自動付帯とは?海外旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯の違いとは

自動付帯とは?海外旅行傷害保険の自動付帯と利用付帯の違いとは自動付帯とは、特に何も手続きをしなくても、自動的に付帯されるサービスを指します。

通常クレジットカードには、旅行先での万が一に備えて、様々な保険サービスが付帯されていますが、クレジットカードの各種保険サービスには、「自動付帯」と「利用付帯」の2つがあります。

クレジットカードの種類によっては、国内・海外共に自動付帯となっているカードもあれば、逆に、国内も海外も利用付帯となっているカードもあります。また、国内は利用付帯、海外は自動付帯というクレジットカードもあります。

では、クレジットカードの自動付帯と利用付帯は何が違うのでしょうか。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

クレジットカードの旅行傷害保険とは?

クレジットカードには、万が一のためにも、様々な保険サービスが付帯されています。

たとえば、三井住友VISAクラシックカードでは、海外旅行傷害保険として、最高2,000万円までの保険が付帯されています。しかし、三井住友VISAクラシックカードには、国内旅行傷害保険の付帯はありません。

逆に、三井住友VISAクラシックカードAでは、海外も国内も旅行傷害保険として最高2,000万円までで、自動付帯が300万円、利用付帯が1,700万円となっています。

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違いは?

クレジットカードの旅行傷害保険は、カード会員向けの保険サービスとして、クレジットカードに入会すれば誰でも利用できるものとなります。特に回数の制限などはありませんので、非常にお得なサービスなのです。

ただ、クレジットカードによっては、旅行傷害保険が付帯していないもの、あるいは、海外のみ付帯といったカードもあります。

旅行傷害保険については、おおむね年会費が高額になればなるほど、付帯される保険内容が充実する傾向がありますので、ゴールドカードやプラチナカードの旅行傷害保険は、ほとんどが自動付帯となっています。

自動付帯とは?

自動付帯とは、自動的に付帯されるサービスとなります。

現在持っているクレジットカードの旅行傷害保険が自動付帯であれば、旅行代金を支払わなくても、条件なしで万が一の場合には、クレジットカード会社(引受保険会社)から補償を受けることができます。

利用付帯とは?

利用付帯とは、旅行代金をクレジットカードで支払った場合に補償を受けられるサービスです。たとえば、海外旅行の際に、飛行機代やホテル代、タクシー代などの料金をクレジットカードで支払った場合に、規定された範囲内で補償が受けられるようになります。

そのため、利用付帯のクレジットカードでは、旅行代金をクレジットカードで支払っていなかった場合には、たとえどれだけ高額な付帯サービスであっても、一切の補償を受けることはできません。

利用付帯で補償を受ける際には、カード会社によって様々な条件がありますので、条件を満たした場合のみ、保険サービスを利用できると考えておくほうが良いでしょう。

旅行傷害保険はいくらかかるの?

旅行傷害保険は、クレジットカードの付帯サービスとなりますので、クレジットカードを持っていれば、定められた範囲内で補償を受けることができます。

特に自動付帯のクレジットカードなら、旅行代金の支払いがなくても補償を受けることができますので、条件なしで保険サービスを利用できるメリットがあります。

そこで、もしクレジットカードに保険サービスが付帯されていない場合には、個別に旅行傷害保険に加入することができます。その際には、旅行の日数や旅行先(場所)、保険内容などによっても異なりますが、国内旅行では1日あたり300円~500円前後、海外旅行は1日あたり1,000円~2,000円前後がかかります。

一般的に、ゴールドカードやプラチナカードなどは、年会費が高額となっていますが、その理由は旅行傷害保険が自動付帯で、さらに回数無制限で補償を受けられるためです。

また、一緒に旅行する家族についても、補償の対象となるカードもありますので、万が一の時でも安心して旅行を楽しむことができるのです。その他にも、お見舞金の支払いや空き巣被害、犯罪被害などの補償を行うカードもあります。

自動付帯と利用付帯はどっちがいいの?

自動付帯と利用付帯では、やはり自動付帯のほうが安心という方が多いのではないでしょうか。

自動付帯は、補償条件を満たしていれば、さらに大きな金額での補償を受けることが可能で、仮に条件を満たしていなかったとしても、自動付帯であれば無条件で補償を受けることができます。

逆に、利用付帯の場合には、クレジットカード会社の条件を満たしていないと補償されませんので、自分では条件を満たしていると思っていても、実際には条件を満たしていなかったというケースもあります。

クレジットカードの保険サービスがあれば、何があっても絶対に安心というものではありませんが、万が一、事故や盗難などに遭った場合に、何も補償されないとなると、金銭的な負担が非常に大きくなることが予想されます。

そういった意味でも、クレジットカードの保険サービスは、利用付帯よりも自動付帯のほうが何倍も安心できると言えるでしょう。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ