エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの違いは?おすすめはどっち?

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの違いは?おすすめはどっち?エポスゴールドカードとエポスプラチナカードは何が違うのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードは、どちらもエポスカードが発行しているクレジットカードですが、エポスプラチナカードは最上位のプラチナカードとなりますので、最高1億円の海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、プライオリティ・パスや空港ラウンジサービス、プラチナグルメクーポンやプラチナコンシェルジュなどの様々な優待特典を利用することができます。

また、エポスプラチナカードは年間のクレジットカード利用金額に応じて、最大10万円分のボーナスポイントを受け取ることができますので、エポスプラチナカードはエポスゴールドカードよりも何倍もお得なクレジットカードです。

エポスカードなら即日発行可能!年会費永年無料でお得にポイントが貯まる!

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの違い

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードの違いエポスカードが発行しているエポスゴールドカードとエポスプラチナカードの最も大きな違いは、「ゴールドカード」と「プラチナカード」の違いです。

ゴールドカードはワンランク上のクレジットカードとなりますので、一般カードのエポスカードよりも充実した会員特典を利用することができます。しかし、プラチナカードはゴールドカードのさらに上位となるプレミアムカードとなりますので、ゴールドカードの会員特典にプラスして、プラチナカードの優待も利用することができます。

ただ、エポスゴールドカードは年会費無料で取得できるクレジットカードですが、エポスプラチナカードはインビテーションによる取得で年会費が20,000円、エポスカードからのインビテーションなし(招待無し)で取得すると年会費が30,000円となります。

年会費の違い

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードは年会費が大きく異なります。

エポスゴールドカードは直接申し込みを行うと年会費が5,000円となりますが、エポスカードからのインビテーションでゴールドカードに入会すると年会費無料です。エポスプラチナカードは直接申し込みを行うと年会費30,000円、インビテーションによる取得で年会費が20,000円です。

エポスプラチナカードは最上位となるプラチナカードとなりますので、年会費が有料のクレジットカードです。

年間ボーナスポイントの違い

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードは、どちらも年間のカード利用金額に応じてボーナスポイントを獲得することができます。

ただ、エポスゴールドカードは年間50万円のカード利用で2,500ポイント、年間100万円のカード利用で10,000ポイントが付与されますが、エポスプラチナカードは年間100万円のカード利用で20,000ポイント、年間200万円で30,000ポイント、年間300万円で40,000ポイントが受け取れます。

エポスプラチナカードの年間ボーナスポイントは最大10万円分のポイントを獲得することができますので、年間100万円以上のショッピング利用の方は、ゴールドカードよりもプラチナカードのほうがお得です。

ゴールドカードのボーナスポイント年間50万円のカード利用:2,500ポイント
年間100万円のカード利用:10,000ポイント
プラチナカードのボーナスポイント年間100万円のカード利用:20,000ポイント
年間200万円のカード利用:30,000ポイント
年間300万円のカード利用:40,000ポイント
年間500万円のカード利用:50,000ポイント
年間700万円のカード利用:60,000ポイント
年間900万円のカード利用:70,000ポイント
年間1,100万円のカード利用:80,000ポイント
年間1,300万円のカード利用:90,000ポイント
年間1,500万円のカード利用:100,000ポイント

お誕生月ポイントの違い

エポスプラチナカードは誕生月に買い物をするとポイントが2倍になります。そのため、エポスプラチナカードで誕生月にマルイで買い物をするとポイント4倍(通常時ポイント2倍)、その他のVisa加盟店の買い物はポイント2倍(通常時ポイント1倍)になります。

ファミリーボーナスポイントの違い

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードはエポスファミリーゴールドを利用することで、通常のポイントとは別でファミリーボーナスポイントが受け取れますが、エポスプラチナカードはゴールドカードの2倍のファミリーボーナスポイントが付与されます。

ゴールドカードのファミリーボーナスポイント年間100万円のカード利用:1,000ポイント
年間200万円のカード利用:2,000ポイント
年間300万円のカード利用:3,000ポイント
プラチナカードのファミリーボーナスポイント年間100万円のカード利用:2,000ポイント
年間200万円のカード利用:4,000ポイント
年間300万円のカード利用:6,000ポイント

エポスファミリーゴールドとは?年会費や審査、ボーナスポイントは?

海外旅行傷害保険の補償内容の違い

エポスゴールドカードは最高1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。エポスプラチナカードは最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯されていますので、ゴールドカードとプラチナカードは旅行保険の補償額に10倍もの差があります。

国内旅行傷害保険の違い

エポスプラチナカードは最高1億円の国内旅行傷害保険が付帯されています。しかし、エポスゴールドカードには国内旅行傷害保険は付帯されていませんので、国内旅行傷害保険はプラチナカードのみとなります。

旅行傷害保険の家族特約の違い

エポスプラチナカードの旅行保険は家族特約が付帯されていますので、海外旅行・国内旅行共に本会員の補償だけではなく、本会員の家族も手厚い補償が受けられます。ゴールドカードの旅行保険には家族特約は付帯されていません。

空港ラウンジサービスの違い

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードは、国内主要の空港ラウンジと海外2ヶ所の空港ラウンジが利用できます。エポスプラチナカードは本会員の他に、同伴者1名が無料です。

プライオリティ・パスの違い

エポスプラチナカードは世界中の空港ラウンジが無料で利用できる年会費429ドル(約5万円相当)のプライオリティ・パスを取得することができます。エポスゴールドカードはプライオリティ・パスを使うことはできません。

プラチナカード会員限定サービス

グルメクーポンの違い

エポスプラチナカード会員は、全国約100店舗の高級レストランの飲食代金が1名分無料になります。

プラチナゴルフの違い

エポスプラチナカード会員は、海外・国内の有名ゴルフ場を特別価格で利用することができます。

プラチナトラベルの違い

エポスプラチナカード会員は、国内旅行や海外旅行を優待価格で利用することができます。

プラチナ空港手配の違い

エポスプラチナカード会員は、国際線を利用する際に自宅~空港間を優待価格で荷物を運ぶことができます。

プラチナ海外WiFiレンタルの違い

エポスプラチナカード会員は、通常レンタル料金の40%OFFでWiFiを利用することができます。

コンシェルジュサービスの違い

エポスプラチナカード会員は、ホテルや旅館、レストランなどの予約・手配をコンシェルジュセンターに依頼することができます。

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードはどっちがお得?

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードはどっちがお得?おすすめは?エポスカードのエポスゴールドカードは年会費無料で取得することができるゴールドカードです。エポスプラチナカードは年会費が有料(20,000円、又は30,000円)のプラチナカードとなります。

そこで、エポスゴールドカードとエポスプラチナカードはどちらがお得なのかとなりますが、エポスプラチナカードのボーナスポイントや誕生月のポイント2倍、旅行保険やプライオリティ・パスなどを考えると、年間100万円以上のクレジットカード利用がある方はプラチナカードのほうがお得です。

逆に、年間のカード利用が50万円以下、あるいは年間100万円以下となると、エポスプラチナカードで獲得できるボーナスポイントがかなり少なくなりますので、あまりクレジットカードで買い物をしないという方はエポスゴールドカードのほうがお得です。

エポスプラチナカードは年間100万円以上でお得になるクレジットカード

エポスプラチナカードは年会費が有料のクレジットカードではありますが、年間ボーナスポイントが最大10万円分まで付与されますので、エポスプラチナカードは使えば使うほどお得になるクレジットカードです。

また、エポスプラチナカードは最高1億円の旅行傷害保険や空港ラウンジサービス、プラチナコンシェルジュやプライオリティ・パスなど、エポスプラチナカードは数多くの優待特典が利用できますので、旅行が好きな方や仕事で出張が多い方に最適なクレジットカードです。

エポスゴールドカードは年会費無料のお得なクレジットカード

エポスゴールドカードは年会費が無料でワンランク上のサービスが利用できるお得なクレジットカードです。また、エポスゴールドカードにも年間ボーナスポイントがありますので、効率よくポイントを貯めることができます。

ただ、エポスゴールドカードとエポスプラチナカードは会員特典に大きな差がありますので、年間100万円以上のカード利用が見込めるという方はプラチナカードを取得するほうが断然お得です。

さらに、エポスファミリーゴールドを活用することで、ゴールドカードの2倍のボーナスポイントを受け取ることができますので、年会費を支払ったとしてもプラチナカードを取得するほうがお得なのです。

エポスカードはインビテーションによる取得で年会費が優遇される

エポスゴールドカードとエポスプラチナカードは、公式サイトの申し込みフォームからそのまま申し込みをしてしまうと、通常の年会費がかかるようになります。

しかし、エポスカードからのインビテーションで取得すると年会費が優遇されますので、ゴールドカードは年会費無料、プラチナカードは年会費20,000円に割引となります。そのため、エポスゴールドカード、エポスプラチナカードを取得する際には、必ずエポスカードからのインビテーションで切り替えを行われることをおすすめします。

エポスカードなら即日発行可能!年会費永年無料でお得にポイントが貯まる!

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ