楽天銀行デビットカードのJCBとVISAの違いは?どっちがお得?

楽天銀行デビットカード楽天銀行デビットカードは、16歳以上の方なら審査無しでどなたでも取得することができるデビットカードとなりますが、楽天銀行デビットカードには国際ブランドがJCBのデビットカードと、国際ブランドがVISAのデビットカードの2つがあります。

楽天銀行デビットカードのJCBとVISAは、どちらも基本となるサービスは同じですが、JCBの楽天銀行デビットカードとVISAの楽天銀行デビットカードは、年会費やポイント還元率が大きく異なるようになります。

では、楽天銀行デビットカードのJCBとVISAは何が違うのでしょうか。楽天銀行デビットカードのJCBとVISAは、どちらがお得なデビットカードなのでしょうか。

楽天銀行デビットカードはどこで使っても100円で1ポイントが貯まる!

楽天銀行デビットカードのJCBとVISAの違いは?

楽天銀行デビットカードは、現金の代わりに買い物代金を支払うことができるデビットカードですが、楽天銀行デビットカードには国際ブランドがJCBのデビットカードと、国際ブランドがVISAのデビットカードの2種類があります。

そこで、楽天銀行デビットカードのJCBとVISAは、「国際ブランド」「年会費」「ポイント還元率」の3つが大きく異なります。

国際ブランドの違い

楽天銀行デビットカードは、国際ブランドをJCBとVISAの2つから自由に選ぶことができるデビットカードです。国際ブランドは、それぞれのブランドごとに独自に加盟店契約を行っていますので、ブランドが異なるお店ではデビットカードを使うことができなくなります。

そのため、利用する店舗がJCBの加盟店となるとVISAカードを使うことはできませんので、JCBのマークがあるデビットカードで支払いをすることになります。逆に、VISAの加盟店ではJCBカードを使うことができない仕組みとなりますので、VISAのマークがあるデビットカードを利用します。

ただ、通常国際ブランドの加盟店は、1つのブランドと契約をするのではなく複数のブランドと契約しますので、ほとんどのお店がJCBとVISAのどちらにも対応しています。稀に、JCBカードしか使えないお店やVISA・Mastercardしか使えないという店舗もありますが、日本国内の買い物ならJCBでもVISAでも特に問題なく利用することができるでしょう。

年会費の違い

楽天銀行デビットカードは、JCBのデビットカードとVISAのデビットカードで、それぞれ年会費が異なります。

そこで、楽天銀行デビットカードの年会費は、国際ブランドがJCBの楽天銀行デビットカードは年会費が永年無料ですが、VISAの楽天銀行デビットカードは年会費として1,029円(税込)がかかります。また、VISAの楽天銀行デビットカードにはゴールドカードもありますが、VISAゴールドカードの年会費は3,086円(税込)となります。

・楽天銀行デビットカードの年会費
国際ブランドがJCBの楽天銀行デビットカード:永年無料
国際ブランドがVISAの楽天銀行デビットカード:1,029円(税込)
国際ブランドがVISAのゴールドカード:3,086円(税込)

ポイント還元率の違い

楽天銀行デビットカードは、JCBとVISAでポイント還元率が異なります。

そこで、楽天銀行デビットカードのJCBは、1ポイントあたり1円相当として100円の買い物ごとに1ポイントが付与されます。楽天銀行デビットカードのVISAは、1ポイントあたり1円相当として1,000円の買い物ごとに2ポイントが付与されます。

国際ブランドがJCBの楽天銀行デビットカードのポイント還元率は1.0%ですが、国際ブランドがVISAの楽天銀行デビットカードのポイント還元率は0.2%となりますので、JCBとVISAではポイント還元率に5倍もの差があります。また、VISAデビットのゴールドカードは1,000円で5ポイントが付与されますので、VISAゴールドカードでもJCBデビットカードの2倍もの差になります。

・楽天銀行デビットカードのポイント還元率
国際ブランドがJCBのポイント還元率:1.0%(100円ごとに1ポイント)
国際ブランドがVISAのポイント還元率:0.2%(1,000円ごとに2ポイント)
VISAゴールドカードのポイント還元率:0.5%(1,000円ごとに5ポイント)

楽天銀行デビットカードはJCBとVISAのどっちがお得?

楽天銀行デビットカードは、国際ブランドがJCBのデビットカードと、国際ブランドがVISAのデビットカードの2つがありますが、年会費やポイント還元率を考えると、断然JCBカードのほうがお得です。

楽天銀行デビットカードはVISAよりもJCBのほうがお得

楽天銀行デビットカードのJCBは、年会費が永年無料でポイント還元率が1.0%となりますので、国際ブランドがJCBの楽天銀行デビットカードはポイント還元率が高いデビットカードです。

しかし逆に、VISAの楽天銀行デビットカードは、年会費が有料でポイント還元率も0.2%ですから、JCBの楽天銀行デビットカードとVISAの楽天銀行デビットカードを比較すると、国際ブランドがVISAの楽天銀行デビットカードは、かなり条件が悪いデビットカードと言えます。

また、楽天銀行デビットカードのVISAにはワンランク上のゴールドカードもありますが、仮にVISAゴールドカードを選択してもポイント還元率が0.5%となりますので、JCBの楽天銀行デビットカードのほうが何倍もお得なのです。

楽天銀行デビットカードは審査なしで取得できる!

楽天銀行デビットカードは、JCBもVISAもどちらも審査なしで取得することができますので、JCBのほうが取得しやすい、あるいはVISAのほうが取得しにくいということはありません。JCBでもVISAでも、どちらでも申込条件や取得条件は同一となりますので、好きな国際ブランドの楽天銀行デビットカードに申し込みを行うことができます。

国際ブランドがJCBの楽天銀行デビットカードは、年会費が無料で高還元率のデビットカードとなりますので、楽天銀行デビットカードに申し込みをする際には、国際ブランドがJCBの楽天デビットカードがおすすめです。

楽天銀行デビットカードはどこで使っても100円で1ポイントが貯まる!

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ