三井住友ビジネスカードは電子マネーが使える?iDで支払いできる?

三井住友法人カード三井住友ビジネスカードは、三井住友カードが発行している法人向けクレジットカードとなりますが、三井住友ビジネスカードはビジネスサポートサービスや福利厚生サービスなど、様々な優待特典が利用できるビジネスカードです。

また、三井住友ビジネスカードは経営者専用の法人カードとなりますので、三井住友ビジネスカードを取得することで個人用のクレジットカードと事業用のクレジットカードを分けて利用することができ、スムーズに経費処理を行うことができるようになります。

では、三井住友ビジネスカードは電子マネーを利用することができるのでしょうか。三井住友ビジネスカードで電子マネーiDの支払いは可能なのでしょうか。

三井住友ビジネスクラシック一般カードは最もスタンダードな法人カード

三井住友ビジネスカードは電子マネーが使える?

三井住友ビジネスカードは、会社経営者・個人事業主といった経営者の方が利用する法人向けクレジットカードですが、三井住友ビジネスカードには経営者向けの三井住友ビジネスカードと、法人代表者・個人事業主向けの三井住友ビジネスカード for Ownersの2つがあります。

通常の三井住友ビジネスカードと三井住友ビジネスカード for Ownersは、どちらも基本となるサービスや優待特典などは同一となりますが、通常の三井住友ビジネスカードは電子マネーを利用することができませんが、三井住友ビジネスカード for Ownersは追加カードとして電子マネーを取得できますので、三井住友ビジネスカード for Ownersであれば電子マネーを利用することができます。

また、三井住友ビジネスカード for Ownersは、電子マネーiDの他にもWAONやApple Pay、PiTaPaを追加することができますので、三井住友ビジネスカード for Ownersは個人向けの三井住友VISAカードと同じように使うことができる便利な法人カードと言えます。

三井住友ビジネスカード for Ownersで利用できる電子マネー

iD
WAON
Apple Pay
PiTaPa
プラスEX

法人カードに電子マネーは必要?

三井住友ビジネスカードはfor Ownersのビジネスカードを選択することで、法人カードでも電子マネーを利用することができるようになります。また、三井住友ビジネスカードは、電子マネーの利用でも通常どおりポイントを獲得することができますので、三井住友ビジネスカードは非常に便利な法人カードです。

ただ、法人カードは会社の経費をクレジットカードで決済するビジネスカードとなりますので、法人カードに電子マネーを追加しても、ほとんど利用することがないのが現状です。

一般的に電子マネーの利用は、スーパーやコンビニ、ドラックストアなどの少額決済で利用しますが、電子マネーが利用できる店舗やお店ではクレジットカードも通常どおり利用することができます。しかも、スーパーやコンビニなどの少額決済では、クレジットカード決済でもサインレスで買い物をすることができますので、電子マネーで支払う必要がないのです。

もちろん、電子マネーがあれば便利ではありますが、会社の経費を決済する法人カードという点を考慮すると、特に電子マネーが利用できなくても何も問題ないと言えます。

三井住友ビジネスカードは、電子マネーを追加する場合でも利用しない場合でも、どちらにも対応している法人カードです。三井住友ビジネスカードは、優待特典やビジネス向けのサービスが非常に充実していますので、まだ法人カードを持っていないという経営者の方は三井住友ビジネスカードがおすすめです。

三井住友ビジネスゴールドカードはビジネスサポートパックでさらにお得!

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ