リクルートカードの審査は厳しい?審査基準・審査難易度・審査期間

リクルートカードリクルートカードは、年会費無料でポイント還元率が1.2%のリクルートのクレジットカードとなりますが、リクルートカードは家族カードもETCカードも全て年会費無料のお得なクレジットカードです。

しかも、リクルートカードはポンパレモールやじゃらん、ホットペッパービューティーやホットペッパーグルメを利用することで、さらにポイント還元率が高くなりますので、リクルートカードは非常に効率よくポイントを貯めることができるお得なクレジットカードなのです。

では、リクルートカードの審査はどうなのでしょうか。リクルートカードの審査基準や審査の難易度、審査にかかる時間や審査日数についてまとめました。

リクルートカードは年会費無料でポイント還元率が1.2%

リクルートカードの審査は?

リクルートカードは、リクルートホールディングスと三菱UFJニコスが提携して発行しているVISAカードと、リクルートホールディングスとジェーシービーが提携して発行しているJCBカードの2つから選ぶことができるクレジットカードです。

そのため、リクルートカードVISAとリクルートカードJCBは、カード発行元がそれぞれ異なりますので、VISAとJCBでは申し込み条件や審査基準が若干異なるようになります。

リクルートカードVISAの申し込み条件・審査基準

リクルートカードVISAは、カード発行元が三菱UFJニコスとなりますので、リクルートカードVISAの申し込み条件や審査基準についても、三菱UFJニコスが定める条件を満たすことが重要です。

そこで、リクルートカードVISAの申し込み条件は、18歳以上で本人、又は配偶者に安定収入のある方、又は高校生を除く18歳以上の学生の方となりますので、リクルートカードVISAは18歳~19歳の未成年の方でも、専業主婦・パート主婦の方でも、通常どおり申し込みを行うことができるクレジットカードです。

審査基準についても、リクルートカードVISAは三菱UFJニコスの一般カードとなりますので、それほど極端に審査が厳しいということはありませんので、普通に仕事をしている方や収入を得ている方であれば、特に問題なくリクルートカードVISAを取得することができるでしょう。

リクルートカードJCBの申し込み条件・審査基準

リクルートカードJCBは、カード発行元がジェーシービーとなりますので、リクルートカードJCBの申し込み条件や審査基準についても、ジェーシービーが定める条件を満たすことが重要です。

そこで、リクルートカードJCBの申し込み条件は、18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方、又は高校生を除く18歳以上で学生の方となります。

リクルートカードJCBは、一般的な会社員の方はもちろん、18歳~19歳の未成年の方でも、大学生や専門学生、短大生といった学生の方でも、特に問題なく申し込みを行うことができるクレジットカードです。

またリクルートカードJCBは、リクルートカードVISAと同様に、ジェーシービーが発行している一般カードとなりますので、リクルートカードJCBの審査が極端に厳しいということはありません。リクルートカードJCBの審査基準は、他のJCBカード(一般カード)とほぼ同程度となりますので、リクルートカードJCBの審査については、それほど心配する必要はないと言えるでしょう。

リクルートカードの審査時間・審査にかかる日数

リクルートカードの審査時間や審査にかかる日数は、インターネット上から申し込みを行うと、早ければ申し込み当日~翌日、遅くとも数日~1週間以内には、リクルートカードから審査結果が通知されます。

リクルートカードは、審査結果の通知後にカード発行となりますので、カード審査が早く完了すればするほど、カードの受け取りまでにかかる日数も早くなります。

そのため、リクルートカードの申し込みからカードの受け取りまでにかかる日数は、最短では数日~1週間程度で受け取ることが可能です。カード審査に時間がかかった場合には、3週間~4週間程度となりますので、平均するとおおむね2週間~3週間程度でリクルートカードを受け取ることができるものと考えられます。

カード審査にかかる時間は、申し込みを行う方の属性によっても大きく異なりますので、リクルートカードの申し込みは、ある程度、余裕を持って手続きを進められることをおすすめします。

リクルートカードVISAとリクルートカードJCBの審査の違いは?

リクルートカードは、国際ブランドを「VISA」「JCB」の2つから選ぶことができるクレジットカードということもあり、リクルートカードのVISAを選択した場合には三菱UFJニコス、リクルートカードのJCBを選択した場合にはジェーシービーが発行元となるクレジットカードです。

そのため、リクルートカードVISAとリクルートカードJCBでは、クレジットカードを発行するカード会社が異なりますので、申し込み条件や審査基準も異なるようになります。

ただし、リクルートカードVISAとリクルートカードJCBは、どちらもリクルートカードとして発行されている一般カードですから、たとえばVISAカードのほうが審査に通りやすいとか、JCBカードのほうがカードが発行されやすいというような違いはありません。

仮に、VISAとJCBのどちらに申し込みをしたとしても、同じようにカード審査を行った後にリクルートカードが発行されますので、申し込みの際には希望する国際ブランドを選ぶこととなります。

国際ブランド(VISAとJCB)の選択で迷ったら?

リクルートカードの申し込み時に国際ブランドの選択で迷ったら、これまでの利用状況に応じて国際ブランドを選ばれることをおすすめします。

たとえば、過去に三菱UFJニコスのクレジットカードを利用したことがあるという方なら、リクルートカードVISAを選択します。たとえば、現在他のJCBカードを利用しているということなら、リクルートカードJCBを選択するほうが良いでしょう。

三菱UFJニコスもジェーシービーも、カード審査で過去の利用実績や今までの利用状況を重視する傾向がありますので、新規でクレジットカードに申し込みをする際には、これまでに利用したことがあるカード会社や現在利用しているカード会社に申し込みをするほうが、カードが発行されやすいのです。

ただ、過去に支払いの遅れや延滞があった場合、長期間支払いをしていなかった場合には、逆にこれまで利用したことがないカード会社に申し込みを行うほうが無難です。

カード会社は、過去に支払いの延滞や遅れがある会員については、社内ブラックとして処理されることもありますので、過去の支払い状況があまりよくないということなら、他のカード会社に申し込みを行うほうが良いのです。

リクルートカードは3%~4%以上のポイント還元率

リクルートカードは、年会費無料で家族カードやETCカードも年会費が一切かからないお得なクレジットカードですが、リクルートカードはポイント還元率についても、他のクレジットカードよりも何倍もお得なクレジットカードです。

しかもリクルートカードは、ホットペッパーやじゃらん、ポンパレモールを利用することで、ポイント還元率がさらに高くなりますので、リクルートカードは平均3%~4%の高還元率クレジットカードなのです。

また、リクルートカードは一般カードとなりますので、カード審査についても特に問題なく、どなたでも安心して申し込みを行うことができます。

リクルートカードは、リクルート関連のサービスを利用している方には必須のクレジットカードとなりますので、まだリクルートカードを持っていない方は、早めに申し込みを行われることをおすすめします。

リクルートカードは年会費無料でポイント還元率が1.2%

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

JCBゴールド

このページの先頭へ