UCSカードの審査は厳しい?審査基準・審査難易度・審査日数は?

UCSカードUCSカードは、アピタ・ピアゴの5%割引やポイントアップ優待などを利用することができる最もスタンダードなUCSのクレジットカードです。

また、UCSカードは年会費無料で、家族カードやETCカードも全て無料で取得することができますので、UCSカードは非常にお得なクレジットカードなのです。

では、UCSカードの審査はどうなのでしょうか。UCSカードの審査基準や審査の難易度、審査にかかる時間や審査日数についてまとめました。

UCSカードは年会費無料でアピタやピアゴの買い物が5%OFF

UCSカードの審査は?

UCSカードは、ユニーグループのUCSが発行しているクレジットカードですが、UCSカードの申し込み条件は、高校生を除く18歳以上で安定した収入のある方、電話連絡が取れる方となります。

そのため、UCSカードは一般的な会社員の方や公務員の方はもちろん、18歳~19歳の未成年の方や大学生・専門学生といった学生の方、専業主婦の方やパート主婦の方でも、通常どおり申し込みを行うことができます。

またUCSカードは、UCSの一般カードとなりますので、ゴールドカードやプラチナカードのように年収の制限や勤続年数の条件などはありません。普通に仕事をしている方で返済能力がある方であれば、特に問題なくUCSカードを取得することができるでしょう。

ただ、UCSカードは店頭申し込みでは審査に落ちてしまうことが多いクレジットカードとなりますので、UCSカードに申し込みを行う際には、必ずWEB上から手続きを行うことが重要です。逆にアピタやピアゴなどの店頭でUCSカードに申し込みを行うと、カード審査に通過することができず、UCSカードを取得することができなくなります。

これまでの事例でも、店頭からの申し込みでは、かなりの割合で否決となっていますので、UCSカードはWEB上から申し込みを行うことが重要です。

UCSカードの審査時間・審査にかかる日数

UCSカードの審査時間や審査にかかる日数は、UCSカードはWEB上から申し込みを行うと、UCS側で審査を行い、仮審査で可決になると、UCSから申込書類や口座振替依頼書が郵送で届きます。

書類が届いたら、本人確認書類と口座振替依頼書をUCSに返送することで本審査が開始されます。書類を返送後、UCS側の本審査で可決されるとUCSカードが発行される流れです。

そのため、UCSカードは申し込み後の仮審査や書類の返送、本審査後のカード発行となりますので、UCSカードは他のクレジットカードに比べると、若干時間がかかるクレジットカードと言えます。申し込みからカードの到着までの時間は、おおむね3週間~4週間程度となりますので、UCSカードを希望する際には、余裕を持って申し込みを行われることをおすすめします。

UCSカードの審査に落ちる理由は?

UCSカードの審査に落ちる理由は、在籍確認が取れない場合、過去に支払いの遅れや延滞がある場合が考えられます。また、UCSカードは店頭での申し込みについても、審査が否決になる傾向がありますので、UCSカードの申し込みを店頭で行うと審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

在籍確認が取れない場合

UCSカードは、在籍確認を重視する傾向があるクレジットカードとなりますので、申し込み後に本人の携帯電話や自宅の電話、勤め先で在籍確認が取れないと、審査に落ちてしまうことになります。

携帯電話以外の在籍確認は、必ずしも申し込みを行った本人が電話に出る必要はありませんが、勤め先の在籍確認で「わかりません」「そんな人はいません」「出社していません」というような対応では、カード審査に通ることが難しくなります。

また、土日・祝日で会社が休みの場合には、携帯電話などに本人宛ての電話があった際に、会社が休みであることを伝えておくほうが良いでしょう。UCSカードの審査では、在籍確認は非常に重要なポイントとなりますので、必ず連絡が取れるようにしておくことが重要です。

短期間に何度も繰り返し申し込みを行っている場合

クレジットカードに申し込みを行うと、申し込みをした記録が個人信用情報機関に6ヶ月間残ります。申し込みの記録は、たとえ審査に落ちてカードが発行されなかったとしても残りますので、短期間に立て続けに申し込みを繰り返していると、それだけで自分自身の信用を著しく低下させることになるのです。

これは「申し込みブラック」と呼ばれるものですが、カード会社からすれば短期間に繰り返し申し込みばかりしているということは、「かなりお金に困っているのではないか」「何か大きなトラブルを抱えているのではないか」「借り回りかもしれない」と思われてしまうのです。

カード会社としても、カード発行後に支払いができなくなるような人にはカードを発行したくないというのが本音です。逆に「きちんと支払いをする人」「しっかりと支払い期日を守る人」に長く使ってもらいたいと考えますので、短期間に何度も何度も申し込みをしていると、カード審査に落ちてしまうのです。

過去にクレジットカードやローンで支払いの遅れがある場合

過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞や遅れがある場合には、UCSカードの審査が非常に厳しくなります。クレジットカードの利用状況は個人信用情報機関に記録されますので、仮にクレジットカードやローンで支払いの遅れがあると、ネガティブな情報がいつまでも残ることになります。

支払いの遅れや延滞は、カード会社が最も重視するポイントの1つとなりますので、過去に支払いの遅れや延滞がある場合には、一定の期間を空けてから改めて申し込みを行われることをおすすめします。

店頭で申し込みを行った場合

UCSカードは、アピタやピアゴなどの店頭でも申し込みを行うことができますが、これまでの申し込み状況を総合的に判断すると、店頭から申し込みを行った場合とWEB上から申し込みを行った場合では、店頭申し込みのほうが審査に落ちやすい傾向があります。

これまでの事例でも、店頭から申し込みをして否決になった方が、数日後にWEB上から改めて申し込みを行ったら、あっさり審査に通ってカードが発行されたという事例が数多くあります。そのため、UCSカードに申し込みを行う際には、店頭から申し込みを行うのではなく、WEB上から申し込みを行われることをおすすめします。

安定した収入を得ていない場合

毎月安定した収入を得ていない場合にも、UCSカードの審査に落ちる可能性が高くなります。たとえば、フリーターで日雇いのアルバイトで生活をしているケース、勤続年数が短い場合や転職を繰り返しているケースでは、クレジットカードの審査に大きな影響が出るようになります。

また、自営業や個人事業主の方も、カード審査が厳しくなる傾向がありますので、個人で仕事をしているという方は、仕事をしていることを確認できる書類を用意することも重要です。

UCSカードは、アルバイトの方でもパートの方でも、主婦の方でも特に問題なく取得することができるクレジットカードではありますが、収入が不安定の方はカード審査がかなり厳しくなりますので、安定した収入が得られるようになってから改めて申し込みを行うほうが良いでしょう。

UCSカードは年会費無料でアピタ・ピアゴの買い物が5%割引

UCSカードは、クレジットカードも家族カードもETCカードも、全て年会費無料のお得なクレジットカードです。また、UCSカードはアピタやピアゴの買い物が5%OFFになりますので、UCSカードは非常にお得なクレジットカードです。

しかも、UCSカードは宇佐美直営ガソリンスタンドの割引やパッケージツアーの最大8%割引など、UCSカードはアピタ・ピアゴの優待特典以外にも数多くの特典が用意されているクレジットカードなのです。その他にも、UCSカードは年間100万円以上のカード利用で、UCSロイヤルメンバーズとして翌年度のポイント倍率が大幅にアップするポイント優待も利用することができます。

UCSカードは割引特典だけではなく、ポイントもお得に貯めることができますので、アピタ・ピアゴを利用する際にはUCSカードは必須のクレジットカードなのです。

UCSカードは年会費無料でアピタやピアゴの買い物が5%OFF

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムは最短30分で審査回答!さらにアコムなら即日振り込みも可能

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ