ライフカードビジネス(スタンダード)

ライフカードビジネス(スタンダード)ライフカードビジネス(スタンダード)は、法人・個人事業主向けのビジネスカードにもかかわらず、年会費が無料でETCカードも無料で発行することができるお得な法人カードです。

また、ライフカードビジネス(スタンダード)のショッピング枠は、原則として10万円~500万円の範囲内で設定することになりますが、ライフカードビジネス(スタンダード)は500万円以上の利用限度額も相談することができますので、非常に幅広く活用することができる法人カードなのです。

では、ライフカードビジネス(スタンダード)の審査はどうなのでしょうか。ライフカードビジネス(スタンダード)の審査基準や審査の難易度、必要書類や審査にかかる時間・審査日数についてまとめました。

ライフカードビジネス(スタンダード)はETCカードも使用者カードも年会費無料

ライフカードビジネス(スタンダード)の審査は?

ライフカードビジネス(スタンダード)の審査は?ライフカードビジネス(スタンダード)は、ライフカードが発行している法人向けのクレジットカードです。

そのため、ライフカードビジネス(スタンダード)は、一般的な会社員の方やパート・アルバイトの方は利用することができないクレジットカードとなります。

また、ライフカードビジネス(スタンダード)は法人向けの一般カードとなりますので、通常どおり個人向けのクレジットカードを利用している方なら、特に問題なく取得することが可能です。

ただし、ライフカードビジネス(スタンダード)は法人・個人事業主向けのビジネスカードですから、運転免許証や健康保険証といった身分証明書の他に、登記事項証明書や決算書、確定申告書が必要となります。

ライフカードビジネス(スタンダード)の必要書類は?

ライフカードビジネス(スタンダード)の必要書類は?ライフカードビジネス(スタンダード)は、法人・個人事業主向けのクレジットカードということもあり、個人向けクレジットカードよりも用意する書類が多くなります。

特に法人カードの審査では、事業を営んでいることを証明するためにも、登記事項証明書や確定申告書などが必要になるのです。

ただ、ライフカードビジネス(スタンダード)は希望するショッピング枠によって必要書類が異なりますので、決算書や確定申告書を提出せずに法人カードを取得したいという場合には、希望限度額を「100万円以下」で申し込みを行うことで、代表者の身分証明書や本人確認書類だけでライフカードビジネス(スタンダード)を取得することができるようになります。

申し込み時の必要書類

法人の場合
希望限度額が100万円以下登記事項証明書、代表者の本人確認資料
希望限度額が100万円超500万円以下登記事項証明書、代表者の本人確認資料、決算書2期分
希望限度額が500万円超登記事項証明書、代表者の本人確認資料、決算書2期分、法人、もしくは代表者名義の不動産謄本
個人事業主の場合
希望限度額が100万円以下事業主の本人確認資料
希望限度額が100万円超事業主の本人確認資料、確定申告書2期分

ライフカードビジネス(スタンダード)の審査時間や審査にかかる日数は?

ライフカードビジネス(スタンダード)の審査時間や審査にかかる日数は、インターネット上から申し込みを行うと、おおむね2週間~3週間程度でカードが発行されます。

ただし、ライフカードビジネス(スタンダード)は法人向け・個人事業主向けのクレジットカードとなりますので、必要書類が全て揃わなければ審査を進めることができず、カード審査にかなり時間がかかる場合があります。

そのため、ライフカードビジネス(スタンダード)に申し込みを行う際には、事前に必要書類を全て用意してから申し込みを行われることをおすすめします。

ライフカードビジネス(スタンダード)の審査に落ちる理由は?

ライフカードビジネス(スタンダード)の審査に落ちる理由は?ライフカードビジネス(スタンダード)の審査は、代表者や事業主の信用情報を確認した上で、カード発行が可能かどうかを判断します。

ライフカードビジネス(スタンダード)は、会社を経営している方や個人で事業をされている方向けのクレジットカードではありますが、ライフカードビジネス(スタンダード)の審査に通過できるかどうかは、代表者・事業主の返済能力が最も重要なポイントとなります。

代表者の方や事業主の方は、個人向けのクレジットカードで良好な支払い実績があれば、非常にスムーズに法人カードを取得することができるようになるのです。

審査に落ちる理由、審査に通らない原因

個人向けクレジットカードで支払いの遅れや延滞がある場合

原則として、法人向けのビジネスカードは個人カードと同じように審査を行いますので、代表者の方や事業主の方が個人で利用しているクレジットカードやローンで支払いが遅れていると、法人カードを取得することができなくなります。

また、利用限度額のギリギリまでリボ払いや分割払いを利用している場合にも、これ以上の返済は不可能と判断されて、法人カードの審査に落ちてしまうことがあります。

法人カードは、あくまでも法人や事業者として利用するクレジットカードではありますが、カード審査では代表者・事業主の信用によってカードが発行されますので、支払いの遅れや延滞があると、かなり大きな影響が出ることになるのです。

必要書類を用意することができない場合

法人カードは、必要書類が揃わなければカード発行が見送られることになります。そこで、何らかの事情があって必要書類を用意できない場合、用意することが難しい場合には、希望限度額を100万円以下で申し込みされることをおすすめします。

ライフカードビジネス(スタンダード)は、希望限度額が100万円以下の場合には、法人は登記事項証明書と代表者の本人確認資料の2点、個人事業主は本人確認資料の1点のみで審査を進めることができます。

逆に、ライフカードビジネス(スタンダード)は希望限度額が高くなればなるほど必要書類が増えますので、本人確認書類のみでカードを取得したい場合には希望限度額を下げて申し込みするほうが良いでしょう。

ただし、より多くの限度額を希望する場合には、決算書や確定申告書を用意するほうが利用限度額を高く設定することができるようになります。

ライフカードビジネスは従業員カードもETCカードも全て無料

ライフカードビジネスは従業員カードもETCカードも全て無料ライフカードビジネス(スタンダード)は、年会費無料の法人カードということもあり、非常に人気の高いビジネスカードです。

また、ライフカードビジネス(スタンダード)は、従業員向けの使用者カードやETCカードも年会費無料で取得することができますので、ライフカードビジネス(スタンダード)は一切料金がかからないお得な法人カードなのです。

しかも、ライフカードビジネス(スタンダード)は500万円以上の利用限度額を設定することも可能な法人カードとなりますので、ライフカードビジネス(スタンダード)は決済額を気にすることなく利用することができます。

希望限度額が100万円以下の場合には、登記事項証明書と本人確認書類だけで取得することもできますので、ライフカードビジネス(スタンダード)は非常に便利でお得な法人カードなのです。

ライフカードビジネス(スタンダード)はETCカードも使用者カードも年会費無料