UCSカードは18歳~19歳未成年者や大学生・専門学生でも審査に通る?

UCSカードUCSカードは、会員特典としてアピタやピアゴの買い物が5%OFFになるお得なクレジットカードです。

また、UCSカードはクレジットカードも家族カードもETCカードも年会費無料で、さらにUポイント2倍デーとしてアピタやピアゴ、サークルK・サンクス、ミニピアゴやベンガベンガの買い物がポイント2倍になる非常にお得なクレジットカードなのです。

では、UCSカードは、18歳~19歳の未成年者でも作ることができるのでしょうか。大学生や専門学生、短大生といった学生でも、UCSカードの審査に通るのでしょうか。

UCSカードは年会費無料でアピタやピアゴの買い物が5%OFF

UCSカードは18歳~19歳の未成年者でも作れる?

UCSカードは、株式会社UCSが発行している一般カードとなりますが、UCSカードの申し込み条件は、高校生を除く18歳以上で安定した収入のある方、電話連絡が可能な方となります。そのため、UCSカードは18歳~19歳の未成年の方でも、特に問題なく申し込みを行うことができます。

UCSカードの審査は、申し込み後に本人確認として必ず電話連絡がありますので、仮に連絡が取れない場合、電話に出ない場合には、UCSカードの審査に落ちてしまうことになります。UCSカードに申し込みを行った際には、いつでも電話に出られるようにしておくことが重要です。

UCSカードは学生でも審査に通る?

UCSカードは、18歳以上で電話連絡が可能な方を対象としたクレジットカードとなりますので、大学生や専門学生、短大生といった学生の方でも、通常どおり申し込みを行うことができます。

また、UCSカードは20歳以上の学生の方はもちろん、18歳~19歳の未成年の学生の方でも、特に問題なく申し込みを行うことができますので、UCSカードはどなたでも安心して手続きを進めることができます。

ただし、18歳~19歳の未成年の方は、まだ成人に達していない未成年者となりますので、申し込みの際にはいくつかの注意点があります。

18歳~19歳の未成年者が申し込みを行う際の注意点

18歳~19歳の未成年の方は、法律上も未成年者となりますので、UCSカードに申し込みを行う際には親権者の同意を得る必要があります。また、18歳~19歳の方は成人に達していない方となりますので、社会人の方でも、大学生や専門学生といった学生の方でも、どちらも親権者の同意が必要です。既に社会人として仕事をしているから同意が不要になるということはありませんので注意が必要です。

逆に、18歳~19歳の未成年の方がクレジットカードに申し込みを行う際に、親権者の同意が得られない場合にはカード審査に落ちてしまいますので、UCSカードの発行も見送られることとなります。そのため、18歳~19歳の未成年の方がUCSカードに申し込みを行う際には、必ず親権者に同意を得てから手続きを進めることが重要です。

アピタやピアゴ、サークルK・サンクスを利用するならUCSカードは必須!

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社のUCSが発行しているクレジットカードということもあり、ユニー関連の優待特典が数多く用意されているクレジットカードです。

特にアピタとピアゴは、UCSカードの会員特典として割引優待とポイントアップ優待のどちらも利用することができますので、UCSカードは普段からアピタやピアゴで買い物をされている方には必須のクレジットカードなのです。

また、UCSカードはサークルK・サンクスや宇佐美直営のガソリンスタンドでも割引優待やポイントアップ優待が用意されていますので、UCSカードは非常にお得なクレジットカードです。

UCSカードは、クレジットカードもETCカードも家族カードも、全て年会費無料で取得することができますので、UCSカードは18歳~19歳の未成年の方におすすめのクレジットカードなのです。

UCSカードは年会費無料でアピタやピアゴの買い物が5%OFF

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ