UCSゴールドカードの審査は?審査基準・取得条件・難易度・審査日数

UCSゴールドカードUCSゴールドカードは、空港ラウンジサービスや最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯されているUCSのゴールドカードとなりますが、UCSゴールドカードはアピタ・ピアゴの5%OFFや宇佐美SSの割引サービスなどが利用できる非常にお得なゴールドカードです。

また、UCSゴールドカードは、年間100万円のカード利用で3,000円分のギフト券プレゼントやUCSロイヤルメンバーズとしてポイントが20%アップしますので、UCSゴールドカードは実質年会費無料のお得なゴールドカードなのです。

では、UCSゴールドカードの審査はどうなのでしょうか。UCSゴールドカードの審査基準や審査の難易度、申込条件や取得条件、審査にかかる時間や審査日数についてまとめました。

UCSゴールドカードはアピタ・ピアゴで5%OFF!さらにUポイント2倍デー

UCSゴールドカードの審査は?

UCSゴールドカードは、ユニーグループのUCSが発行しているゴールドカードですが、UCSゴールドカードはスタンダードな一般カードではなく、ワンランク上のゴールドカードとなります。そのため、UCSゴールドカードは、一般カードのUCSカードよりも審査基準や審査の難易度が高いクレジットカードとなります。

また、UCSゴールドカードの申し込み条件は、年齢が30歳以上で勤続年数5年以上、年収500万円以上の社会的信用のある方となりますので、UCSゴールドカードは10代~20代の方や転職して間もない方、勤続年数が短い方は取得することが困難なゴールドカードです。

厚生労働省の発表では、現在の平均年収は420万円前後で、年収300万円以下の世帯が全体の32%、年収500万円以下の世帯は全体の56.3%です。これまでの事例でも、UCSゴールドカードは年収500万円以下の方は審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなりますので、UCSゴールドカードは審査が厳しいゴールドカードと言えるでしょう。

UCSゴールドカードの申し込み条件

年齢30歳以上、勤続年数5年以上で年収500万円以上の社会的信用のある方

UCSゴールドカードの審査時間や審査にかかる日数は?

UCSゴールドカードは、UCSのゴールドカードということもあり、一般カードよりも慎重な審査を行っているクレジットカードです。

また、UCSゴールドカードはインターネット上から申し込みを行うと、仮審査完了後に在籍確認を行い、その後、申込書類と口座振替依頼書を自宅宛てに郵送します。書類が届いたら本人確認書類と口座振替依頼書をUCSに返送すると本審査に入ります。UCSゴールドカードは、本審査後にカードが発行されますので、申し込みからカードの受け取りまでは、おおむね1ヶ月程度かかるようになります。

仮に、書類の返送が遅くなると、その分、カード発行までにかかる時間も遅くなりますので、UCSゴールドカードを希望する際には、余裕を持って早めに申し込みの手続きを行われることをおすすめします。

UCSゴールドカードの審査に通るには?

UCSゴールドカードの審査に通るには、ゴールドカードの申し込み条件を全て満たすことが重要です。UCSゴールドカードは、一般カードではなくゴールドカードとなりますので、申し込み条件が明確に定められているクレジットカードです。

そのため、UCSゴールドカードの審査に通過するためには、まずはUCSゴールドカードの申し込み条件を全て満たすことが何よりも重要なのです。逆に、UCSゴールドカードの申し込み条件の1つでもクリアできない項目があると、UCSゴールドカードの審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなります。

特にUCSカードは、年齢や収入面を重視する傾向がありますので、年齢が30歳に満たない場合や年収が500万円以下の場合には、カード審査がかなり厳しくなります。UCSゴールドカードに申し込みを行う際には、全ての条件を満たしているかどうかを確認した上で手続きを進められることをおすすめします。

UCSゴールドカードの条件を満たしていない場合には?

UCSゴールドカードの申し込み条件を満たしていない場合には、一般カードのUCSカードに申し込みを行う流れとなります。

UCSカードは最もスタンダードな一般カードとなりますので、18歳以上の電話連絡が取れる方で安定した収入を得ている方なら、どなたでも申し込みを行うことができるクレジットカードです。UCSカードなら、学生の方や主婦の方でも通常どおり取得することができますので、UCSゴールドカードの条件を満たしていない場合には、一般カードのUCSカードに申し込みを行うこととなります。

年収500万円以下でもUCSゴールドカードを取得するには?

UCSゴールドカードは、30歳以上の方で勤続年数5年以上・年収500万円以上の方が対象のゴールドカードとはなりますが、UCSゴールドカードはある方法を利用することで、年収500万円以下の方でもゴールドカードを取得することができるようになります。それは、一般カードのUCSカードで利用実績を高めることです。

UCSゴールドカードは、UCSと全く取引がない方がいきなりゴールドカードに申し込みを行う場合には、審査基準や審査難易度のハードルがかなり高くなりますが、まずは一般カードのUCSカードを取得して毎月遅れずに支払いをすることで、UCSカードからの切り替えでUCSゴールドカードを取得することができるようになるのです。

UCSカードからの切り替えでゴールドカードが取得できる

UCSカードからの切り替えは、既にUCSカードでの支払い実績がありますので、仮に申し込み条件の年収や勤続年数に若干満たない場合でもゴールドカードを取得できるようになります。

逆に、UCSカードで何も実績がない状態で、いきなりゴールドカードに申し込みを行うと、申込者の条件面のみで審査を行うこととなりますので、ゴールドカードの申し込み条件に満たない場合にはカード審査に落ちてしまうことになるのです。

UCSゴールドカードは、UCSが定めた申し込み条件に満たない場合には、カード審査に落ちて否決される可能性が非常に高いゴールドカードです。申し込み条件を満たせない場合や多少でも審査に不安があるという場合には、まずは一般カードのUCSカードを取得されることをおすすめします。

UCSゴールドカードはアピタ・ピアゴで5%OFF!さらにUポイント2倍デー

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ