収入証明書を提出せずにクレジットカードの審査に通るには?

収入証明書を提出せずにクレジットカードの審査に通るには?クレジットカードに申し込みをすると、稀に収入証明書の提出を求められることがあります。

その際に、収入証明書の提出が面倒で、そのままにしていたり、収入証明書を用意することができなかった場合には、クレジットカードの発行が見送られることもあります。

そこで、クレジットカードの申し込み時に、収入証明書を提出しなくても、カード審査に通ることはできるのでしょうか。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

クレジットカードと収入証明書の関係

クレジットカードの申し込みで、稀に収入証明書の提出を求められることがありますが、原則としてはクレジットカードの申し込みには収入証明書の提出は必要ありません。

では、なぜ収入証明書の提出を求められるのかとなりますが、これはクレジットカードにキャッシング機能を付けた場合に、申し込みをした本人の年収を確認するため、収入証明書の提出を求められることとなります。

言い換えれば、クレジットカードの申し込みで、キャッシングの機能を付けなければ、収入証明書の提出を求められることはありません。

クレジットカードには、買い物で利用するショッピング枠と、お金を借りることができるキャッシング枠の2つがあります。買い物で利用するショッピング枠だけであれば、カード審査時に行う収入の確認は、申込者の自己申告のみとなるのです。

これらは、割賦販売法で定められた法律上のルールとなりますので、収入証明書を提出したくないという方は、クレジットカードにキャッシング機能は付けずに申し込まれることをおすすめします。

割賦販売法とは?クレジットカード利用時の割賦販売法のルールとは

申し込み時の年収欄に嘘の収入を書いてもいいの?

クレジットカードの申し込みでは、ショッピング枠のみを希望する際には、収入証明書の提出は不要です。

収入証明書の提出が必要となるのは、あくまでもクレジットカードのキャッシング枠となりますので、ショッピング枠だけであれば、カード会社から収入証明書の提出を求められることはありません。

そこで、クレジットカードの申し込みの際に、収入証明書の提出を求められないということで、「嘘の年収を書いてもいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、これはすぐにバレてしまうことが予想されます。

確かに、クレジットカードのショッピング枠のみで申し込みをした場合、その後に収入証明書の提出を求められることはありません。これは増枠時も同じで、仮にクレジットカードの利用限度額が300万円~500万円に設定されたとしても、その後にカード会社側から収入証明書の提出を求められることはありません。

しかし、申し込み時に入力された年収が正しいものであるかどうかは、個人信用情報機関に照会することで、すぐに確認をすることができます。また、申込者の職業や職種を見れば、おおよその年収を把握することも可能です。

そのため、申し込み時に嘘の年収を記載すると、カード会社から「信用できない人」と判断され、逆にクレジットカードの審査に通らなくなります。

クレジットカードの申し込みでは、必ず正しい情報を記載することが重要です。

利用限度額の増枠をしても収入証明書は不要?

クレジットカードの利用で、その後に収入証明書の提出を求められるのは、原則としてキャッシングを利用している場合のみとなりますので、クレジットカードのショッピング枠だけの利用なら、収入証明書の提出は不要です。

これは、クレジットカードのショッピング枠を増枠した場合も同じで、ショッピング枠の増枠であれば、利用限度額に関係なく、収入証明書の提出は不要となります。

そのため、仮にショッピング枠が300万円になっても、500万円になっても、あるいは1000万円を超える利用限度額になったとしても、その後にカード会社側から収入証明書の提出を求められることはありません。

クレジットカードのショッピング枠は、あくまでも自己申告による年収を元に利用限度額を設定することとなります。

ただし、クレジットカードの利用限度額は、割賦販売法で定められた上限がありますので、無制限にいくらでも設定できるというものではありません。ショッピング枠の設定は、「年収」「生活維持費」「クレジット債務」によって算出されますので、年収が高ければ高いほど、より大きな利用限度額が設定されやすくなります。

支払可能見込額とは?割賦販売法の支払可能見込額の算出方法とは

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2つがあります。これらは、それぞれ異なる法律が適用されますのでクレジットカードの申し込みでは、希望する機能に応じて申し込み時に必要となる書類が異なるようになります。

ショッピング枠のみであれば、原則として提出書類は身分証明書だけで済みますが、ショッピング枠とキャッシング枠のそれぞれを希望する際には、収入証明書の提出が必要です。

クレジットカードのキャッシング枠では、たとえ少額のキャッシング枠でも、その後に収入証明書の提出を求められることがありますので、キャッシング枠を利用する際には、事前に収入証明書を用意しておくほうが良いでしょう。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ