三井住友ビジネスプラチナカードの年会費・ETCカードの年会費は?

三井住友ビジネスプラチナカード三井住友ビジネスプラチナカードは、三井住友カードの最上位のビジネスカードということもあり、非常に充実したサービスが受けられる法人プラチナカードです。

また、三井住友ビジネスプラチナカードは、通常のポイント付与とは別に、クレジットカードの利用金額に応じて、年に2回、最高60,000円分のギフトカードがもらえますので、三井住友ビジネスプラチナカードは実質年会費無料で利用することができるプラチナカードなのです。

そこで、三井住友ビジネスプラチナカードの年会費について、三井住友ビジネスプラチナカードの使用者を追加した場合の年会費やETCカードの年会費についてまとめました。

実質年会費無料!三井住友ビジネスプラチナカードは最高クラスのサービス

三井住友ビジネスプラチナカードの年会費は?

三井住友ビジネスプラチナカードは、三井住友カードが発行している法人プラチナカードですが、三井住友ビジネスプラチナカードの年会費は、代表会員が50,000円+消費税となります。

また、三井住友ビジネスプラチナカードは、VisaとMasterCardの2枚を同時に取得するデュアル発行が可能なクレジットカードですが、三井住友ビジネスプラチナカードでVisaとMasterCardのデュアル発行(2枚持ち)の年会費は55,000円+消費税です。

三井住友ビジネスプラチナカードは、申し込み時に国際ブランドを「Visa」「MasterCard」のどちらを希望するか、あるいは両方を希望するかを選択することができますので、三井住友ビジネスプラチナカードは非常に便利なクレジットカードなのです。

三井住友ビジネスプラチナカードの使用者追加・ETCカードの年会費

三井住友ビジネスプラチナカードは、追加カードとして使用者を追加することができますが、三井住友ビジネスプラチナカードの使用者追加時の年会費は、2名から1名に付き5,000円+消費税です。VisaとMasterCardのデュアル発行の場合は、2名から1名に付き年会費が6,000円+消費税となります。

また、三井住友ビジネスプラチナカードは、追加カードとしてETCカードを取得することもできますが、三井住友ビジネスプラチナカードのETCカードの年会費は、初年度の年会費が無料で翌年以降は500円+消費税です。

ただ、三井住友ビジネスプラチナカードのETCカードは、年に1度でもETCカードを利用すると翌年の年会費が無料になりますので、三井住友ビジネスプラチナカードのETCカードの年会費は実質無料と言えるでしょう。

三井住友ビジネスプラチナカードの年会費

代表会員:50,000円+消費税
使用者:5,000円+消費税
ETCカード:初年度の年会費無料、翌年以降は500円+消費税
※ETCカードは、1年間に1度でもETC利用があれば翌年の年会費が無料になります。

VisaとMasterCardのデュアル発行時の年会費

代表会員:55,000円+消費税
使用者:6,000円+消費税

実質年会費無料で三井住友ビジネスプラチナカードが取得できる!

三井住友ビジネスプラチナカードは、三井住友カードの法人プラチナカードということもあり、非常に多くの優待特典が用意されているお得なクレジットカードです。

また、三井住友ビジネスプラチナカードは、6ヶ月ごとにクレジットカードの利用金額の0.5%がギフトカードとして還元されますので、三井住友ビジネスプラチナカードは実質年会費無料で利用することも可能な法人プラチナカードなのです。

しかも、三井住友ビジネスプラチナカードのギフトカード優待は、通常のポイントとは別でプレゼントされるものとなりますので、ポイント還元とギフトカード優待を合わせると、三井住友ビジネスプラチナカードは還元率の高いお得な法人カードになるのです。

カードご利用プレゼントとは?三井住友ビジネスプラチナカードの優待

三井住友ビジネスプラチナカードは法人カードということもあり、会社の経費決済で利用しますので、個人のクレジットカードよりも毎月の決済額が多くなる傾向があります。

三井住友ビジネスプラチナカードは、カードの決済額が多くなればなるほどお得なクレジットカードとなりますので、三井住友ビジネスプラチナカードは会社経営者の方におすすめのクレジットカードなのです。

実質年会費無料!三井住友ビジネスプラチナカードは最高クラスのサービス

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ