ユニコとは?ユニコカードのチャージ方法・割引特典・ポイント還元率は?

ユニコとは?ユニコカードのチャージ方法・割引特典・ポイント還元率は?ユニコとは、アピタやピアゴ、サークルK・サンクスで利用することができる株式会社UCSが発行している電子マネーです。

また、ユニコカードはチャージをすることで繰り返し使うことが可能で、アピタ・ピアゴの5%割引やボーナスポイント、アピタやピアゴ、サークルK・サンクスのポイントアップなど、ユニコカードは様々な優待特典を利用することができるお得な電子マネーです。

そこで、電子マネーのユニコについて、ユニコカードの作り方やチャージ方法、会員特典やポイント還元率についてまとめました。

UCSカードは年会費無料でアピタやピアゴの買い物が5%OFF

ユニコカードとは?

ユニコカードは、アピタやピアゴ、サークルK・サンクスでお得に買い物をすることができるUCSの電子マネーです。また、ユニコカードはクレジットカードとは異なりますので、審査なしですぐに取得することができる非常に便利な電子マネーです。

ユニコカードで買い物をすることで、利用金額に応じてポイントを貯めることができ、さらに割引特典やポイントアップなどの優待を受けることもできますので、現金で支払うよりもユニコカードを活用するほうが何倍もお得なのです。

ユニコカードの作り方や取得方法は?

ユニコカードの作り方は、アピタ・ピアゴのサービスカウンター、又はサークルK・サンクスで作ることができます。また、ユニコカードは初回のカード発行時に発行手数料として100円が必要となりますので、100円を支払ってユニコカードを購入する流れです。

ユニコカードを取得する際に特に審査はありませんので、アピタやピアゴ、サークルK・サンクスの店頭でユニコカードを購入したい旨を伝えることで、誰でもその場でユニコカードを手に入れることができます。

ユニコカードの購入場所

アピタやピアゴのサービスカウンター
サークルK・サンクス
※カード発行手数料として100円が必要です。

ユニコカードのチャージ方法は?

ユニコカードは、事前にカードに入金することで利用できる電子マネーとなりますので、ユニコカードを取得したらチャージ(入金)を行う必要があります。

逆に、せっかくユニコカードを作っても、チャージをしないとユニコカードの残高が0円のままとなりますので、カードを使うことができません。そのため、ユニコカードを取得したら、その場でカードにチャージされることをおすすめします。

また、ユニコカードのチャージは、カード1枚に付き最大50,000円までのチャージが可能で、1,000円単位でいつでも好きなタイミングでチャージをすることができます。

ユニコカードのチャージ方法

アピタ・ピアゴ:店頭のチャージ機、又は直営レジで現金入金
サークルK・サンクス:レジで現金入金
※1,000円単位で1枚のカードで最大50,000円までチャージが可能です。

ただし、ユニコカードは現金チャージのみとなりますので、クレジットカードによるチャージは行うことができません。1度チャージをすると、その後の返金や現金への換金も行うことができません。

ユニコカードは、チャージを行った際のポイント付与や特典などはありませんので、ユニコカードにチャージする際には、まとめて数万円をチャージするのではなく、必要な金額をその都度チャージされることをおすすめします。

ユニコカードチャージの注意点

チャージは現金のみで、クレジットカードや電子マネーによるチャージはできません。また、UCSカードからのチャージや商品券によるチャージもできません。チャージ後の返金も不可です。オートチャージ機能はありませんので、その都度、現金でチャージをして利用することとなります。

ユニコカードのポイント還元率は?

ユニコカードは、アピタやピアゴ、サークルK・サンクスで買い物をすると、200円ごとに1ポイント(1ユニコポイント)が付与されます。ユニコカードで付与されるユニコポイントは、1ポイントあたり1円相当となりますので、ユニコカードのポイント還元率は0.5%です。

ユニコカードで貯まったユニコポイントは、500ポイントごとに500円分として自動でユニコカードに加算されますので、特にポイント交換等の手続きは不要です。

また、ユニコポイントの確認方法は、レシートで確認するか、WEB上で確認することとなります。電子マネーの残高やポイントをWEB上で確認したい場合には、無料で利用できるユニコWebサービスに登録することで、いつでもインターネット上でポイントの詳細を確認することができます。

ユニコカードのポイント還元率

基本となるポイント還元率:0.5%(200円の買い物に付き1ポイント)

ユニコポイントの交換方法

交換方法:手続き不要
※500ポイントが貯まると、自動的にユニコカードに500円分が加算されます。

ユニコポイントの有効期限

当年3月1日から翌年2月末までに加算されたポイントは、翌々年の2月末日までが有効期限です。

ユニコカードの会員特典や割引優待は?

ユニコカードは、買い物金額に応じて付与されるポイントの他に、アピタ・ピアゴ・アピタネットスーパーの5%割引、アピタ・ピアゴ、サークルK・サンクスのポイント2倍デー、さらにアピタ・ピアゴの対象商品を購入すると通常ポイントの他にボーナスポイントが付与されます。

アピタの5%割引

毎月19日、20日にユニコカードで支払いをすると、アピタの買い物が5%OFFになります。

ピアゴの5%割引

毎週金曜日にユニコカードで支払いをすると、ピアゴの買い物が5%OFFになります。

アピタネットスーパーの5%割引

ユニコカードで支払いをすると、第2、第4金曜日の配達分はアピタネットスーパーの買い物が5%OFFになります。

ユニコポイント2倍デー

ポイント2倍デーとして、アピタ・ピアゴは毎週日曜日、サークルK・サンクスは毎週土曜日・日曜日がポイント2倍になります。

ボーナスポイントプレゼント

アピタ・ピアゴの対象商品を購入すると、通常ポイントとは別でボーナスポイントがもらえます。

ユニコカードよりもUCSカードのほうがお得

ユニコカードは、アピタやピアゴ、サークルK・サンクスで買い物をすると、5%割引やポイントアップなどの会員特典を利用することができるお得な電子マネーです。

また、ユニコカードを取得する際には、クレジットカードのような与信審査はありませんので、カード発行手数料の100円を支払うことで、誰でもユニコカードを手に入れることができます。

ただ、電子マネーのユニコカードとクレジットカードのUCSカードを比較すると、クレジットカードのUCSカードのほうが何倍もお得です。

UCSカードは年会費無料でさらにお得!

ユニコカードは、割引やポイントアップなどの優待を受けることができる電子マネーではありますが、クレジットカードのUCSカードは、割引特典やポイントアップの他に、宇佐美のガソリンスタンドの割引やパックツアーの割引を利用することができます。

しかも、UCSカードはアピタやピアゴの5%割引が適用になる日数がユニコカードの2倍以上となりますので、クレジットカードのUCSカードのほうがユニコカードよりも使い勝手が良いカードなのです。

さらに、UCSカードは年会費無料で、家族カードやETCカードも無料で取得することができますので、UCSカードは一切費用がかからずに利用することができるのです。

ユニコカードを取得するなら、クレジットカードのUCSカードに申し込みをするほうが何倍もお得になりますので、まだUCSカードを持っていない方は早めに取得されることをおすすめします。

UCSカードは年会費無料でアピタやピアゴの買い物が5%OFF

UCSゴールドカードはアピタ・ピアゴで5%OFF!さらにUポイント2倍デー

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ