エポスプラチナカードの年会費はいくら?年会費を無料にするには?

エポスプラチナカードエポスプラチナカードは、エポスカードが発行している最上位のクレジットカードとなりますが、エポスプラチナカードは、プラチナグルメクーポンやプライオリティ・パス、空港ラウンジサービスやプラチナコンシェルジュなど、プラチナカードとして最高クラスのサービスを受けることができるクレジットカードです。

しかも、エポスプラチナカードは、かなりポイントが貯めやすいクレジットカードですから、ステータス性だけではなく、実用性にも優れたプラチナカードなのです。

では、エポスプラチナカードの年会費はいくらなのでしょうか。エポスプラチナカードの年会費を無料にすることはできるのでしょうか。

エポスカードなら即日発行可能!年会費永年無料・優待7000店舗

エポスプラチナカードの年会費は?

エポスプラチナカードの年会費は、税込20,000円となります。

エポスカードは、年会費無料で取得することができるクレジットカードではありますが、エポスプラチナカードは、ゴールドカードのさらに上位となるプラチナカードということもあり、税込20,000円の年会費となっています。

また、エポスプラチナカードの年会費は、エポスゴールドカードのようなインビテーションによる年会費優遇はありません。エポスカードからのインビテーション(招待)による年会費優遇は、エポスゴールドカードのみとなります。

エポスゴールドカードの年会費は?年会費を永年無料にするには?

ただ、エポスプラチナカードと他のプラチナカードを比較すると、エポスプラチナカードは、かなり格安な年会費のプラチナカードとなります。通常プラチナカードは、年会費が5万円~10万円程度のクレジットカードですから、エポスプラチナカードは非常にお得なプラチナカードなのです。

しかも、エポスプラチナカードには、年間のカード利用代金に応じたボーナスポイントがありますので、実質年会費無料でエポスプラチナカードを利用することができます。

エポスプラチナカードの年会費を無料にするには?

エポスプラチナカードは、年会費として税込20,000円がかかるクレジットカードとなりますが、ある方法を利用することで、エポスプラチナカードの年会費を実質無料にすることができます。

それが、エポスプラチナカードのボーナスポイントです。エポスプラチナカードのボーナスポイントとは、クレジットカードで買い物をした際に付与される通常のポイントとは別に、年間のクレジットカード利用代金に応じて付与されるボーナスポイントになります。

エポスプラチナカードのボーナスポイントは、年間100万円以上の買い物をすることで、どなたでも無条件でボーナスポイントを受け取ることができるようになります。

エポスプラチナカードのボーナスポイント

※年間のクレジットカード利用金額が100万円以上でポイントが付与されます。
100万円以上:20000ポイント
200万円以上:30000ポイント
300万円以上:40000ポイント
500万円以上:50000ポイント
700万円以上:60000ポイント
900万円以上:70000ポイント
1100万円以上:80000ポイント
1300万円以上:90000ポイント
1500万円以上:100000ポイント

エポスプラチナカードのポイントは、1ポイントあたり1円相当となりますので、エポスプラチナカードで1年間に100万円以上の買い物をすると、実質年会費が無料になるのです。

さらに、エポスプラチナカードで年間200万円以上の買い物をすると、付与されるボーナスポイントがどんどん増えていきますので、エポスプラチナカードを使えば使うほど、より多くのポイントを獲得することができます。

エポスプラチナカードは、エポスゴールドカードのように、インビテーションによる年会費の優遇などはありませんが、ボーナスポイントが最大100000ポイント(100,000円相当)まで付与されますので、エポスプラチナカードはかなりお得なクレジットカードなのです。

エポスカードは、クレジットカードで買い物をすることで、エポスゴールドカード⇒エポスプラチナカードというように、ステップアップをすることができるクレジットカードですから、エポスカードは非常におすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

エポスカードなら即日発行可能!年会費永年無料・優待7000店舗

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ