バンドルカードのリアルカードとリアル+(プラス)の違いは?

リアルカードバンドルカードはネット通販やオンラインショップで利用できるバーチャルカードと、スーパーやコンビニなどの実店舗で利用できるリアルカードがあります。

また、実店舗で利用できるバンドルカードのリアルカードには、残高の上限額や1回のチャージ金額、月間のチャージ上限額や有効期限内のチャージ累計額が大幅にアップするリアル+(プラス)もラインナップされています。

では、バンドルカードのリアルカードとリアル+(プラス)は何が違うのでしょうか。バーチャルカードとリアルカードの違いについてまとめました。

バンドルカードは審査なしで誰でも作れるVisaプリペイドカード



バーチャルカードとリアルカードの違いは?

バーチャルカードとリアルカードの違いは?バンドルカードは、インターネット上で買い物をすることができるバーチャルカードと、コンビニやドラッグストア、スーパーや百貨店などの店舗やお店で使うことができるリアルカードの2つがあります。

そこで、バンドルカードのバーチャルカードとリアルカードの違いは、実店舗で使えるかどうかの違いがあります。

バーチャルカードとリアルカードは、1日あたりのチャージ上限額や月間のチャージ上限額、残高の上限額などは全て同じですが、バンドルカードはリアルカードを取得することで、実店舗でも支払うことができるようになるVisaプリペイドカードです。

また、バーチャルカードは年会費無料・手数料無料で利用することができますが、店舗やお店で使えるリアルカードはカードを発行する際に発行手数料がかかります。

バーチャルカードの特徴

最速1分ですぐに使える
    バンドルカードのバーチャルカードは、すぐに使うことができます。特に面倒な設定や審査なども一切ありませんので、アプリをダウンロードしたらすぐに利用を開始できます。
1円の料金もかからずに使える
    バーチャルカードはオンライン専用のプリペイドカードということもあり、1円の料金もかからずに利用することができます。また、クレジットチャージやコンビニチャージ、ネット銀行やペイジーからのチャージを利用することで、チャージ手数料も無料で利用できます。
日本国内・海外のオンラインVisa加盟店で使える
    バーチャルカードはネット通販やオンラインストア専用の決済アプリとなりますので、日本国内と海外のオンライン上のVisa加盟店で使うことができます。

リアルカードの特徴

実店舗で利用できる
    リアルカードは、ネット通販やオンラインストア以外に、日本国内のVisa加盟店の実店舗で利用することができるカードです。リアルカードを取得することで、一般的なクレジットカードと同じように買い物をすることができます。
カード発行時の手数料がかかる
    リアルカードは、カード発行手数料として300円、又は400円がかかります。

バンドルカードの年会費は?入会金や維持費、発行手数料やチャージ手数料は?

リアルカードとリアル+(プラス)の違いは?

リアルカードとリアル+(プラス)の違いは?バンドルカードのリアルカードとリアル+(プラス)の違いは、利用できる店舗が異なります。

リアルカードとリアル+(プラス)は、どちらも実店舗で使えるVisaプリペイドカードですが、リアル+(プラス)はガソリンスタンドやホテル・旅館などの宿泊施設でも利用することができます。

また、リアル+(プラス)は日本国内のVisa加盟店以外にも、海外の実店舗でも使うことが可能です。リアル+(プラス)はチャージ上限が大幅に引き上げられていますので、大きな買い物をする方や利用金額が多い方、海外で使いたいという方向けのカードと言えます。

リアルカードとリアル+(プラス)を比較

海外で使えるVisa加盟店の違い

リアルカードは海外の実店舗では利用できませんが、リアル+(プラス)は海外の実店舗でも使うことができます。

残高やチャージの上限金額の違い

リアルカードとリアル+(プラス)はどちらもチャージ方法は同じですが、チャージ残高やチャージ上限が大きく異なります。

バーチャルカードとリアルカードの上限1回あたりのチャージ上限額:3万
月間のチャージ上限額:12万円
有効期限内のチャージ累計額:100万円
残高の上限額:10万円
リアル+(プラス)の上限1回あたりのチャージ上限額:10万
月間のチャージ上限額:200万円
有効期限内のチャージ累計額:上限なし
残高の上限額:100万円
利用できない店舗の違い

リアル+(プラス)はガソリンスタンドや宿泊施設でも利用することができます。

バンドルカードの使い方は?使える場所や使えない店舗、国内・海外の利用は?

カード発行手数料の違い

リアルカードはカード発行手数料として300円、又は400円がかかります。リアル+(プラス)はカード発行手数料が600円、又は700円となります。


海外で使うならリアル+(プラス)のほうが便利

海外で使うならリアル+(プラス)のほうが便利リアルカードとリアル+(プラス)はネット通販やオンラインストアだけではなく、実店舗でも利用することができるVisaプリペイドカードです。

ただ、リアルカードとリアル+(プラス)はチャージ上限や残高の上限が大きく異なりますので、1ヶ月間に10万円~20万円以上の買い物をするという場合は、リアル+(プラス)がおすすめです。

また、リアル+(プラス)は海外のVisa加盟店でも利用することができますので、海外出張が多い方や海外旅行で使いたいという方はリアル+(プラス)を利用することになります。

リアル+(プラス)は有効期限内のチャージ累計額に上限がありませんので、いくらでもチャージをすることができるプリペイドカードです。上限金額を気にせずに利用したいという方はバンドルカードのリアル+(プラス)がおすすめです。

バンドルカードは審査なしで誰でも作れるVisaプリペイドカード


JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ