JCB一般法人カードのポイント還元率は?ポイントの貯め方とは?

JCB一般法人カードJCB一般法人カードは、ジェーシービーが発行している法人専用のクレジットカードとなりますが、JCB一般法人カードは、一般的な個人向けのクレジットカードと同じように、毎月の利用代金に応じてポイントを貯めることができる法人カードです。

また、JCB一般法人カードで貯まったポイントは、ギフト券や商品券、家電などに交換することができますので、JCB一般法人カードは非常にお得な法人カードなのです。

そこで、JCB一般法人カードのポイント還元率について、JCB一般法人カードのポイントの貯め方についてまとめました。

JCB一般法人カードは初年度の年会費無料でポイントがどんどん貯まる法人カード

JCB一般法人カードのポイント還元率は?

JCB一般法人カードは、国際ブランドのジェーシービーが発行している法人カードですが、JCB一般法人カードで貯まるポイントは、ジェーシービーの個人向けクレジットカードと同じ「Oki Dokiポイント」として貯めることができます。

そのため、JCB一般法人カードのポイント還元率は、個人向けクレジットカードと同様に、1,000円に付き1ポイント(1ポイントあたり5円相当)が貯まりますので、JCB一般法人カードのポイント還元率は0.5%です。

JCB一般法人カードは、会社の経費をクレジットカードで決済することとなりますので、個人で利用するよりも毎月高額な利用金額になることが予想されます。JCB一般法人カードで付与されるポイントには上限がありませんので、かなりお得に活用することができるのです。

JCB一般法人カードでポイントを貯めるには?

JCB一般法人カードでポイントを上手に貯めるには、会社の経費を支払う際に、クレジットカード決済が可能なものは全てJCB一般法人カードで支払うことです。

また、JCB一般法人カードを活用することで、銀行振り込み時の振込手数料を0円にすることができますので、ポイントを貯める以外にも様々なメリットがあります。

ポイント型とキャッシュバック型の違い
    JCB法人カードは、毎月の利用代金に応じてポイントを貯めることができる「ポイント型」と、毎月の利用金額に応じて最大3%までキャッシュバックを受けることができる「キャッシュバック型」の2つがあります。ポイント型の法人カードは、上限なしでポイントをどんどん貯めることができる特徴があります。キャッシュバック型の法人カードは、交通費や出張旅費に対して最大3%のキャッシュバックを受けることができます。
    そこで、ポイント型とキャッシュバック型は、どちらがお得なのかについては、毎月の交通費や旅費がいくらなのかによって異なるようになります。仮に、毎月の交通費や出張旅費が50万円を超える場合には、キャッシュバック型のJCB法人カードを利用するほうがお得です。しかし逆に、毎月の支出が通信費や広告費、仕入費用のほうが多い場合には、キャッシュバック型の法人カードでは、ほとんどキャッシュバックを受けることができませんので、ポイント型を活用するほうがお得です。
    特にポイント型の法人カードは、付与されるポイントに上限がありませんので、法人カードで決済する金額が大きくなればなるほど、ポイント型のJCB法人カードを利用するほうがお得になるのです。

JCB一般法人カードは、上限なしでポイントを貯めることができる法人カードです。しかも、JCB一般法人カードは、個人向けのJCBカードと同じOki Dokiポイントを貯めることができますので、非常に使い勝手の良いポイントを貯めることができるのです。

JCB一般法人カードは、国際ブランドのジェーシービーが直接発行している法人カードですから、どなたでも安心して申し込みを行うことができるでしょう。

JCB一般法人カードは初年度の年会費無料でポイントがどんどん貯まる法人カード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ