楽天銀行デビットカードの審査は?審査基準・難易度・申込条件は?

楽天銀行デビットカード楽天銀行デビットカードは、年会費無料・発行手数料無料で楽天スーパーポイントを貯めることができる非常にお得なデビットカードです。

また、楽天銀行デビットカードは100円の買い物に付き1ポイントを貯めることができますので、クレジットカードの楽天カードとほぼ同じように利用することができる便利なデビットカードなのです。

では、楽天銀行デビットカードの審査はどうなのでしょうか。楽天銀行デビットカードの審査基準や審査の難易度、楽天銀行デビットカードの申し込み条件についてまとめました。

楽天銀行デビットカードはどこで使っても100円で1ポイントが貯まる!

楽天銀行デビットカードの審査は?

楽天銀行デビットカードは、年会費も発行手数料も完全無料で取得できるデビットカードです。

デビットカードは、クレジットカードのように1ヶ月ごとにまとめて支払う後払い方式のカードではなく、買い物をするとその場ですぐに引き落としになる即時払いのカードとなります。

そのため、楽天銀行デビットカードは、クレジットカードの申し込み時に行われるようなカード審査や与信審査はありません。また、楽天銀行デビットカードは、クレジットカードの審査で必ず行われている個人信用情報機関への照会も行いませんので、楽天銀行デビットカードは原則として審査なしで誰でも取得できるカードとなります。

楽天銀行デビットカードの審査基準や審査の難易度は?

楽天銀行デビットカードは、即時払いのデビットカードということもあり、クレジットカードのような与信審査を行わないカードです。そのため、楽天銀行デビットカードには審査基準がありませんので、申し込みを行えばどなたでも取得することができるカードとなります。

ただし、楽天銀行デビットカードには年齢制限がありますので、年齢条件を満たすことができない場合には、楽天銀行デビットカードを取得することができません。また、楽天銀行デビットカードを取得するには、楽天銀行の口座を開設することになりますが、楽天銀行の口座を開設できない場合、あるいは口座開設を断られた場合には、楽天銀行デビットカードを取得することができなくなります。

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行の口座から引き落としになりますので、楽天銀行の口座を開設することが取得条件になるのです。

楽天銀行の申し込み条件は?楽天銀行の口座開設の審査は?

楽天銀行デビットカードは、16歳以上の方ならどなたでも取得することができるデビットカードとなりますので、楽天銀行デビットカードは未成年者や学生の方、無職・フリーターの方、パート・アルバイトの方でも、通常どおり取得することができます。

ただ、楽天銀行デビットカードは、楽天銀行の口座を開設することが取得条件となりますので、口座を開設できない場合には楽天銀行デビットカードも取得することができなくなります。また、楽天銀行の口座開設には所定の審査がありますので、口座開設の審査に落ちてしまうと楽天銀行デビットカードも取得できませんので、楽天銀行の口座開設の審査に通ることが重要です。

本人確認や在籍確認

楽天銀行の口座開設では、申し込み後に本人確認や在籍確認を行う場合があります。たとえば、申し込みをした本人の携帯電話や自宅の電話に楽天銀行から確認の連絡があります。勤務先や通学先にも在籍確認を行う場合がありますので、仮に本人確認や在籍確認が取れない場合には、楽天銀行の口座を開設することができなくなります。

事業実態の確認

自営業・個人事業主として仕事をしている方は、事業を営んでいるかどうかを確認できる書類の提出を求められることがあります。

本人確認書類の提出

口座を開設する際には、本人確認書類として運転免許証や健康保険証などの身分証明書を提出することとなります。提出する書類に不備がある場合、確認ができない場合には、口座開設を断られることがあります。

楽天銀行の口座開設審査に落ちることはある?

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行の口座から引き落としとなりますので、楽天銀行の口座を開設することが取得条件となります。また、楽天銀行の口座開設には所定の審査がありますので、場合によっては口座開設を断られることもあります。

ただ、楽天銀行の口座開設は、クレジットカードやカードローンなどの審査とは異なりますので、よほどのことがない限りは審査に落ちるということはありません。本人確認や在籍確認が可能で身分証明書を提出できる方なら、どなたでも楽天銀行の口座を開設することができます。

しかし、下記に該当する場合には、口座開設を断られることがありますので、確認した上で手続きを進められることをおすすめします。

申し込み時の入力ミスや記載ミス

楽天銀行の口座開設時の申し込みで、入力ミスや記載ミスがあると、口座を開設することができなくなる場合があります。口座を開設するには、申し込み内容と本人確認書類が合致しなければ開設することができませんので、入力ミス等があると口座開設を断られることになります。

既に楽天銀行の口座を持っている場合

楽天銀行の口座開設は1人に付き1口座までとなりますので、1人が複数の口座を作ることはできません。そのため、過去に楽天銀行の口座を開設している方が、新たに口座開設の申し込みを行うと重複登録となりますので、新規の口座開設を断られることとなります。

また、過去にイーバンク銀行を利用していた方も重複登録となる場合があります。仮に使っていない口座であっても、重複して口座を開設することはできませんので、過去に楽天銀行、又はイーバンク銀行の口座を開設していた方は、念のため解約が完了しているかどうかを確認されることをおすすめします。

在籍確認ができない場合

楽天銀行は、口座開設時に在籍確認を行う場合がありますが、在籍確認が取れない場合も口座開設を断られることがあります。在籍確認は本人確認も兼ねていますので、楽天銀行からの電話は必ず対応することが重要です。

虚偽の申告や犯罪に使われる可能性がある場合

その他、虚偽の申告や犯罪に使われる可能性がある場合、反社会的勢力や利用目的が不明な場合などは、口座開設で断られることとなります。

楽天銀行デビットカードは不備がなければ誰でも取得できる!

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行の口座を開設できる方なら誰でも取得することができるデビットカードです。また、楽天銀行の口座開設の審査についても特に厳しい審査はありませんので、入力内容に不備がなく身分証明書を提出できる方なら、誰でも楽天銀行の口座を開設することができます。

楽天銀行の口座開設は、都市銀行や地方銀行、信用金庫などの口座開設と同じですから、不備がなければどなたでも開設することが可能です。そのため、楽天銀行の口座開設については、特に不安に思われる必要はないと言えるでしょう。

楽天銀行デビットカードは、年会費無料でポイント還元率が1%の非常にお得なデビットカードです。何らかの理由でクレジットカードが作れない方、楽天カードの審査に落ちてしまった方は、デビットカードの楽天銀行デビットカードなら問題なく取得することができます。

楽天銀行デビットカードはクレジットカードとは異なりますので、どなたでも安心して申し込みを行うことができるカードなのです。

楽天銀行デビットカードはどこで使っても100円で1ポイントが貯まる!

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ