NHK受信料はクレジットカードで支払いできる?割引や値引きは?

NHK受信料はクレジットカードで支払いできる?割引や値引きは?NHK受信料をクレジットカードで支払うことができたら、すごくお得ですよね。クレジットカードは、カード利用金額に応じてポイントが付与されますので、仮にNHK受信料をクレジットカードで支払うことができれば、さらにお得です。

また、NHK受信料は1度支払いをすれば終わりというものではなく、今後も長期的に支払いをするものとなりますので、1回に獲得できるポイントが少なくても、何年~何十年ともなれば、かなりのポイントを獲得することができるようになるのです。

では、NHK受信料はクレジットカードで支払いができるのでしょうか。NHK受信料の支払いには、割引や値引きはあるのでしょうか。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

NHK受信料はクレジットカードで支払いできる?

NHK受信料の支払いは、銀行口座からの口座振替、クレジットカードによる支払い、払込用紙による継続振込の3つから選択することができます。そのため、NHK受信料は通常どおりクレジットカードで支払うことができます。

また、NHK受信料の払込用紙による支払いは、各金融機関や郵便局、コンビニエンスストアなどから現金による支払いとなりますが、払込用紙による支払いでも、1回限りの支払いとしてクレジットカード払いが可能です。

ただし、払込用紙による支払い(継続振込)は、口座振替やクレジットカード払いと比べると、NHK受信料が割高となる支払い方法となりますので、払込用紙による継続振込はおすすめできません。NHK受信料を支払う際には、口座振替かクレジットカード払いがお得です。

NHK受信料の支払い方法

口座振替、クレジットカード払い、払込用紙による支払いのいずれか
※重度の障害により振込用紙の支払いが困難な方は、ふれあい集金として訪問による集金が可能です。

NHK受信料の支払いに割引はある?NHK受信料は値引きできる?

NHK受信料の支払いは、口座振替とクレジットカード払いと払込用紙による継続振込の3つから選ぶことができますが、口座振替とクレジットカード払いは、1ヶ月あたり50円前後の割引が適用になります。

また、NHK受信料は2ヶ月ごとの偶数月に受信料を支払うこととなりますが、仮に6ヶ月分をまとめて支払うと、1ヶ月あたり60円前後の割引(約5%の割引)が受けられます。仮に12ヶ月分をまとめて支払うと、1ヶ月あたり95円前後の割引(約7%の割引)となります。

6ヶ月、12ヶ月のまとめ払いは、衛星契約の方も同じように割引を受けることができますので、NHK受信料は2ヶ月単位で支払うよりも、6ヶ月分、あるいは12ヶ月分をまとめて支払うほうが断然お得です。

地上契約の受信料(口座振替・クレジットカード払い)

月額:1,260円(税込)
2ヶ月払い:2,520円(税込)
6ヶ月払い:7,190円(税込)
12ヶ月払い:13,990円(税込)

地上契約の受信料(払込用紙による継続振込)

月額:1,310円(税込)
2ヶ月払い:2,620円(税込)
6ヶ月払い:7,475円(税込)
12ヶ月払い:14,545円(税込)

衛星契約の受信料(口座振替・クレジットカード払い)

月額:2,230円(税込)
2ヶ月払い:4,460円(税込)
6ヶ月払い:12,730円(税込)
12ヶ月払い:24,770円(税込)

衛星契約の受信料(払込用紙による継続振込)

月額:2,280円(税込)
2ヶ月払い:4,560円(税込)
6ヶ月払い:13,015円(税込)
12ヶ月払い:25,320円(税込)

NHK受信料の最も得する支払い方法は?

NHK受信料の支払いで、最もお得になる支払い方法は、口座振替や払込用紙による継続振込ではなく、クレジットカードで支払うことです。また、NHK受信料の支払いには長期割引がありますので、クレジットカード払いで、尚且つ12ヶ月分をまとめて支払うことが、最もお得な支払い方法となります。

この方法なら、クレジットカードのポイントを獲得することができ、さらに7%前後の長期割引が適用されますので、クレジットカードで12ヶ月払いが1番お得な支払い方法なのです。逆に、NHK受信料の支払いで最も損をする支払い方法は、払込用紙を使って銀行や郵便局、コンビニなどで支払いをする継続振込になります。

払込用紙による支払いには郵送のコストがかかる

払込用紙による支払いは、その都度、払込用紙を郵送しなければなりませんので、口座振替やクレジットカード払いよりもコストがかかる支払い方法です。そのため、NHK受信料に限らず、電気代や水道代、ガス代やNTTの電話料金なども同じで、払込用紙による支払いは、毎月の料金に手数料が上乗せされることになるのです。

NHK受信料は、今後も長期的に支払いをするものとなりますので、支払い方法を工夫することは非常に重要です。逆に、あまり気にせずに割高な支払い方法を利用していると、将来的にかなりの損をすることになるのです。NHK受信料を支払う際には、クレジットカード払いで12ヶ月分をまとめて支払われることをおすすめします。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

誕生月はポイント3倍!ライフカードは年会費無料でポイントがどんどん貯まる!

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ