ライフカードStylishとは?通常のライフカードとStylishの違いは?

ライフカードライフカードStylishは、ライフカードが発行しているクレジットカードとなりますが、ライフカードStylishは、AUTOリボが自動付帯となるリボ払い専用のクレジットカードです。

また、ライフカードStylishは、1回払いの買い物でも2回払いの買い物でも、特に何も指定しなくても自動的にリボ払いになりますので、ライフカードStylishは非常に便利なクレジットカードなのです。

そこで、ライフカードStylishの特徴について、ライフカードStylishと他のライフカードの違いについてまとめました。

ライフカードStylishはAUTOリボ付きのリボ払い専用クレジットカード

ライフカードStylishとは?ライフカードのAUTOリボとは?

ライフカードStylishとは、自動的にリボ払いになるAUTOリボ機能が付いたリボ払い専用のクレジットカードです。

ライフカードのAUTOリボとは、クレジットカードで買い物をする際に、仮に店頭で1回払いを指定したとしても、その後、自動的にリボ払いに変更されるサービスです。そのため、毎月の支払方法をAUTOリボに変更することで、特に手続をすることなく、毎月の支払いを常に一定にすることができます。

ライフカードのAUTOリボの支払い金額

3,000円、4,000円、5,000円、10,000円、20,000円、30,000円の6コース

ライフカードのAUTOリボは、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円、20,000円、30,000円の6コースから自由に選ぶことができます。ただし、ライフカードのAUTOリボは、毎月一定額を支払うリボ払いサービスとなりますので、クレジットカードの利用金額に応じて所定の手数料がかかります。

また、ライフカードのAUTOリボは、予めクレジットカードに設定されている割賦払いの利用限度額を超える利用はできません。ライフカードのAUTOリボは、設定された利用限度額の範囲内で活用することとなります。

ライフカードとライフカードStylishの違い

ライフカードStylish他のライフカードの違いは、毎月の支払いが自動的にリボ払いになる「AUTOリボ」が付帯されているか、付帯されていないかの違いとなります。

ライフカードStylishは、クレジットカードで買い物をすると、自動的にリボ払いになるAUTOリボ機能が付帯されているクレジットカードですが、他のライフカードではAUTOリボは付帯されていません。仮に、他のライフカードでAUTOリボを希望する際には、LIFE-Web Deskにログイン後、毎月の支払いを「AUTOリボへ変更」をクリックして手続きを行う必要があります。

ライフカードStylishは、手続きなしでAUTOリボを利用することができますので、ライフカードStylishと他のライフカードは、AUTOリボが付帯されているかどうかが異なるクレジットカードです。

ライフカードStylishと他のライフカードはどっちがおすすめ?

ライフカードStylishは、自動的にリボ払いになる「AUTOリボ」が付帯されていることが、他のライフカードとの違いです。

そこで、ライフカードStylishと他のライフカードは、どちらがおすすめなのかとなると、後からリボ払いを設定できる通常のライフカードに申し込みをするほうが良いでしょう。

ライフカードStylishと他のライフカードは、AUTOリボが付帯されているかどうかが異なるだけで、それ以外は全て同じサービス内容となります。また、AUTOリボは後から設定することができる機能ですから、まずはライフカードを使ってみて、AUTOリボのほうが便利だとなれば、その時に改めてAUTOリボに変更することも可能です。

AUTOリボは、毎月の支払いを一定にすることができますが、繰り越しとなった残額に対してリボ払い手数料がかかりますので、カード残高が多くなればなるほど、リボ払い手数料の負担が大きくなります。

ライフカードStylishは、手続きをしなくても自動的にリボ払いになる非常に便利なクレジットカードではありますが、AUTOリボは後から設定することができますので、まずは通常のライフカードに申し込みされることをおすすめします。

ライフカードStylishはAUTOリボ付きのリボ払い専用クレジットカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ