ、店舗によっては現金払いもショッピングローンもクレジットカードも、どの支払い方法でも価格が同じというショップもあります。

価格が同じなら、JCB CARD RJCB CARD Wのようにポイント還元率が高いクレジットカードを使うほうがお得に購入することができますので、バイクを購入する際には事前に支払い方法を確認されることをおすすめします。

JCB CARD Wは年会費無料でいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

ライフカードCh(年会費あり)

JCB CARD R

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

三井住友VISAカード

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ