三井住友トラストVISAカードは18歳~19歳未成年・学生でも審査に通る?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、三井住友トラスト・カードが発行している三井住友信託銀行グループのクレジットカードということもあり、三井住友トラストVISAカードは信頼性やステータス性、安全性に優れたクレジットカードです。

また、三井住友トラストVISAカードは、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されていますので、旅行中の万が一の場合でも非常に安心なクレジットカードなのです。

では、三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、18歳~19歳の未成年者でも作ることができるのでしょうか。大学生や専門学生、短大生といった学生でも、三井住友トラストVISAカードの審査に通るのでしょうか。

三井住友トラストVISAカードは初年度年会費無料で充実した付帯サービス

三井住友トラストVISAカードは18歳~19歳の未成年者でも作れる?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、三井住友トラスト・カードが発行しているクレジットカードですが、三井住友トラストVISAカードの申し込み条件は、高校生を除く18歳以上で安定した収入を得ている方となります。そのため、三井住友トラストVISAカードは、18歳~19歳の未成年の方でも、普通に仕事をしている方で安定した収入を得ている方なら、特に問題なく申し込みを行うことができます。

三井住友トラストVISAカードは、銀行系のクレジットカードとなりますので、18歳~19歳の未成年の方でも安心して申し込みを行うことができるでしょう。

三井住友トラストVISAカードは大学生や専門学生でも審査に通る?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、高校生を除く18歳以上の方を対象としたクレジットカードということもあり、三井住友トラストVISAカードは大学生や専門学生、短大生といった学生の方でも、通常どおり申し込みを行うことができます。

また、大学生や専門学生といった学生の方が三井住友トラストVISAカードに申し込みを行う際には、収入の有無や仕事の有無はあまり重要視されませんので、三井住友トラストVISAカードはアルバイトを何もしていない方でも申し込みを行うことができます。

学生の方は、本業が学生となりますので、仮にアルバイトなどの仕事を何もしていない方でも、特に問題なくクレジットカードを作ることができます。ただし、学生の方がクレジットカードに申し込みを行う際には、運転免許証や健康保険証などの身分証明書の他に学生証が必要になる場合があります。学生の方が申し込みを行う際には、念のため学生証も準備した上で手続きを進められることをおすすめします。

18歳~19歳の未成年者は親権者の同意が必要

18歳~19歳の未成年の方が、クレジットカードに申し込みを行う際には親権者の同意が必要です。仮に親権者の同意を得られない場合には、カード審査に落ちてしまうことになりますので、18歳~19歳の未成年の方は、必ず事前にクレジットカードを作る旨を親に伝えておくことが重要です。

18歳~19歳の未成年者におすすめのクレジットカードは?

三井住友トラストVISAカード(クラシックカード)は、18歳~19歳の未成年の方でも特に問題なく申し込みを行うことができるクレジットカードではありますが、三井住友トラストVISAカードは初年度の年会費が無料で、2年目以降は年会費がかかるクレジットカードです。そのため、18歳~19歳の未成年の方がクレジットカードを作るなら、同じ三井住友系の三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳~25歳限定のクレジットカードということもあり、年会費が無料で常にポイントが2倍になるお得なクレジットカードです。しかも、三井住友VISAデビュープラスカードは、カード入会後の3ヶ月間はポイントが5倍になりますので、他のクレジットカードよりも非常に効率よくポイントを貯めることができるお得なクレジットカードなのです。

三井住友VISAデビュープラスカードは、仕事をしている社会人の方はもちろん、大学生や専門学生、短大生といった学生の方でも、特に問題なく申し込みを行うことができますので、18歳~19歳の未成年の方がクレジットカードを作るなら三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。

18歳~25歳限定!いつでもポイント2倍のデビュープラスカード

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ