イオンカードの仮カードとは?ETCやポイント、限度額や使えるお店は?

イオンカードの仮カードイオンカードの仮カードとは、VISAやMastercard、JCBの国際ブランドが付いたクレジットカードが手元に届くまでの間に、一時的にクレジットカードが利用できる仮のカードです。

イオンカードは、即日発行に対応したイオンカードセレクトやイオンカード(WAON一体型)の申し込みの際に当日受け取りを希望すると、カード店頭受取りサービスとしてイオンの各店舗で仮カード(即時発行カード)をすぐに受け取ることができます。

では、イオンカードはETCカードも即日で受け取ることができるのでしょうか。イオンの仮カードのポイントや限度額、使えるお店や使えないお店についてまとめました。

イオンカードは年会費無料!いつでもポイント2倍でお客さま感謝デーは5%OFF

イオンカードの仮カードとは?

イオンカードの仮カードとは?イオンカードは、申し込み時にカードの受け取り方法を郵送ではなく、イオンの各店舗でカードの受け取りを希望することで、申し込みをした当日中にすぐにクレジットカードを利用することができます。

しかし、イオンカードが即日で発行しているカードは、あくまでも仮カードとなりますので、通常のクレジットカードとは使い方や利用方法が若干異なるようになります。

また、イオンの仮カードは全てのお店で使えるわけではありませんので、仮カードが「使えるお店」と「使えないお店」があります。仮カードが使えないお店で仮カードを提示してもクレジットカードで支払うことはできませんので、イオンの仮カードは使えるお店を把握した上で利用することが重要です。

イオンカードのETCカードは即日発行できる?

イオンカードのETCカードは即日発行が可能です。イオンカードの申し込み時に、クレジットカードとETCカードを同時に申し込むことで、即日でETCカードを受け取ることができます。

また、ETCカードには仮カードはありませんので、即日で受け取ったETCカードでも、通常のETCカードとしてすぐに利用することができます。

イオンカードは即日発行できる?発行条件・審査に必要なものは?

イオンカードの仮カードのポイントは?

イオンカードの仮カードのポイントは?イオンカードの仮カードは、仮のクレジットカードとして利用することができるクレジットカードではありますが、ポイントについては仮カードでも通常のクレジットカードと同じように貯めることができます。

イオンカードは、200円の買い物ごとに1ポイントが付与されるクレジットカードとなりますので、仮カードでも同じようにポイントが貯まります。そのため、イオンの仮カードは、仮カードだからポイントが貯まらないとか、仮カードだと損をするということは一切ありませんので、通常どおり利用することができます。

ただし、仮カードで電子マネーのWAONは使えませんので、仮カードでWAONポイントを貯めることはできません。仮カードは、あくまでもイオンカードのときめきポイントを貯めることができるカードとなります。

仮カードのポイント還元率

ときめきポイント

ポイント還元率0.5%
※通常のイオンカードと同様に、200円ごとに1ポイントが付与されます。

WAONポイント

なし
※仮カードでは電子マネーのWAONは利用できません。

イオンカードの仮カードの限度額は?

イオンカードの仮カードの限度額は?イオンカードの仮カードは、カードを受け取った直後から通常どおり利用することができる便利なクレジットカードですが、仮カードの限度額は、おおむね10万円~30万円程度となります。

また、原則として仮カードでキャッシングは利用することができませんので、「ショッピング枠10万円~30万円」「キャッシング枠0円」となります。

クレジットカードの利用限度額は、申し込みを行った方の職業や勤続年数、年収や返済能力などの属性によって大きく異なりますので、仮カードの限度額についても、一律でいくらと決まっているものではありません。その方によって限度額が10万円の場合もあれば、20万円、30万円というケースもあります。

ただし、イオンの仮カードは、あくまでも仮のクレジットカードとなりますので、限度額が50万円以上、あるいは100万円以上になることはありません。

仮カードは、通常のクレジットカードが到着するまでの間に一時的に利用するクレジットカードですから、仮カードの限度額は10万円~30万円の範囲内となります。

仮カードが使えるお店は?仮カードが使えないお店は?

仮カードが使えるお店は?仮カードが使えないお店は?イオンカードの仮カードは、イオングループで利用できるクレジットカードとなります。

そのため、仮カードが使えるお店は、イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどで利用することができます。逆に、仮カードが使えないお店は、イオングループ以外の全てのお店や店舗が利用不可となります。

イオンの仮カードは、イオングループの各店舗で通常どおりクレジットカードとして利用できるカードではありますが、仮カードにはVISA、Mastercard、JCBといった国際ブランドはありませんので、仮カードはイオングループ以外では買い物をすることができないのです。

ただし、仮カードでも毎月20日・30日のお客さま感謝デーや毎月15日のG.G感謝デー、毎月10日のときめきWポイントデーなどの会員特典は利用することができます。

イオンの仮カードは、仮のクレジットカードではありますが、5%割引やポイントアップなどの優待特典は通常どおり活用することができますので、イオンやイオンモール、ダイエーやマックスバリュなどのイオングループで買い物をする際には、イオンカードに申し込みをして仮カードを受け取ってから買い物をされることをおすすめします。

イオンカードは年会費無料!いつでもポイント2倍でお客さま感謝デーは5%OFF

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ