セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードの旅行傷害保険は?

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、カード会社のクレディセゾンが発行しているクレジットカードとなりますが、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの最大の特徴は、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、ショッピング保険などの付帯サービスが非常に充実していることです。

しかも、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、海外旅行傷害保険が自動付帯の旅行傷害保険となりますので、セゾンブルーは万が一の時でも安心なクレジットカードなのです。

そこで、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行時の旅行傷害保険、国内旅行時の旅行傷害保険、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのショッピング保険についてまとめました。

セゾンブルー・アメックスは充実した旅行傷害保険・ショッピング保険

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの旅行傷害保険

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。

また、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険は、自動付帯の旅行傷害保険となりますので、海外旅行の際は特に手続きなどは不要で、定められた補償内容を受けることができます。

セゾンブルーの海外旅行傷害保険(自動付帯)

※本会員の補償内容
死亡・後遺障害:3,000万円
傷害治療:300万円
疾病治療:300万円
賠償責任:3,000万円
救援者治療:200万円
携行品損害:10万円

※家族会員(ファミリー会員)の補償内容
死亡・後遺障害:1,000万円
傷害治療:300万円
疾病治療:300万円
賠償責任:3,000万円
救援者治療:200万円
携行品損害:10万円

セゾンブルーの国内旅行傷害保険(利用付帯)

※本会員の補償内容
死亡・後遺障害:3,000万円
入院日額:5,000円
通院日額:3,000円

※家族会員(ファミリー会員)の補償内容
死亡・後遺障害:1,000万円
入院日額:5,000円
通院日額:3,000円

セゾンブルーのショッピング保険

年間上限額:100万円(自己負担:1事故10,000円)

旅行傷害保険の自動付帯とは?自動付帯と利用付帯の違い

一般的に、クレジットカードの旅行傷害保険には、自動付帯の旅行傷害保険と利用付帯の旅行傷害保険の2つがあります。

自動付帯とは?海外旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯の違いとは

自動付帯の旅行傷害保険とは、カード会員であれば自動的に付帯される旅行傷害保険を指します。利用付帯の旅行傷害保険とは、旅行に出発する前に、事前にクレジットカードで旅行代金を支払った場合のみ、補償が受けられる旅行傷害保険です。

自動付帯と利用付帯は、どちらも定められた補償を受けることができますので、どちらのほうが得をする、あるいはどちらのほうが損をするということはありません。

ただ、自動付帯の旅行傷害保険と利用付帯の旅行傷害保険を比べた場合、手続きなしで自動的に付帯される自動付帯の旅行傷害保険のほうが安心と言えるでしょう。

しかし、自動付帯の旅行傷害保険は、いつでも補償をしなければなりませんので、その分、年会費が高額になる場合があります。そのため、旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを選ぶ際には、旅行傷害保険の付帯内容と年会費を考慮した上で選択されることをおすすめします。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、格安な年会費で充実した付帯サービスが受けられる非常にお得なクレジットカードです。しかも、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、最高3000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯となりますので、万が一の時でも安心して旅行を楽しむことができるクレジットカードなのです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードなら、海外で買い物をするとポイントが2倍になりますので、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、よく旅行をするという方には、非常におすすめのクレジットカードなのです。

セゾンブルー・アメックスは充実した旅行傷害保険・ショッピング保険

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ