クレジットカード審査の属性とは?職業・年収・勤続年数の重要度

クレジットカード審査の属性とは?職業・年収・勤続年数の重要度クレジットカードの審査では、申し込み時に入力した情報(年齢や職業、年収や家族構成など)を、コンピューターが自動的にスコアリング(点数化)し、カードの発行が可能かどうかを判断します。

クレジットカードに申し込みをして、数分~数十分程度で審査が完了できる理由は、こういった属性によるスコアリングを行っているために、カード審査にかかる時間を大幅に短縮することができるのです。

そこで、クレジットカード審査における属性の重要度をまとめました。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

クレジットカード審査の属性とは?

クレジットカードの審査における属性とは、主に年齢、性別、職業、勤続年数、年収、家族構成、住居(持家、賃貸)、居住年数、健康保険の種類、固定電話の有無など、様々な情報を元に審査を進めていきます。

また、これまでに他社のクレジットカードを利用したことがあるかどうか、利用したことがあれば、その時の返済状況はどうなのか、支払いの遅れや延滞はあるか、短期間に複数の申し込みはしていないかどうかなど、こちらも様々な情報を元に、クレジットカードの発行が可能かどうかを判断します。

これらの項目は、コンピューターが自動的に点数化しますので、スコアリングの結果で平均を下回るようなら、カード発行NGとして処理されることとなります。

属性によるスコアリングを行うことで、カード審査にかかる時間が大幅に短縮されている状況ではありますが、コンピューターが自動的に判定するスコアリングでは、自分自身では特に問題はないと思っていても、クレジットカードの審査に落ちてしまうといったケースもあります。

属性の重要なポイントとは?

クレジットカードの審査における属性では、様々な情報を元にカード発行が可能かどうかを判断していますが、その中でも特に重要な項目は、「職業(年収)」「勤続年数」「他社の利用状況」になります。

職業(年収)

職業とは、カード審査において非常に重要なポイントの1つです。たとえば、職業欄に「公務員」という記載があれば、毎月安定した収入を得ているということがわかります。また民間企業のように、業績によってリストラや解雇ということがありませんので、公務員属性は、定年になるまで安定した収入が得られるということもわかります。

逆に、アルバイトという属性では、収入が保障されていませんので、病気やけがなどで仕事を休むと、ある日突然、収入が途絶えることになります。また、アルバイト属性は離職率も高い傾向がありますので、せっかく決まった仕事でも、数週間~1ヶ月ほどで辞めてしまうということも多いのが特徴です。

これは、年収についても同じで、厳密に言えば「職業」と「年収」は異なる属性ではありますが、私たちの年収は、おおむね職業によって決まりますので、職業(年収)の属性は、非常に重要度が高い項目になるのです。

勤続年数

勤続年数とは、今現在の職場に何年勤めているのかという属性ですが、こちらも非常に重要度が高い項目です。1つの会社に長く勤めているということは、毎月の収入が安定していることを意味しますので、勤続年数は長ければ長いほど高属性と判断されます。

逆に、勤続年数が1年未満、あるいは3年未満となると属性が低くなります。特に、30代~40代以上で勤続年数が1年~3年未満となると、かなり属性が低くなりますので、カード審査が不利になります。

クレジットカードの審査では、転職をした経緯については一切考慮されませんので、仮に好条件でヘッドハンティング・引き抜きで転職をしたということであっても、カード審査にはほぼ影響せずに、単に勤続年数が長いか短いかで判断されます。

他社の利用状況

他社の利用状況は、大きく2つのポイントがあります。1つ目は、他社の利用で遅れや延滞があるかどうかです。もう1つは、既に他社の利用で限度額を超えていないかどうかになります。

現在は、過剰与信を防止するために、カード会員ごとに支払可能見込額を調査した上で、支払可能見込額を超えない範囲内でクレジットカードの利用限度額を設定します。

支払可能見込額とは?割賦販売法の支払可能見込額の算出方法とは

そのため、他社のクレジットカードで、利用限度額が100万円~200万円以上ある、あるいは200万円~300万円以上あるという場合には、既に利用できる範囲を超えているケースもあります。その場合には、どれだけ高属性の方でも、クレジットカードの発行が見送られることとなります。

また、支払いの遅れや延滞は、カード会社が1番嫌うものでもありますので、これだけは絶対に避けなければなりません。1日くらい大丈夫だろう、1週間くらい遅れても平気だろうと考える方もいらっしゃいますが、クレジットカードの支払いは、1日でも遅れれば延滞として処理されることになります。

延滞として処理されれば、個人信用情報機関に延滞の記録が5年以上も残り続けることとなりますので、その後のカード審査が非常に厳しいものとなるのです。

クレジットカードの審査が厳しいは嘘?

クレジットカードの審査は厳しいというイメージを持っている方が多いのですが、実際にはクレジットカードの審査は、かなりゆるいのが現状です。言葉は悪いですが、普通に仕事をしている方で、きちんと連絡が取れる状態にあれば、ほぼどなたでもクレジットカードは作れるのです。

ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードといったステータスカードは別ではありますが、普段の買い物で利用するために作るクレジットカードなら、何の問題もなく普通に作ることができます。

また、キャッシングを利用していると、クレジットカードが作れないと思われている方も多いのですが、これも全く違います。逆に、キャッシングを利用中で、毎月の返済を遅れずに支払っているということなら、クレジットカードの審査では大きなプラス評価に繋がるのです。

さらに言えば、クレジットカードの増枠審査についても、いつも1回払いでクレジットカードを利用している方よりも、いつもリボ払いを使っている方、あるいは、いつもリボ払いを目一杯まで利用している方のほうが、クレジットカードの増枠がされやすいのです。

もちろん、収入の範囲内できちんと毎月の返済ができていることが条件とはなりますが、カード会社は営利企業ですから、たくさん使う人を優遇するのは当たり前のことなのです。

クレジットカードは、よほど無茶な使い方をしない限りは、一般カードで審査に落ちるということは、ほとんどありません。審査に落ちるのは、審査に落ちる理由・原因がありますので、適切に利用することが重要です。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ