デポジット型のビジネスカードとは?法人カードのメリット・デメリットは?

デポジット型のビジネスカードとは?法人カードのメリット・デメリットは?デポジット型のビジネスカードとは、カード入会時に保証金を預けることで決算書不要で法人カードを取得することができる会社経営者や個人事業主向けのビジネスカードです。

また、デポジット型のビジネスカードは預けた保証金が利用限度額となりますので、一般的な法人カードよりも審査に通過しやすい便利なビジネスカードです。

そこで、デポジット型のビジネスカードについて、デポジット型のビジネスカードのメリット・デメリットについてまとめました。

ライフカードビジネス(デポジット)は決算書・保証人が不要の法人カード

デポジット型のビジネスカードとは?

デポジット型のビジネスカードとは?デポジット型ビジネスカードのライフカードビジネス(デポジット)は、入会時に保証金を預けることで取得できる法人カードです。

通常、法人カードを取得する場合は、代表者の支払い状況を個人信用情報機関に照会してカード発行が可能かどうかを判断します。また、法人カードの取得には決算書や登記簿などが必要となりますが、デポジット型のビジネスカードは決算書不要で法人カードを取得することができます。

デポジット型のビジネスカードは保証人不要で法人向けのクレジットカードを取得することができますので、デポジット型のビジネスカードは非常に便利なクレジットカードと言えます。

デポジット型ビジネスカードのメリットは?

デポジット型ビジネスカードのメリットは?デポジット型ビジネスカードのライフカードビジネス(デポジット)のメリットは、通常の法人カードよりも審査に通りやすいことです。

通常の法人カードは保証金なしで代表者や会社の信用でクレジットカードを取得することになりますが、デポジット型のビジネスカードは入会時に保証金を預けますので、カード会社にとって貸し倒れリスクがないカード発行となります。

また、デポジット型のビジネスカードは一般的な法人カードと同じようにポイントを貯めることが可能で、さらに海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、空港ラウンジサービスが利用できますので、通常のビジネスカードと同じように利用することができます。

法人カードの審査に通りやすい

デポジット型のビジネスカードは、通常の法人カードよりも取得しやすいメリットがあります。過去に支払いの遅れや延滞があった場合、金融事故などがあった場合でも、デポジット型のビジネスカードなら取得できる可能性が非常に高くなります。

個人事業主でも取得できる

デポジット型のビジネスカードは会社経営者だけではなく、自営業や個人事業主といった方も取得することができます。独立してフリーランスで働いている方も取得することができますので、デポジット型のビジネスカードは非常に便利な法人カードです。

決算書や保証人が不要

デポジット型のビジネスカードは決算書や保証人が不要で取得することができることも大きな魅力です。通常、法人カードの審査には決算書が必要ですが、デポジット型のビジネスカードは決算書不要で審査に通過することが可能です。

ポイントを貯めることができる

デポジット型のビジネスカードは、他のクレジットカードと同じようにポイントを貯めることができます。貯まったポイントは、ポイント移行や商品への交換などに使うことができます。

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が利用できる

デポジット型のビジネスカードは海外旅行・国内旅行傷害保険を利用することもできます。仕事で出張が多いという経営者の方も安心です。

空港ラウンジサービスが利用できる

デポジット型のビジネスカードは空港ラウンジサービスを利用することもできます。国内主要の空港ラウンジを無料で利用することができますので、旅行や出張の際にゆっくりくつろぐことができます。

カード券面が通常の法人カードと同じ

デポジット型ビジネスカードのカード券面は、通常の法人カードと同一です。そのため、カード券面を見ただけでは通常のクレジットカードなのか、それともデポジット型のクレジットカードなのかを見分けることはできません。デポジット型のビジネスカードを使っていることはあまり知られたくないという方でも安心です。

デポジット型ビジネスカードのデメリットは?

デポジット型ビジネスカードのデメリットは?デポジット型ビジネスカードのデメリットは、カード入会時に保証金が必要となることです。

通常の法人カードは保証金なしで取得することができますので、カード入会時に何らかの費用が発生するということはありません。しかし、デポジット型のビジネスカードは保証金を支払うことでカードが発行されますので、入会時に所定の保証金を納める必要があります。

また、デポジット型ビジネスカードの利用限度額は保証金として預けた金額となりますので、保証金が50万円の場合はクレジットカードの利用限度額も50万円、保証金が100万円の場合はクレジットカードの利用限度額も100万円までです。

デポジット型のビジネスカードは保証金と利用限度額が同額ですから、より多くの利用限度額を希望する場合は、その分、保証金も高額となります。

カード入会時に保証金が必要になる

デポジット型のビジネスカードはカード入会時に保証金が必要です。保証金を支払うことでカードが発行されますので、保証金を用意した上で申し込みを行うこととなります。

預けた保証金は法人カードの解約時に全額返還されますので、特に損をするといったことは一切ありませんが、デポジット型のビジネスカードを取得するには、ある程度のまとまった現金が必要です。

保証金と利用限度額が同じ

デポジット型のビジネスカードは、預けた保証金の範囲内で利用する法人カードとなりますので、デポジット型ビジネスカードの利用限度額は保証金として預けた金額が限度額です。後日、利用限度額を増枠することも可能ですが、増枠する場合は改めて増枠分の保証金が必要となります。

法人カードが作れない時はデポジット型ビジネスカードがおすすめ!

法人カードが作れない時はデポジット型ビジネスカードがおすすめ!デポジット型ビジネスカードは、なかなか法人カードが作れない方や法人カードの審査に落ちてしまうという方に最適なクレジットカードです。

また、ライフカードビジネス(デポジット)は他のクレジットカードと同じようにポイントを貯めることができますので、法人カードにもかかわらずお得に利用することができます。

しかも、デポジット型ビジネスカードは決算書や保証人が不要で、起業したばかりの経営者の方でも取得することができますので、デポジット型ビジネスカードは非常に便利な法人カードなのです。

法人カードを作りたいけど審査に通らないという方は、デポジット型ビジネスカードがおすすめです。

ライフカードビジネス(デポジット)は決算書・保証人が不要の法人カード

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ