医療費をクレジットカードで支払うメリットは?デメリットは?

医療費をクレジットカードで支払うメリットは?デメリットは?病院代や薬代などの医療費をクレジットカードで支払っているという方は多いのではないでしょうか。クレジットカードは、利用金額に応じてポイントが付与される仕組みとなりますので、現金で医療費を支払うよりもクレジットカードで支払うほうがお得です。

また、クレジットカードは現金の代わりに支払いをすることができる決済方法となりますので、入院や手術などで高額な医療費を支払う場合でも、クレジットカードさえあれば、大金を持ち歩かなくてもスムーズに支払いをすることができるのです。

そこで、医療費をクレジットカードで支払うメリットについて、逆に医療費をクレジットカードで支払うデメリットについてまとめました。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

医療費をクレジットカードで支払うメリットは?

医療費をクレジットカードで支払うメリットは、主にポイントが受け取れること、手元に現金がなくても医療が受けられること、支払いを先延ばしにできるといったメリットがあります。特に、クレジットカードの支払いは、支払い金額に応じてポイントが付与されますので、現金で支払うよりもクレジットカードで支払うほうが、かなりお得です。

医療費の支払いでもポイントがもらえる

医療費をクレジットカードで支払う最大のメリットは、支払った金額に応じてポイントが受け取れることです。

クレジットカードのポイント還元率は、クレジットカードごとにそれぞれ異なりますが、仮にポイント還元率が1.0%のクレジットカードなら、1万円の医療費の支払いで100円分のポイントを受け取ることができます。定期的に病院に通われている方や薬を処方されている方は、病院代や薬代をクレジットカードで支払うだけで、年間かなりのポイントを獲得することができます。

また、入院や手術などの高額な治療費がかかった場合も、クレジットカードで支払うほうがお得です。その他、健康診断や人間ドック、歯の矯正や美容整形、先進医療など、医療保険の適用外や自由診療を受けられる場合も、かなり高額な医療費となりますので、現金ではなくクレジットカードで支払うほうがお得になります。

手元に現金がなくても適切な診療が受けられる

クレジットカードは、現金の代わりとして使うことができるサービスということもあり、手元に現金がなくても病院で診察を受けることができます。たとえば、深夜や早朝、土日・祝日は、銀行や信用金庫などの各金融機関が休業日となりますので、現金を引き出すことができなくなります。仮にATMから現金を引き出せたとしても時間外の取引となりますので、所定の手数料(時間外手数料)がかかります。

しかし、クレジットカードがあれば、深夜や早朝、休日でも特に問題なく、医療費を支払うことができるようになります。また、クレジットカードの支払いには特に手数料はかかりませんので、24時間いつでも手数料無料で支払いをすることが可能です。

医療費の支払い・会計をスムーズに行うことができる

クレジットカードの支払いは、専用端末にカードを通すことで支払いを行うことができますので、現金で支払うよりも非常にスムーズな決済方法となります。また、医療費の支払いをクレジットカードにすることで、会計時に小銭を用意する必要がなくなりますので、財布の中身もスッキリします。

大金を持ち歩く必要がなくなる

入院や手術などの際に、医療費を現金で支払うとなれば、かなりの大金を持ち歩くことになりますので、非常に危険です。特に現金は、盗まれたり落としたりしても全て自己責任ですから、大金を持ち歩くのは非常にリスクが高いのです。

クレジットカードは、仮に紛失や盗難があっても保険が適用されますので、リスクなく大きな金額の支払いができるのです。

医療費の支払いを先延ばしにできる

クレジットカードは後払い方式の決済方法となりますので、クレジットカードで支払った代金は、1ヶ月後~2ヶ月後に銀行口座からの引き落としで支払うこととなります。

逆に現金での支払いは、その場で全額を現金で支払いますので、支払った現金はそのままなくなります。そのため、クレジットカードで医療費を支払うことで、現金での支払いを1ヶ月~2ヶ月ほど先延ばしにすることができるようになります。

また、クレジットカードの支払い方法は、一括払いの他にリボ払いや分割払い、ボーナス払いを利用することができますので、支払い方法を変更することで、さらに現金での支払いを先延ばしにすることができます。

ただし、クレジットカードのリボ払いや分割払いには所定の手数料がかかりますので、利用の仕方や返済方法によっては、逆に損をしてしまうこともあります。

医療費をクレジットカードで支払うデメリットは?

医療費をクレジットカードで支払うデメリットは、特にありません。クレジットカードは、現金と同じように使うことができ、尚且つ利用金額に応じてポイントが付与されますので、メリットはあってもデメリットは特にありません。

また、クレジットカードで医療費を支払ったとしても、病院から領収書や明細書をもらうことができますし、通常どおり医療費控除を受けることも可能です。クレジットカード払いは、現金払いと同じように活用できますので、特にカード利用者が不利益となるようなデメリットというものはありません。

ただ、稀にクレジットカードが嫌いという方や現金派の方がいらっしゃいますので、そういった方には現金のほうが良いと思われるかもしれませんが、普通にクレジットカードを利用している方なら特にデメリットはありませんので、どんどんクレジットカードを使うほうがお得です。

病院によってはクレジットカードが使えない場合もある

現在は、カード社会と呼ばれるほどクレジットカードが普及していますが、個人病院や小規模なクリニックなどでは、クレジットカードが使えない場合があります。クレジットカードは、全ての病院やクリニックで利用できるものではありませんので、場合によっては会計時に現金のみと言われることもあるのです。

クレジットカードで医療費の支払いはできる?入院代や薬代は?

カードが使える病院なら現金よりもクレジットカードがお得

クレジットカードはポイントを貯めることができ、尚且つ現金を持ち歩かなくても医療費を支払うことができますので、クレジットカードは非常に便利なサービスです。

しかし、クレジットカードによる医療費の支払いは、全ての病院が対応しているわけではありません。現在はクレジットカードが普及していますので、大きな病院であれば、ほとんどの病院でクレジットカードが使えますが、個人病院などではクレジットカードが使えない場合も多くあります。

また、処方せんも同様に、薬局やドラッグストアによってはクレジットカードに対応していないお店もありますので、クレジットカードに対応していない場合には、現金で支払うこととなります。

ただ、クレジットカードによる医療費の支払いにはメリットが数多くありますが、デメリットは何1つありませんので、クレジットカードが使える病院であれば、積極的にクレジットカードを使うほうがお得です。近所の個人病院やクリニックを受診する場合でも、事前にクリニックのHPでクレジットカード払いに対応しているかどうかを確認することで、全ての医療費をクレジットカードで支払うことも可能です。

医療費を現金で支払うか、それともクレジットカードで支払うかの違いだけで、1年間にかなりの金額の差が出ますので、医療費の支払いはクレジットカードで行われることをおすすめします。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ