三井住友トラストVISAカードの年会費は?家族カード・ETCカード

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、三井住友信託銀行グループの三井住友トラスト・カード株式会社が発行しているクレジットカードとなりますが、三井住友トラストVISAカードは三井住友トラスト・カードの最もスタンダードな一般カードです。

また、三井住友トラストVISAカードは、海外旅行傷害保険が付帯されていますので、旅行中の万が一の事故や病気でも安心なクレジットカードなのです。

そこで、三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)の年会費について、三井住友トラストVISAカードの家族カードやETCカードの年会費についてまとめました。

三井住友トラストVISAカードは初年度年会費無料で充実した付帯サービス

三井住友トラストVISAカードの年会費は?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、三井住友トラスト・カードが発行している最もスタンダードなクラシックカードですが、三井住友トラストVISAカードの年会費は、初年度の年会費が無料で翌年以降の年会費が1,250円+消費税となります。

三井住友トラストVISAカードは、三井住友カードが発行している三井住友VISAクラシックカードに非常によく似たクレジットカードです。

しかし、三井住友トラストVISAカードには、三井住友VISAクラシックカードのように翌年以降の年会費が無料になる条件や年会費割引・年会費優遇などがありませんので、三井住友トラストVISAカードは、カード入会後の2年目以降は所定の年会費がかかります。

三井住友トラストVISAカードの家族カードやETCカードの年会費は?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、追加カードとして家族カードに申し込みを行うことができますが、三井住友トラストVISAカードの家族カードの年会費は、初年度の年会費が無料で翌年以降は400円+消費税です。

また、三井住友トラストVISAカードはETCカードを追加することができますが、三井住友トラストVISAカードのETCカードの年会費は、初年度の年会費が無料で翌年以降は500円+消費税となります。

三井住友トラストVISAカードのETCカードは、1年間に1度でもETCカードを利用すると、翌年の年会費が無料になります。三井住友トラストVISAカードのETCカードは、年に1度も利用がない場合にのみ、年会費がかかるETCカードです。

三井住友トラストVISAカードの年会費

本会員:初年度の年会費無料、翌年以降は1,250円+消費税
家族カード:初年度の年会費無料、翌年以降は400円+消費税
ETCカード:初年度の年会費無料、翌年以降は500円+消費税
※ETCカードの年会費は、1年間に1度でもETC利用があれば、翌年の年会費が無料になります。

三井住友トラストVISAカードは、三井住友トラスト・カードの最もスタンダードな一般カードとなりますが、三井住友トラストVISAカードは初年度の年会費が無料で、ETCカードを無料で利用することができるクレジットカードです。

また、三井住友トラストVISAカードは、電子マネーのiDやWAON、バーチャルカードを利用することもできますので、非常に便利なクレジットカードなのです。

ただ、三井住友トラストVISAカードは、2年目以降は年会費がかかるクレジットカードです。そのため、年会費無料で三井住友VISAカードを利用する際には、三井住友カードの三井住友VISAクラシックカードに入会されることをおすすめします。

三井住友VISAクラシックカードは、マイ・ペイすリボの登録と年1回以上のクレジットカード利用で、年会費を無料にすることができます。しかも学生の方なら、在学中は無条件で年会費が無料です。

三井住友VISAクラシックカードは、年会費無料の条件が非常にゆるいクレジットカードですから、三井住友VISAクラシックカードなら、どなたでも年会費無料で利用することができるのです。

定番のクレジットカードなら三井住友VISAクラシックカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ