イオンSuicaカードの海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険は?

イオンSuicaカードイオンSuicaカードは、年会費無料で貯まったポイントをSuicaにチャージすることができる非常に便利なクレジットカードです。

また、イオンSuicaカードはお客さま感謝デーやG.G感謝デー、ときめきWポイントデーなどのイオンカードとしての優待特典はもちろん、イオンSuicaカードはサインレスでJR東日本の窓口を利用することができますので、急いでいる時や時間がない時でもスムーズに切符を購入することができます。

そこで、イオンSuicaカードの海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の付帯内容、イオンSuicaカードのカード盗難保険などの付帯保険についてまとめました。

イオンSuicaカードはイオンカードとSuicaが1つになったお得なクレジットカード

イオンSuicaカードの旅行傷害保険は?

イオンSuicaカードは、イオンカードとSuicaが一体となったお得なクレジットカードですが、イオンSuicaカードは海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。

また、イオンSuicaカードの旅行傷害保険は、海外旅行傷害保険が自動付帯で、国内旅行傷害保険が利用付帯の旅行傷害保険となりますので、イオンSuicaカードに入会することで、海外旅行時は特に何も手続きを行わなくても自動的に手厚い補償が受けられるようになります。その他、イオンSuicaカードは、盗難保険としてカード盗難保障が付帯されています。

イオンSuicaカードの旅行傷害保険

海外旅行傷害保険
死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用最高50万円
疾病治療費用最高50万円
国内旅行傷害保険
死亡・後遺障害最高1,000万円
入院保険金1日3,000円
手術保険金入院保険金日額の10倍、又は5倍
通院保険金1日2,000円
盗難保険

カード盗難保障

イオンSuicaカードの旅行傷害保険の注意点

イオンSuicaカードは、海外旅行でも国内旅行でも、どちらにも旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードではありますが、イオンSuicaカードの国内旅行傷害保険は利用付帯となりますので、事前に旅行代金をイオンSuicaカードで決済した場合に旅行傷害保険が付帯されるようになります。

逆に、イオンSuicaカードで旅行代金の支払いがない場合には国内旅行傷害保険は付帯されませんので、イオンSuicaカードに設定されている国内旅行傷害保険を利用することができなくなります。

イオンSuicaカードは、海外旅行傷害保険については自動的に付帯されますので、事前の連絡や手続きは一切不要で旅行傷害保険を利用することができます。しかし、イオンSuicaカードの国内旅行傷害保険は利用付帯となりますので、条件を満たせない場合には旅行傷害保険が利用できないのです。

万が一、旅行中に事故や病気等のトラブルに巻き込まれた場合、かなりの出費になることが予想されますので、国内旅行に出掛ける際には旅行傷害保険の補償が受けられるように、事前に旅行代金を支払うことが重要です。

イオンSuicaカードは年会費無料で旅行傷害保険が利用できる!

イオンSuicaカードは、イオンカードとSuicaが1つになったクレジットカードということもあり、イオンカードのときめきポイントをSuicaにチャージすることができるクレジットカードです。

また、イオンSuicaカードのチャージは、ときめきポイント1,000ポイント分をSuica1,000円分に交換することができますので、手数料無料で等価交換でSuicaにチャージすることができるのです。しかも、イオンSuicaカードは、クレジットカードもETCカードも電子マネーのイオンiDやWAONも全て年会費無料で利用できますので、イオンSuicaカードはお得なクレジットカードなのです。

一般的に旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードは、年会費が有料のクレジットカードとなりますので、イオンSuicaカードのように年会費無料で旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードは非常にお得です。

イオンSuicaカードは、イオンカードの5%割引やポイントアップなどの優待特典も通常どおり利用できますので、JR東日本を利用される方はイオンSuicaカードがおすすめです。

イオンSuicaカードはイオンカードとSuicaが1つになったお得なクレジットカード

三井住友VISAカード

WがWでポイント4倍キャンペーン

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ