三井住友VISAアミティエカードの海外旅行・国内旅行傷害保険は?

三井住友VISAアミティエカード三井住友VISAアミティエカードは、三井住友VISAカードが発行している女性の方向けのクレジットカードとなりますが、アミティエカードは2年目以降も実質年会費無料で利用することができるクレジットカードです。

また、三井住友VISAアミティエカードは、実質年会費無料のクレジットカードにもかかわらず、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が非常に充実しているクレジットカードなのです。

そこで、三井住友VISAアミティエカードの海外旅行時の旅行傷害保険について、国内旅行時の旅行傷害保険についてまとめました。

女性専用の三井住友VISAアミティエカードなら旅行もショッピングも安心

三井住友VISAアミティエカードの旅行傷害保険

三井住友VISAアミティエカードの旅行傷害保険は、国内旅行・海外旅行共に付帯されているクレジットカードとなります。

また、三井住友VISAアミティエカードの旅行傷害保険は、自動的に付帯される自動付帯分と、旅行代金を支払うことで付帯される利用付帯分で、旅行傷害保険の最高額が異なるようになります。

三井住友VISAアミティエカードの旅行傷害保険(海外旅行の場合)

傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
※傷害死亡・後遺障害の自動付帯分:300万円
※傷害死亡・後遺障害の利用付帯分:1,700万円
傷害治療費用:100万円
疾病治療費用:100万円
賠償責任:2,500万円
携行品損害:20万円(自己負担:1事故3,000円)
救援者費用:150万円
ショッピング補償:年間100万円

三井住友VISAアミティエカードの旅行傷害保険(国内旅行の場合)

傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
※傷害死亡・後遺障害の自動付帯分:300万円
※傷害死亡・後遺障害の利用付帯分:1,700万円

三井住友VISAアミティエカードの旅行傷害保険で、自動付帯と利用付帯で異なるのは、傷害死亡・後遺障害となります。それ以外の傷害治療費用や疾病治療費用、賠償責任などは、アミティエカードの利用有無に関係なく、自動的に付帯されます。

クレジットカードの旅行傷害保険は必須

三井住友VISAアミティエカードは、海外旅行・国内旅行共に旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードですが、一般的な他のクレジットカードには、旅行傷害保険が付帯されていないクレジットカードも数多くあります。

旅行傷害保険とは、万が一、旅行中に事故に遭ったり、病気になった時の保険となりますので、何度も繰り返し利用するものではありません。

しかし、いつどこで事故に遭うか、病気になるかは誰にもわからないものです。いざという時のためにも、クレジットカードに旅行傷害保険が付帯されているほうが、何倍も安心できるものなのです。

特に、ポイント還元率が高いクレジットカードや割引購入ができるクレジットカードには、旅行傷害保険が付帯されていない場合が多くなっています。

そのため、クレジットカードを取得する際には、旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードと、割引購入やポイント還元が受けられるクレジットカードのそれぞれを保有することが重要です。

三井住友VISAアミティエカードのように、国内・海外共に旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードで、尚且つ実質年会費無料で取得できるクレジットカードもありますので、こういったクレジットカードを持っていると、万が一の時でも非常に安心なのです。

女性専用の三井住友VISAアミティエカードなら旅行もショッピングも安心

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ