三井住友VISAアミティエカードとアミティエカード(学生)の違い

三井住友VISAアミティエカード三井住友VISAアミティエカードは、三井住友VISAカードが発行している女性専用のクレジットカードとなりますが、三井住友VISAアミティエカードには、社会人向けのアミティエカードと、学生向けのアミティエカードの2種類があります。

通常のアミティエカードも、学生向けのアミティエカードも、海外旅行・国内旅行時の旅行傷害保険やショッピング補償などの基本的な付帯サービスはほぼ同一となりますが、いくつか異なる点もあります。

そこで、社会人向けのアミティエカードと、学生向けのアミティエカードの違いについてまとめました。

女性専用の三井住友VISAアミティエカードなら旅行もショッピングも安心

アミティエカードとアミティエカード(学生)の違い

三井住友VISAアミティエカードには、社会人向けのアミティエカードと、学生向けのアミティエカードの2種類がありますが、申し込み条件もほぼ同一で、高校生を除く18歳以上の女性の方なら、三井住友VISAアミティエカードを取得することができます。

ただ、三井住友VISAアミティエカード(学生)は、大学生や短大生といった学生の方専用のクレジットカードとなりますので、社会人の方は利用することができないクレジットカードです。

そこで、社会人向けと学生向けのアミティエカードの大きな違いは、学生向けのアミティエカードは、在学中は年会費無料として利用することができることです。

アミティエカード(学生)には、特に年会費無料の条件などはありませんので、学生の方ならアミティエカードを無料で取得することができるのです。

三井住友VISAアミティエカードの年会費は?年会費を無料にする方法

アミティエカードとアミティエカード(学生)の利用限度額の違い

三井住友VISAアミティエカードは、社会人向けと学生向けの2種類がありますが、もう1つ大きな違いがあります。それは、クレジットカードの利用限度額が異なることです。

これは、三井住友VISAカードに限らず、他のクレジットカードでも同じですが、大学生や短大生といった学生の方がクレジットカードを取得する際には、カードの利用限度額が制限されることがあります。

特に学生の方は、本業が学生ですから安定した収入を得られていないということもあり、学校を卒業後に、改めて利用限度額が見直されるのが一般的です。

そのため、三井住友VISAアミティエカードでは、学生向けのアミティエカードは利用限度額が10万円~30万円の範囲内で設定されることとなります。20歳以上の学生の方で、親権者の同意がない場合には、利用限度額が10万円として設定されます。

逆に、学校を卒業された社会人の方が、三井住友VISAアミティエカードに申し込みを行うと、現在のご自身の収入の範囲内で利用限度額が設定されますので、初めてクレジットカードを作ったという方でも30万円~50万円前後で設定されることが多いのです。

また、三井住友VISAカードの公式サイトでは、社会人向けのアミティエカードの利用限度額は10万円~80万円となっていますが、その後の利用状況や返済状況によっては、100万円以上の利用限度額が設定されることもあります。

アミティエカードとアミティエカード(学生)の違いは、主に年会費と利用限度額が異なります。それ以外の旅行傷害保険やショッピング補償などの付帯サービス、iDやWAONといった電子マネーの利用なども同一のサービスを受けることができます。

三井住友VISAアミティエカードは、女性専用のクレジットカードということもあり、使い勝手の良いお得なクレジットカードです。社会人向けのアミティエカードの年会費無料の条件も、どなたでもすぐに達成できる内容となりますので、アミティエカードは実質年会費無料で利用できる非常におすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

女性専用の三井住友VISAアミティエカードなら旅行もショッピングも安心

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ