海鮮居酒屋はなの舞はクレジットカード使える?電子マネーの支払いは?

海鮮居酒屋はなの舞海鮮居酒屋はなの舞でクレジットカードや電子マネーが使えたら便利ですよね。

海鮮居酒屋はなの舞は、居酒屋チェーンのチムニー株式会社が運営している居酒屋となりますが、チムニーは海鮮居酒屋はなの舞の他にも、居酒屋チムニーや団欒炎、さかなや道場やこだわりやま、魚鮮水産や豊丸水産、居酒屋王道や軍鶏農場、やきとり道場や元気一番ホルモン道場、升屋やイタリア海鮮料理MASUYAなど、チムニーは全国に700店舗以上の様々な業態の居酒屋を展開していますので、1度は利用したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

では、海鮮居酒屋はなの舞はクレジットカードが使えるのでしょうか。チムニーが運営している居酒屋で電子マネーは利用できるのでしょうか。

JCB CARD Wは年会費無料でいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

海鮮居酒屋はなの舞はクレジットカード使える?

海鮮居酒屋はなの舞はクレジットカード使える?海鮮居酒屋はなの舞は、全国に300店舗以上を展開している居酒屋チェーンですが、海鮮居酒屋はなの舞を運営しているチムニーでは、2014年頃からクレジットカードや銀聯カードなどの決済サービスを順次導入していくことを発表しています。

そのため、海鮮居酒屋はなの舞は、ほぼ全店舗でクレジットカードを使うことができるようになっています。

また、チムニーが運営している魚鮮水産やさかなや道場、軍鶏農場や豊丸水産などの他の業態でも同じようにクレジットカード決済を導入していますので、チムニーが展開している居酒屋チェーンでは、ほぼ全店舗で通常どおりクレジットカードで支払いをすることができます。

海鮮居酒屋はなの舞は電子マネーで支払いできる?

海鮮居酒屋はなの舞は電子マネーで支払いできる?海鮮居酒屋はなの舞を運営しているチムニーは、電子マネーについても順次導入していくことを発表しています。また、利用できる電子マネーの種類についても、iDやQUICPay、WAONや楽天Edy、nanacoや交通系電子マネーを導入していく方針となっています。

そのため、海鮮居酒屋はなの舞やさかなや道場などを運営しているチムニーでは、通常どおり電子マネーの支払いも行うことができます。

ただし、チムニーが運営している海鮮居酒屋はなの舞、さかなや道場、こだわりやま、魚鮮水産、軍鶏農場、豊丸水産などは、直営店舗の他にフランチャイズ展開を行っていますので、FC加盟店によっては電子マネーに対応していない場合があります。

クレジットカード決済で利用できる国際ブランドについても、FC加盟店ごとに取扱いのブランドが異なりますので、ある店舗ではVISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブといった主要の国際ブランドが利用できる場合もあれば、店舗によってはVISA、マスターカード、JCBの3つのみが利用できる店舗、あるいはVISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレスの4つが利用できる店舗などもあります。

チムニーグループで利用できるクレジットカードブランド

VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、銀聯カード

チムニーグループで利用できる電子マネー

iD、QUICPay、WAON、楽天Edy、nanaco、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネー

※ただし、チムニーグループで利用できるクレジットカードブランドや電子マネーの種類は、各店舗ごとに異なるようになります。クレジットカードや電子マネーを利用する際には、事前に対応しているブランドや種類を確認されることをおすすめします。

チムニーグループで最もお得な支払い方法は?

海鮮居酒屋はなの舞やさかなや道場、魚鮮水産などを運営しているチムニーで最もお得な支払い方法は、dカードを提示してクレジットカードで支払うことです。

海鮮居酒屋はなの舞やさかなや道場などを展開しているチムニーは、2017年8月からNTTドコモのdポイント加盟店となりましたので、チムニーグループでdカードを提示すると、100円ごとに1ポイント(1dポイント)を獲得することができます。

また、チムニーグループの各店舗ではクレジットカード決済を導入していますので、ポイント還元率の高いクレジットカードで支払うことで、dポイントとクレジットカードポイントの二重取りができるようになります。

ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードは?

JCB CARD W・JCB CARD W plus Lポイント還元率が高いクレジットカードなら、JCB CARD Wがおすすめです。

JCB CARD Wは、年会費が無料でポイント還元率が常に1.0%の非常にお得なクレジットカードです。また、JCB CARD WはJCBオリジナルシリーズのクレジットカードとなりますので、JCB ORIGINAL SERIESパートナーのポイント優待を利用することもできます。

そのため、JCB CARD Wに入会することで、セブンイレブンやイトーヨーカドーの買い物がポイント3倍、スターバックスでポイント5倍、アマゾンがポイント3倍など、様々な店舗やお店でポイントアップが受けられるのです。

dポイントとOki Dokiポイントの二重取りができる!

はなの舞海鮮居酒屋はなの舞やさかなや道場などを運営しているチムニーグループは、dカードを提示することでdポイントを貯めることができます。

そこで、NTTドコモのdカードやゴールドカードのdカード GOLDでも同じようにポイントを獲得することができますが、年会費や他のポイント優待などを総合的に判断すると、dカードを提示してJCB CARD Wで支払うほうがお得なのです。

チムニーグループでは、dカードとJCB CARD Wを組み合わせることで、さらにお得に利用することができるようになりますので、まだJCB CARD Wを持っていない方は、早めに申し込みされることをおすすめします。

JCB CARD Wは年会費無料でいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

三井住友VISAカード

WがWでポイント4倍キャンペーン

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ