アピタとピアゴの違いは?ユニーのアピタとピアゴは何が違うの?

アピタとピアゴの違いは?ユニーのアピタとピアゴは何が違うの?アピタ(APiTA)とピアゴ(PIAGO)は、どちらもユニー株式会社が運営しているユニー・ファミリーマートホールディングスの総合スーパーです。

また、ユニーは東海地方を中心とした総合スーパーではありますが、モール型ショッピングセンターのウォークモールやミニモール型店舗のラスパなどのショッピングセンターも運営している大手総合スーパーとなります。

では、アピタとピアゴの違いは何でしょうか。ユニーグループのアピタとピアゴは一体何が異なるのでしょうか。

UCSカードは年会費無料でアピタやピアゴの買い物が5%OFF

アピタとピアゴの違いは?

アピタとピアゴは、ユニーグループの総合スーパーとして、東海地方を中心に220店舗を展開している総合スーパーです。ユニーは、全国に店舗がある総合スーパーではありませんが、ユニーの売上高はイオンやイトーヨーカドーに次いで全国第3位の大手スーパーとなります。

現在は、コンビニ大手のファミリーマートと、アピタ・ピアゴやサークルKサンクスを運営するユニーグループが経営統合してユニー・ファミリーマートホールディングスとなりましたので、アピタとピアゴを運営しているユニーは、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社の総合スーパーとして展開されています。

そこで、アピタとピアゴの違いについては、アピタは総合スーパーの大型店という位置付けで、ピアゴは地域密着型の中規模・小規模店舗という違いがあります。

また、アピタやピアゴは、東京・神奈川を中心に主に生鮮食料品を扱っているminiピアゴ(旧99イチバ、みんなのイチバ)も展開していますが、miniピアゴは食料品をメインとした小型スーパーとなりますので、アピタやピアゴとは異なる運営形態と言えます。

アピタとピアゴは何が違うの?

アピタとピアゴは、どちらもユニーが展開している総合スーパーということもあり、店舗の規模や名称(ブランド名)の違いはありますが、総合スーパーという意味では、基本的にはアピタとピアゴはほぼ同一となります。そのため、アピタとピアゴは明確に何が違うということはなく、アピタもピアゴもどちらもユニーのスーパーとして利用することができます。

ユニーは、ほていや、西川屋、タキヒヨーの3社が共同で設立した会社です。その後も、西川屋、マルサン、銀杏屋が合併して新名浜を設立し、ほていや、西川屋、ユニー、新名浜がさらに合併して、新たなユニーとなりました。また、その後も中部ユニー、東海ユニー、関東ユニーを新たに設立して、数年後にユニー、中部ユニー、東海ユニー、関東ユニーが合併しました。

アピタやピアゴを運営するユニーは、これまでに合併や解体、業務提携を繰り返してきた経緯がありますので、店舗名やブランド名を統一している店舗もあれば、以前の名称をそのまま利用している店舗もあります。どちらもほぼ同一の総合スーパーとして展開しているアピタとピアゴの名称が異なる理由は、こういった今までの経緯も関係しているのです。

アピタ・ピアゴを利用するならUCSカードは必須!

アピタ・ピアゴは、ユニーが運営している総合スーパーとなりますが、アピタとピアゴで買い物をする際には、UCSカードの利用は必須です。逆に、UCSカードを持っていない方がアピタやピアゴで買い物をすると、かなり損をすることになります。

UCSカードは、アピタ・ピアゴを運営しているユニーと同じユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社ということもあり、UCSカードはアピタやピアゴの買い物に特化したクレジットカードなのです。そのため、アピタやピアゴ、サークルKサンクスを利用する際には、一般カードのUCSカード、あるいはUCSゴールドカードで買い物をすることは必須なのです。

UCSカードは、アピタ・ピアゴで5%割引やポイントアップなどの優待特典を利用することができますので、UCSカードは非常にお得なクレジットカードなのです。UCSカードの一般カードは年会費無料で、家族カードもETCカードも全て無料で取得できますので、UCSカードは持っていて損はないお得なクレジットカードと言えるでしょう。

UCSカードは年会費無料でアピタやピアゴの買い物が5%OFF

UCSゴールドカードはアピタ・ピアゴで5%OFF!さらにUポイント2倍デー

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ