引っ越しのお金がない!貯金がない・初期費用が足りない時の対処法は?

引っ越しのお金がない!貯金がない・初期費用が足りない時の対処法は?引っ越しのお金がない時や費用が足りない時は本当に困りますよね。

一般的に引っ越しにかかる費用は敷金2ヶ月分、礼金2ヶ月分、前家賃1ヶ月分、仲介手数料1ヶ月分の合計6ヶ月分が必要です。保証会社を利用する場合は、家賃の0.5ヶ月分~1ヶ月分がさらにプラスされます。そのため、仮に家賃が5万円なら30万円以上、家賃が10万円なら60万円以上が初期費用として必要となります。

また、家具や家電などの荷物の運搬を引っ越し業者に依頼する場合は、単身の引っ越しでも2万円~3万円、ファミリー向けの引っ越しなら5万円~10万円以上の出費となります。

特に3月~4月の繁忙期の引っ越しは、閑散期の30%~50%以上も料金が割高となるケースがありますので、引っ越しをする時期によっても費用が大きく異なります。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

引っ越しのお金がない時は?

引っ越しのお金がない時は?引っ越しのお金がない時は、まずは引っ越しにかかる費用を出来る限り抑えることが重要です。

通常、引っ越し費用には「敷金・礼金」「前家賃」「不動産会社に支払う仲介手数料」「荷物の運搬費用」が必要です。その他、鍵の交換費用や火災保険料、保証会社に支払う保証料もかかります。

また、現在住んでいるアパートやマンションの退去費用として、修繕費用やハウスクリーニング費用、退去するまでの家賃なども考えておく必要があります。

一般的には引っ越しにかかる費用は家賃の6倍とされていますが、引っ越しのお金がない時は家賃の1ヶ月分~2ヶ月分程度にまで抑えることが最も重要となります。

引っ越し費用を抑える方法

敷金0・礼金0の物件を探す
    引っ越し費用を抑えるには、敷金や礼金が0円の物件を探すことが重要です。特に礼金は大家さんに支払う謝礼となりますので、礼金0の物件を探すことは必須です。
    逆に、敷金は退去する際に原状回復費用として充当されますので、手持ちの資金に余裕があるなら解約時の出費を抑えるためにも敷金ありの物件でも良いでしょう。
    ただ、現金がない場合や出来る限り現金を使いたくない場合には、敷金0、礼金0の物件に絞って部屋探しされることをおすすめします。
仲介手数料が安い不動産屋で契約する
    仲介手数料は不動産会社に支払う紹介料です。最近では仲介手数料が0円の不動産会社や物件によって仲介手数料を0円にしている不動産屋さんもあります。
    また、不動産会社によっては、仲介手数料の半額や仲介手数料の割引を行っている場合もありますので、出来る限り仲介手数料が安い不動産会社で契約することも重要です。
フリーレントの物件を探す
    フリーレント物件を探すことも初期費用を抑えるコツです。フリーレントとは、一定期間の家賃が無料になるサービスのことで、たとえばフリーレント1ヶ月という物件であれば、最初の1ヶ月間は家賃が無料になります。フリーレント2ヶ月の物件なら最初の2か月間の家賃が無料で契約することができるという意味です。
    仮に家賃5万円の物件がフリーレント1ヶ月なら1年間で支払う家賃総額は55万円となりますので、1ヶ月あたりの家賃は実質4万6千円です。家賃10万円の物件でフリーレント2ヶ月なら1年間で支払う家賃総額は100万円ですから、1ヶ月あたりの家賃は実質8万3千円ほどで借りている計算になります。
    ただし、フリーレント物件には最低利用期間がありますので、短期間で退去した場合には違約金として家賃の1ヶ月分~2ヶ月分程度を支払うことになります。そのため、フリーレント物件を契約する際には、最低利用期間や違約金の有無などをしっかりと確認した上で契約することが重要です。
複数の業者から引っ越しの見積もりを取る
    引っ越しを専門の業者に依頼する際には、複数の業者から見積りを取ることが重要です。引っ越しの料金は、引っ越し業者ごとに大きく異なりますので、A社では見積り金額が5万円、B社では3万円、C社では6万円ということもあります。また、無料で使えるガムテープや段ボールの数が違っていたり、引っ越し当日のスタッフの人数が異なる場合もあります。
    引っ越しは、引っ越し業者ごとに料金やサービス内容が大きく違いますので、引越し侍のような複数の業者を一括で見積りできるサイトを利用されることをおすすめします。
閑散期に引っ越しをする
    引っ越しの繁忙期は2月~4月です。特に2月下旬から3月末までは引っ越し業者がパンクするほど引っ越しの依頼が集中します。また、賃貸物件を探す場合でも1月~3月は1年間で最も忙しい時期となりますので、繁忙期を避けて引っ越しを依頼することが重要です。
    そこで、物件探しや引っ越しに最も適している時期としては5月~8月になります。特に7月~8月は不動産会社が最も暇な時期となる閑散期でもありますので、家賃交渉やフリーレントの交渉がしやすく、敷金0・礼金0の物件が探しやすい時期です。不動産会社が暇な時期は、引っ越し業者も同じように閑散期となりますので、5月~8月に引っ越しをするのが最もお得です。
不用品の買取業者を利用する
    引っ越しをするにあたって、不要な物やいらなくなった物、使わない物などを不用品買取業者に買い取ってもらうことも重要です。
    特にスピード出張買取のバイセルは、その場ですぐに現金払いで買い取ってもらえる買取業者となりますので、不要な物を処分して引っ越し費用を捻出することも可能です。また、バイセルは全国対応の出張買取専門の会社となりますので、気軽に無料査定を依頼することができます。
UR賃貸で部屋を借りる
    UR賃貸で部屋を借りる方法もあります。UR賃貸は都市再生機構(旧 日本住宅公団)が運営している賃貸物件ですが、UR賃貸は初期費用として敷金2ヶ月分が必要とはなりますが、礼金0、仲介手数料0円、更新料0円で部屋を借りることができるサービスです。
    また、UR賃貸は家賃1年分を前払いすることで、入居審査なしで誰でも部屋を借りることができますので、UR賃貸は民間の賃貸物件で審査に落ちてしまった方でも安心して利用することができます。

UR賃貸は無職・フリーターでも借りれる?申込条件や入居審査は?

引っ越し費用がない、お金がない時の対処法は?

引っ越し費用がない、お金がない時の対処法は?引っ越し費用が全くない時は、一時的にお金を借りることができるカードローンがおすすめです。

カードローンは20歳以上で毎月安定した収入を得ている方なら、どなたでも利用することができるサービスです。また、カードローンはいつでも好きな時に繰上返済やまとめ払いができますので、自分の都合に合わせて返済することが可能です。

特にアコムのカードローンは最短30分で審査回答を行っていますので、急ぎでお金が必要な方でも安心して利用することができます。

しかも、アコムなら初めてアコムのカードローンを利用する方は30日間金利0円サービスが適用されますので、30日以内に全額を返済すれば1円の利息もかからずにお金を借りることができるのです。

お金がなくて引っ越し費用が足りないという方はアコムがおすすめです。

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

プロミスは平日14時までにWEB契約完了で当日の振り込みが可能!

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ