さくら水産はクレジットカード使える?電子マネーで支払いできる?

さくら水産さくら水産でクレジットカードや電子マネーが使えたら便利ですよね。

さくら水産は、料理もドリンクも非常に格安な料金設定となっている居酒屋チェーンということもあり、会社員の方だけではなく、学生の方にも人気のお店です。

また、さくら水産はランチメニューの日替わり定食が有名で、500円でご飯や味噌汁がお替り自由、さらに生玉子やお新香が食べ放題となりますので、さくら水産は他のお店と比べても、かなり安い居酒屋チェーンなのです。

では、テラケンの海産物居酒屋さくら水産はクレジットカードが使えるのでしょうか。さくら水産は電子マネーで支払いができるのでしょうか。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

さくら水産はクレジットカード使える?

さくら水産は、非常にリーズナブルな料金設定となっている人気の居酒屋チェーンですが、さくら水産は通常どおりクレジットカードが使える居酒屋チェーンです。また、さくら水産で使えるクレジットカードは、VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの各ブランドを利用することができます。

ただし、さくら水産は全店舗で決済方法を統一している居酒屋チェーンではありませんので、店舗によってはVISAとMastercardとJCBの3つのみ使える店舗、JCBとアメリカン・エキスプレスのみ使える店舗、VISAとMastercardのみ使える店舗というように、店舗ごとに使えるクレジットカードブランドが異なります。

そのため、さくら水産でクレジットカード決済を利用する際には、事前に使える国際ブランドを確認されることをおすすめします。

さくら水産で使えるクレジットカードブランド

VISA
Mastercard
JCB
アメリカン・エキスプレス
ダイナースクラブ
※さくら水産は、主に上記5つの国際ブランドを利用することができますが、店舗ごとに利用できる国際ブランドが異なります。

さくら水産は電子マネーで支払いできる?

さくら水産は、現金払いの他にクレジットカード払いを利用することができる居酒屋チェーンですが、さくら水産では電子マネーには対応していませんので、電子マネーによる支払いはできません。

ごく一部の店舗では、電子マネーを利用できる場合もありますが、基本的にはさくら水産で電子マネーを利用することはできませんので、現金払い、又はクレジットカード払いを利用することとなります。

その他、さくら水産はジェフグルメカードを利用することができます。ジェフグルメカードは、お釣りをもらうことができる商品券ということもあり、金額に関係なく利用することができますので、かなりお得です。

また、さくら水産はアプリをダウンロードすることで、何度でも5%OFFクーポンを利用することができるようになりますので、さくら水産で食事をする際には、アプリをダウンロードしてから利用されることをおすすめします。

さくら水産はポイント還元率が高いクレジットカードで支払うほうがお得

さくら水産は、格安な料金で利用できる居酒屋チェーンではありますが、さくら水産の支払い方法は現金払いの他にクレジットカードを使うことができますので、クレジットカードで支払うことで、さらにお得に利用することができるようになります。

ただ、クレジットカードのポイント還元率は、クレジットカードの種類によって大きく異なりますので、還元率の低いクレジットカードで支払うと、かなり損をすることになります。

そこで、ポイント還元率が高いお得なクレジットカードなら、オリコカードザポイントがおすすめです。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイントがどんどん貯まる!

オリコカードザポイントは、基本となるポイント還元率が1.0%で、さらにカード入会後の6ヶ月間はポイントが2倍になるクレジットカードです。しかも、オリコカードザポイントは、年会費無料でETCカードや家族カードも全て無料で取得することができますので、オリコカードザポイントは非常にお得なクレジットカードなのです。

オリコカードザポイントは、電子マネーのiDとQUICPayをダブル搭載することができるクレジットカードとなりますので、他のクレジットカードよりも何倍も便利に利用することができます。さくら水産の支払いなら、オリコカードザポイントが最もおすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ