クレジットカードで医療費の支払いはできる?入院代や薬代は?

クレジットカードで医療費の支払いはできる?入院代や薬代は?「医療費をクレジットカードで支払いたい」と思われたことはないでしょうか。通常クレジットカードは、利用金額に応じてポイントが付与されますので、たとえば病気やケガで病院に行った際に、現金で支払うよりもクレジットカードで支払いをするほうが断然お得ですよね。

特に入院される方や手術を受けられる方、定期的に病院に通われている方などは、病院に支払う金額も大きくなりますので、クレジットカードで支払いをするほうがお得なのです。

では、クレジットカードで医療費の支払いはできるのでしょうか。入院代や手術代、薬代などをクレジットカードで支払うことは可能なのでしょうか。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

クレジットカードで医療費の支払いはできる?

医療費をクレジットカードで支払うことは可能です。たとえば、県立病院や市民病院、赤十字病院などの大きな病院であれば、現金による支払い以外にも、クレジットカードでの支払いができるようになっています。

また最近では、個人病院でもクレジットカード決済に対応した病院が増えていますので、カード決済を導入している病院であれば、個人病院でも医療費をクレジットカードで支払うことができます。

カード決済を導入していればクレジットカードで支払いができる

クレジットカードで医療費の支払いができるかどうかは、病院側がカード決済を導入しているかどうかによって決まります。仮に病院側がカード決済を導入していれば、その病院ではクレジットカードでの支払いが可能ですが、カード決済をまだ導入していない病院では、クレジットカードで支払うことはできません。

そのため、医療費をクレジットカードで支払うことができるかどうかは、病院ごとにそれぞれ異なるようになりますので、クレジットカードの支払いを希望する際には、事前に病院のHPなどでクレジットカードが使えるかどうかを確認されることをおすすめします。

カード決済の導入には費用がかかる

クレジットカードで医療費の支払いができるようにするためには、カード決済に対応するために、カード会社や代理店と契約する必要があります。

一般的にカード決済の導入は、初期費用として最初に数万円~数十万円、月額費用として毎月数千円~数万円、1件の決済ごとに数%の手数料がかかりますが、カード決済の導入に関する費用は全て病院側が負担することになります。

そのため、県や市などの自治体が運営している病院では、決済にかかるコストよりも利便性を重視しますので、クレジットカードで支払いができる病院が多いのです。また、有名な病院や大きな病院なども、1日あたりの患者数が多いということからも、利便性を重視してカード決済を導入しています。

ただ、個人病院のような小さな病院では、カード決済にかかる手数料を負担することが難しいという理由から、クレジットカードが使えない病院が多いのです。

クレジットカードで薬代を支払うことはできる?

クレジットカードで薬代を支払うことも可能です。現在は、病院での治療が終わったら、病院から処方せんをもらって薬局に行くこととなりますが、薬をもらう薬局でカード決済を導入していれば、クレジットカードでの支払いが可能です。

ただし、カード決済を導入していない薬局ではクレジットカードでの支払いはできませんので、薬代をクレジットカードで支払いたい場合には、事前に確認されることをおすすめします。

また、薬局によっては、薬局独自のポイントサービスを提供している薬局もありますので、クレジットカードが普通に使えて、尚且つポイントサービスがある薬局で薬をもらうと、クレジットカードのポイントと薬局のポイントの2つのポイントを受け取ることができるようになります。

クレジットカード払いで入院費用や手術費用を節約!

クレジットカードで医療費の支払いができるかどうかは、病院ごとにそれぞれ異なるようになりますが、仮に入院する場合、手術を受けられる場合には、現金ではなくクレジットカードで支払いをされることをおすすめします。また、医療費が高額になった場合でも、事前に限度額適用認定証を利用するのではなく、後日払い戻しが受けられる高額医療制度を利用されることをおすすめします。

特に入院や手術の場合には、医療費が高額になることが予想されます。たとえば、癌の手術・治療で入院することになれば、50万円~100万円以上の出費となりますので、自己負担額は15万円~30万円前後です。たとえば、急性心筋梗塞で手術・治療で入院すると、おおよそ100万円~150万円前後の費用がかかりますので、自己負担額は30万円~50万円前後となります。

そのため、入院や手術の場合には、現金で支払うよりもクレジットカードで支払うほうが断然お得なのです。しかも、仮に高額な医療費を支払ったとしても、高額医療制度を活用することで後日払い戻しを受けることができますので、どれだけ高額な医療費がかかったとしても実質5万円~10万円前後で済むのです。

特に、入院や手術ともなれば、いろいろと出費がかさみますので、クレジットカードを活用して上手に節約することも重要です。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

誕生月はポイント3倍!ライフカードは年会費無料でポイントがどんどん貯まる!

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ