日本盲導犬協会カードの海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険は?

日本盲導犬協会カード日本盲導犬協会カードは、クレジットカードで買い物をすることで、利用金額の0.5%が日本盲導犬協会に寄付されるクレジットカードです。

また、日本盲導犬協会カードは、カード会員が1人増えるたびに1,000円が寄付され、さらに毎年の年会費からも500円が寄付されますので、普段通りに日本盲導犬協会カードを利用するだけで、自動的に日本盲導犬協会に寄付をすることができるクレジットカードなのです。

そこで、日本盲導犬協会カードの海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険について、日本盲導犬協会カードのカード盗難保険やネットあんしんサービスなどのカード付帯保険についてまとめました。

日本盲導犬協会カードはポイント2倍!使えば使うほど寄付ができる!

日本盲導犬協会カードの旅行傷害保険は?

日本盲導犬協会カードは、カード会社のジャックスが発行しているクレジットカードですが、日本盲導犬協会カードは海外旅行も国内旅行も、どちらも旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。

また、日本盲導犬協会カードの旅行傷害保険は、海外旅行傷害保険が自動付帯、国内旅行傷害保険が利用付帯の旅行傷害保険となります。

日本盲導犬協会カードの海外旅行傷害保険

傷害死亡:最高2,000万円
後遺障害:80万円~2,000万円
傷害治療費用:最高200万円
疾病治療費用:最高200万円
賠償責任:最高2,000万円
携行品損害:最高20万円(免責3,000円、1旅行かつ1年間の限度額)
救援者費用:最高200万円(1年間の限度額)

日本盲導犬協会カードの国内旅行傷害保険

死亡:1,000万円
後遺障害:30万円~1,000万円
入院:1日に付き5,000円
手術:5万円、10万円、20万円(1事故につき1回限度)
通院:1日に付き3,000円

その他の保険

カード盗難保険
ネットあんしんサービス

日本盲導犬協会カードの旅行傷害保険の注意点

日本盲導犬協会カードの旅行傷害保険は、海外旅行傷害保険は自動付帯で、国内旅行傷害保険が利用付帯の旅行傷害保険です。

そのため、海外旅行の際には、特に手続きなどを行わなくても自動的に旅行傷害保険が付帯されますが、国内旅行では事前に旅行代金を支払う必要があります。仮に旅行代金を支払わずに国内旅行に出掛けてしまうと、日本盲導犬協会カードに付帯されている旅行傷害保険が利用できなくなります。

日本盲導犬協会カードは、海外旅行にも国内旅行にも、どちらにも旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードです。利用付帯の旅行傷害保険は、旅行代金を支払わないと利用することができない旅行傷害保険ですから、日本盲導犬協会カードで国内旅行に出掛ける際には、出発前に必ず日本盲導犬協会カードで旅行代金を支払うことが重要です。

日本盲導犬協会カードはポイント2倍でお得!

日本盲導犬協会カードは、クレジットカードで買い物をすることで、日本盲導犬協会に寄付をすることができるクレジットカードです。日本盲導犬協会カードは、カード会員が増えるたびに、1会員に付き1,000円が日本盲導犬協会に寄付されますので、どなたでも盲導犬の育成・普及に貢献することができます。

また、日本盲導犬協会カードは、他のクレジットカードの2倍のポイントを貯めることができるクレジットカードです。そのため、日本盲導犬協会カードを利用すればするほど、より多くの寄付ができるようになり、さらに2倍のポイントを貯めることができるのです。

日本盲導犬協会カードは、クレジットカードを使えば使うほどお得で、尚且つ盲導犬普及に貢献することができるおすすめのクレジットカードなのです。

日本盲導犬協会カードはポイント2倍!使えば使うほど寄付ができる!

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ