REXカードからREXカードLiteに変更は?2枚持ちはできるの?

レックスカードREX CARD(レックスカード)は、ポイント還元率が他のクレジットカードの3倍以上となる1.75%ということもあり、現在非常に人気の高いクレジットカードです。

また、REX CARD(レックスカード)には、REX CARD Lite(レックスカード ライト)もありますが、こちらは年会費が無料にもかかわらず、ポイント還元率が1.25%となっています。

ただ、REX CARD(レックスカード)に申し込みをする際に、REX CARD(レックスカード)にするか、REX CARD Lite(レックスカード ライト)のほうがいいのか、ものすごく迷いますよね。

そこで、REX CARD(レックスカード)からREX CARD Lite(レックスカード ライト)への変更はできるのでしょうか。あるいは、REX CARD Lite(レックスカード ライト)からREX CARD(レックスカード)への変更は可能なのでしょうか。

REXカードとREXカードLiteはどちらがお得?

REX CARD(レックスカード)は、年間50万円以上のクレジットカード利用で年会費が無料になりますので、クレジットカードを使えば使うほど、ポイントが貯まるお得なクレジットカードです。

REX CARD Lite(レックスカード ライト)は、年会費が無料となりますので、年会費を気にせずに、高還元率カードとして利用することができます。

そこで、REX CARD(レックスカード)とREX CARD Lite(レックスカード ライト)は、どちらがお得なのかとなりますが、これは年間のクレジットカード利用の金額によって異なります。

たとえば、年間10万円のクレジットカード利用では、REX CARD(レックスカード)は1,750円分のポイントを獲得することができますが、年会費がかかりますので、逆にマイナスとなってしまいます。これが、REX CARD Lite(レックスカード ライト)なら、年会費がかかりませんので、1.25%のポイントだけを受け取ることができます。

たとえば、年間100万円のクレジットカード利用では、REX CARD(レックスカード)は年会費が無料になり、さらに17,500円分のポイントを得ることができますが、REX CARD Lite(レックスカード ライト)では、同じく年会費無料で12,500円分のポイントを受け取ることになり、ポイント還元だけで5,000円もの差が生じることとなります。

REX CARD(レックスカード)のポイント還元

10万円の利用:1,750円-2,500円=-750円
20万円の利用:3,500円-2,500円=1,000円
30万円の利用:5,250円-2,500円=2,750円
40万円の利用:7,000円-2,500円=4,500円
50万円の利用:8,750円-0円=8,750円

REX CARD Lite(レックスカード ライト)のポイント還元

10万円の利用:1,250円
20万円の利用:2,500円
30万円の利用:3,750円
40万円の利用:5,000円
50万円の利用:6,250円

REX CARD(レックスカード)のポイント還元率は?

そのため、REX CARD(レックスカード)とREX CARD Lite(レックスカード ライト)は、年間に50万円以上のクレジットカード利用があるかどうかが重要となります。厳密に言えば、年間43万円~44万円なら年会費を支払ったとしても、REX CARD(レックスカード)のほうがお得です。

上記観点からも、やはり年間50万円以上のクレジットカード利用が可能かどうかが、REX CARD(レックスカード)でどちらを選ぶかの基準と言えるでしょう。

REXカードからREXカードLiteに変更はできる?

REX CARD(レックスカード)は、年間に50万円以上のクレジットカード利用であれば、REX CARD(レックスカード)のほうがお得です。逆に、年間40万円以下であれば、年会費無料のREX CARD Lite(レックスカード ライト)のほうがお得です。

しかし、1年間のクレジットカードの利用代金は、実際に使ってみなければわからないですよね。クレジットカードの年会費を無料にするために、不要な買い物をするというのも、単なる浪費となってしまいます。

そこで、最初にREX CARD(レックスカード)を取得して、年会費がかかりそうになったらREX CARD Lite(レックスカード ライト)に変更するということができれば1番いいと思いませんか?

ただ、残念ながらREX CARD(レックスカード)は、1度カードが発行されると、その後にREX CARD Lite(レックスカード ライト)に切り替える、あるいは変更するということができません。

これは、REX CARD Lite(レックスカード ライト)も同じで、年間の利用代金が50万円を超えそうだという時に、REX CARD Lite(レックスカード ライト)からREX CARD(レックスカード)に変更するということができません。

REX CARD(レックスカード)には、REX CARD(レックスカード)とREX CARD Lite(レックスカード ライト)の2つがありますが、これらはそれぞれ異なるクレジットカードとなりますので、カード発行後にどちらかに切り替えるということができないのです。

仮に、REX CARD(レックスカード)からREX CARD Lite(レックスカード ライト)に変更したい場合には、1度REX CARD(レックスカード)を解約してから、改めてREX CARD Lite(レックスカード ライト)に新規申し込みを行う流れとなります。

REXカードとREXカードLiteの2枚持ちはできる?

REX CARD(レックスカード)からREX CARD Lite(レックスカード ライト)への変更、あるいはREX CARD Lite(レックスカード ライト)からREX CARD(レックスカード)への変更はできませんが、REX CARD(レックスカード)とREX CARD Lite(レックスカード ライト)の2枚を利用するということは可能です。

たとえば、REX CARD(レックスカード)に新規申し込みをして、その後にREX CARD Lite(レックスカード ライト)に改めて申し込みを行うことで、REX CARD(レックスカード)とREX CARD Lite(レックスカード ライト)の2枚を同時に使用することができるようになります。

もちろんその場合にも、それぞれでカード発行の審査がありますので、審査に通過できれば両方を同時に利用することが可能となります。

REX CARD(レックスカード)は、ポイント還元率が高いREX CARD(レックスカード)と、年会費無料のREX CARD Lite(レックスカード ライト)の2つがあります。

どちらを選べばいいのか迷ったら、年間のクレジットカード利用の見込みが50万円を超えるかどうかを確認してください。仮に、50万円を超えるようならREX CARD(レックスカード)のほうが断然お得です。

逆に、年間50万円を超えないようなら、REX CARD Lite(レックスカード ライト)のほうがお得となりますので、年間の利用金額に合わせて選択されることをおすすめします。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ