三井住友ビジネスゴールドカードの海外旅行・国内旅行傷害保険は?

三井住友ビジネスゴールドカード三井住友ビジネスゴールドカードは、会社経営者・個人事業主向けの三井住友VISAゴールドカードとなりますが、三井住友ビジネスゴールドカードはゴールドカードということもあり、非常に手厚い補償が受けられるクレジットカードです。

また、三井住友ビジネスゴールドカードの旅行傷害保険は、海外旅行も国内旅行も、どちらも旅行傷害保険が付帯されていますので、三井住友ビジネスゴールドカードは万が一の時でも安心なゴールドカードなのです。

そこで、三井住友ビジネスゴールドカードの海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険について、三井住友ビジネスゴールドカードのショッピング補償などのカード付帯保険についてまとめました。

三井住友ビジネスゴールドカードはビジネスサポートパックでさらにお得!

三井住友ビジネスゴールドカードの旅行傷害保険は?

三井住友ビジネスゴールドカードは、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。また、三井住友ビジネスゴールドカードは一般カードではなくゴールドカードとなりますので、三井住友ビジネスカードのクラシック(一般カード)よりも手厚い補償が受けられます。

三井住友ビジネスゴールドカードの海外旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
※傷害死亡・後遺障害の自動付帯分:1,000万円
※傷害死亡・後遺障害の利用付帯分:4,000万円
傷害治療費用:300万円
疾病治療費用:300万円
賠償責任:5,000万円
携行品損害:50万円
救援者費用:500万円
※傷害死亡・後遺障害は、旅行代金を支払った場合と支払わなかった場合で最高補償額が異なります。それ以外の補償は、カードの利用有無に関わらず、上記内容が自動的に補償されます。

三井住友ビジネスゴールドカードの国内旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
入院保険金日額:5,000円
通院保険金日額:2,000円
手術保険金:最高20万円

三井住友ビジネスゴールドカードのショッピング補償

年間300万円まで

三井住友ビジネスゴールドカードの旅行傷害保険の付帯条件

三井住友ビジネスゴールドカードは、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されている法人ゴールドカードですが、三井住友ビジネスゴールドカードの海外旅行傷害保険は、傷害死亡・後遺障害が利用付帯と自動付帯で最高補償額が異なるようになります。

そのため、三井住友ビジネスゴールドカードの海外旅行傷害保険は、事前に旅行代金を支払った場合の傷害死亡・後遺障害は最高5,000万円ですが、旅行代金の支払いがなかった場合には最高1,000万円の傷害死亡・後遺障害となります。

また、三井住友ビジネスゴールドカードの国内旅行傷害保険は、利用付帯の旅行傷害保険となりますので、旅行に出発する前に旅行代金を支払うことで旅行傷害保険が付帯されるようになります。

クレジットカードに付帯されている旅行傷害保険は、事前に旅行代金を支払うことで付帯される利用付帯と、特に何も手続きを行わなくても自動的に付帯される自動付帯の2つがあります。保有しているクレジットカードの旅行傷害保険が利用付帯なのか、それとも自動付帯なのかは、予め確認しておくことをおすすめします。

三井住友ビジネスゴールドカードはお得な法人ゴールドカード

三井住友ビジネスゴールドカードは、会社経営者や個人事業主向けの法人カードということもあり、ビジネスサポートパックとして、オフィス用品デリバリーサービスや国際エクスプレス輸送割引サービス、レンタカー優待サービスや引越割引サービスが利用できる法人カードです。

また、国内外の出張の際には、VJデスクや航空券チケットレス発券サービス、エアライン&ホテルデスクや海外レンタカー優待サービスなども用意されています。しかも、三井住友ビジネスゴールドカードは、一般カードではなくゴールドカードですから、最高5000万円の旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなど、様々な付帯サービスを活用することができる法人カードなのです。

その他にも、三井住友ビジネスゴールドカードは、VisaビジネスオファーやVisaビジネスグルメオファー、福利厚生代行サービスなど、ビジネスに特化したサービスが数多く用意されていますので、三井住友ビジネスゴールドカードは非常にお得な法人ゴールドカードなのです。

三井住友ビジネスゴールドカードはビジネスサポートパックでさらにお得!

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ