三井住友トラストVISAカードの海外旅行傷害保険は?付帯保険は?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)三井住友トラストVISAカードは、三井住友トラスト・カードのクラシックカードとなりますが、三井住友トラストVISAカードは最もスタンダードなクレジットカードということもあり、非常にバランスの取れたクレジットカードです。

また、三井住友トラストVISAカードは、海外旅行時の旅行傷害保険が付帯されていますので、旅行中の万が一の時でも安心なクレジットカードなのです。

そこで、三井住友トラストVISAカードの海外旅行傷害保険について、三井住友トラストVISAカードの付帯保険についてまとめました。

三井住友トラストVISAカードは初年度年会費無料で充実した付帯サービス

三井住友トラストVISAカードの旅行傷害保険は?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、海外旅行時のアクシデントに備えた旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。

また、三井住友トラストVISAカードの旅行傷害保険は利用付帯の旅行傷害保険となりますので、海外旅行に出発する前に、三井住友トラストVISAカードで旅行代金を支払うことで旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードです。

三井住友トラストVISAカードの海外旅行傷害保険(利用付帯)

傷害死亡・後遺障害:2,000万円
傷害治療費用:50万円
疾病治療費用:50万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:15万円(自己負担額3,000円)
救援者費用等:100万円
※三井住友トラストVISAカードは国内旅行傷害保険はありません。

旅行傷害保険の利用付帯とは?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、利用付帯の海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードですが、旅行傷害保険の利用付帯とは、事前に旅行代金を支払うことで設定されている補償が受けられる旅行傷害保険です。

逆に、利用付帯の旅行傷害保険付きのクレジットカードを持っていても、事前に旅行代金の支払いがない場合には、旅行傷害保険の補償を受けることができなくなります。

そのため、三井住友トラストVISAカードの旅行傷害保険を活用する際には、海外旅行に出発する前に、旅行代金を三井住友トラストVISAカードで支払う必要があります。三井住友トラストVISAカードは旅行代金を事前に支払うことで、通常どおり旅行傷害保険を利用することができるようになりますので、海外旅行に出掛ける時は忘れずに支払いをすることが重要です。

年会費無料で手厚い補償が受けられる旅行傷害保険は?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードですが、三井住友トラストVISAカードは国内旅行傷害保険が設定されていないクレジットカードとなりますので、国内旅行では三井住友トラストVISAカードを利用することができません。

また、三井住友トラストVISAカードの旅行傷害保険は、事前に旅行代金を支払うことで付帯される利用付帯の旅行傷害保険となりますので、仮に旅行代金の支払いを忘れてしまうと旅行傷害保険を利用することができなくなります。

そこで、手厚い補償が受けられる旅行傷害保険のクレジットカードなら、三井住友VISAクラシックカードAがおすすめです。

三井住友VISAクラシックカードAは、同じ三井住友系のクレジットカードということもあり、信頼性やステータス性、安全性に優れたスタンダードなクレジットカードです。しかも、三井住友VISAクラシックカードAは海外旅行だけではなく、国内旅行も旅行傷害保険が付帯されていますので、万が一の時でも安心なクレジットカードなのです。

三井住友VISAクラシックカードAは、翌年以降の年会費を無料にすることができますので、実質年会費無料で利用できるところも大きな魅力です。三井住友VISAクラシックカードAの旅行傷害保険は、特に何も手続きをしなくても自動的に付帯される自動付帯の旅行傷害保険もありますので、三井住友VISAクラシックカードAは三井住友トラストVISAカードよりも充実した補償が受けられるクレジットカードなのです。

三井住友VISAクラシックカードAは手厚い旅行傷害保険で万が一の時でも安心

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ