リクルートカードのお得なポイントの使い道は?ポイントの有効期限は?

リクルートカードリクルートカードは、ポイント還元率が1.2%の高還元率のクレジットカードです。

また、リクルートカードはクレジットカードもETCカードも家族カードも全て年会費無料で利用することができますので、リクルートカードは非常にお得なクレジットカードなのです。

そこで、リクルートカードのお得なポイントの使い道について、ポイントの有効期限についてまとめました。

リクルートカードは年会費無料でポイント還元率が1.2%

リクルートカードのポイントの特徴は?

リクルートカードのポイントの特徴は?リクルートカードは、年会費無料でポイント還元率が1.2%の非常にお得なクレジットカードですが、リクルートカードで貯まるポイントは、じゃらんやポンパレモール、ホットペッパーグルメやHot Pepper Beautyなどのリクルートグループで使えるリクルートポイントとして付与されるようになります。

リクルートポイントは、1ポイントあたり1円相当としてリクルートグループで利用できるポイントプログラムですが、リクルートポイントは原則として商品券やギフト券などに交換することができないポイントとなります。

また、リクルートポイントは他のクレジットカードのように貯まったポイントを日用品や食料品、家具・家電に交換することもできませんので、リクルートポイントはあまり使い勝手の良いポイントサービスではないのです。

リクルートポイントの有効期限

ポイントが加算された12ヶ月後の月末まで
    リクルートポイントの有効期限は、ポイントが加算された月の12ヶ月後の月の月末までとなります。新たにポイントを獲得すると有効期限が延長されますので、リクルートポイントの有効期限は最後にポイントが加算されてから1年後までと覚えておくと良いでしょう。

リクルートカードのお得なポイントの使い道は?

リクルートカードのお得なポイントの使い道は?リクルートカードで貯まるポイントは、リクルートグループで使えるリクルートポイントとなりますので、基本的にはリクルート関連のサービスでのみ利用することができるポイントとなります。

ただ、リクルートポイントはPontaポイントと統合しましたので、リクルートカードで貯まったポイントは1ポイント単位でPontaポイントに交換することができます。

Pontaポイントは、オリジナルグッズやキャラクターグッズ、家電やインテリア雑貨、食料品や日用品などに交換することができるポイントサービスです。

また、Pontaポイントはスーパーやコンビニ、百貨店やドラッグストア、飲食店やネット通販など、数多くの店舗やお店で使うことができますので、リクルートポイントはPontaポイントに交換するのが最もお得な使い道となります。

リクルートポイントはPontaポイントへの移行で使い道が広がる!

リクルートポイントはPontaポイントへの移行で使い道が広がる!リクルートカードで貯まるポイントは、じゃらんやホットペッパーグルメなどのリクルートグループで使えるポイントということもあり、リクルート関連のサービスをあまり利用しないという方には、かなり使い勝手の悪いポイントサービスとなります。

また、リクルートポイントは商品券やギフト券などに交換することもできませんので、どのように使えば良いのか困っているという方も多いのです。

そこで、リクルートカードで貯まったポイントは、全てPontaポイントに移行されることをおすすめします。

Pontaポイントはローソンのお試し引換券がお得

ローソンPontaポイントは、リクルートポイントよりも提携店舗や使えるお店が数多くありますので、Pontaポイントに交換することで使い道が何倍にも広がります。

また、Pontaポイントはローソンのお試し引換券に交換することで、1ポイントあたりの価値を2円~3円に引き上げることができます。商品によっては、1ポイントあたり3円~4円以上の価値に大幅アップしますので、ローソンのお試し引換券は非常にお得です。

リクルートカードはPontaポイントに交換することで、リクルートグループ以外でも自由に利用することができるようになります。

リクルートカードは年会費無料でポイント還元率が1.2%

ライフカードCh(年会費あり)

JCB CARD R

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

三井住友VISAカード

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ