※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

三井住友ビジネスカード(クラシック)と三井住友ビジネスカード(ゴールド)の違いは?

三井住友ビジネスカード(クラシック)

三井住友ビジネスカード(クラシック)と三井住友ビジネスカード(ゴールド)は、どちらも三井住友カードが発行している会社経営者向けのビジネスカードですが、一般カードとゴールドカードは何が違うのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

また、三井住友ビジネスカード(ゴールド)はワンランク上のゴールドカードとなりますので、ゴールドカードの優待特典として空港ラウンジサービスや旅行傷害保険などが付帯されている法人カードです。

そこで、三井住友ビジネスカード(クラシック)と三井住友ビジネスカード(ゴールド)の違いについて、おすすめの法人カードについてまとめました。

三井住友ビジネスカード(クラシック)は最もスタンダードな法人カード

三井住友ビジネスカード(ゴールド)の違いは?

クラシック一般カードとビジネスゴールドカードの違いは?三井住友ビジネスカード(クラシック)三井住友ビジネスカード(ゴールド)は、一般カードとゴールドカードの違いがあります。

そのため、三井住友ビジネスカード(クラシック)と三井住友ビジネスカード(ゴールド)は年会費が大きく異なります。

また、三井住友ビジネスカード(クラシック)と三井住友ビジネスカード(ゴールド)はポイント優待や福利厚生代行サービス、ゴルフ国内エントリーサービスやビジネスサポートサービス、VisaビジネスオファーやVisaビジネスグルメオファーなどの基本的な会員特典は全て同一です。

しかし、三井住友ビジネスカード(ゴールド)は共通の会員特典の他に、ゴールドカードとしての優待特典も利用することができます。

年会費の違い

三井住友ビジネスカード(クラシック)の年会費は、本会員が1,375円(税込)、従業員向けの使用者カードが1名に付き440円(税込)です。三井住友ビジネスカード(ゴールド)の年会費は本会員が11,000円(税込)、使用者カードが1名に付き2,200円(税込)となります。

三井住友ビジネスカード(ゴールド)は、ゴールドカードとしての独自の優待特典が利用できる分、年会費が大幅に高くなっています。

ショッピング枠や利用限度額の違い

三井住友ビジネスカード(クラシック)の総利用枠は、原則として~500万円(※)の範囲内で個別に設定されます。

三井住友ビジネスカード(ゴールド)の総利用枠は原則~1,000万円(※)の範囲内で設定されますので、一般カードよりもゴールドカードのほうが、より大きなショッピング枠が設定される仕組みです。

※ご利用枠は弊社にて設定させていただきます。ご希望に沿えない場合もございます。

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の違い

三井住友ビジネスカード(クラシック)は最高2,000万円(利用付帯)の海外旅行傷害保険が付帯されています。

三井住友ビジネスカード(ゴールド)は海外旅行・国内旅行共に最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯されていますので、ゴールドカードのほうが手厚い補償を受けることができます。※海外旅行傷害保険は一部利用付帯、国内旅行傷害保険は利用付帯です。

ショッピング補償の違い

三井住友ビジネスカード(クラシック)はショッピング補償として、海外で買い物をした際に年間100万円まで補償されます。三井住友ビジネスカード(ゴールド)は海外・国内共に最高300万円までのショッピング補償が受けられます。

空港ラウンジサービスの違い

三井住友ビジネスカード(ゴールド)は国内主要の空港ラウンジが無料で利用できる空港ラウンジサービスが付帯されています。三井住友ビジネスカード(クラシック)は空港ラウンジサービスを利用することができません。

クラシックとゴールドの最も大きな違いは?

クラシック一般カードとビジネスゴールドカードの最も大きな違いは?三井住友ビジネスカード(クラシック)と三井住友ビジネスカード(ゴールド)の最も大きな違いは、旅行傷害保険と空港ラウンジサービスの2つです。

三井住友ビジネスカード(クラシック)は海外旅行傷害保険のみ利用できる法人カードですが、三井住友ビジネスカード(ゴールド)は海外・国内共に旅行傷害保険が利用できます。また、ゴールドカードは国内主要の空港ラウンジサービスが利用できますので、仕事で飛行機を利用することが多い経営者の方にはゴールドカードがおすすめです。

ゴールドカードは最高5,000万円の補償が受けられますので、万が一の事故・病気でも安心な法人カードです。

三井住友ビジネスカード(ゴールド)は出張が多い会社経営者におすすめ!

三井住友ビジネスカード(ゴールド)は出張が多い会社経営者におすすめ!三井住友ビジネスカード(ゴールド)はワンランク上のゴールドカードということもあり、一般カードの優待特典にプラスしてゴールドカードの会員特典も利用することができる法人カードです。

ただ、三井住友ビジネスカード(ゴールド)の年会費は、一般カードと比較すると8倍もの差がありますので、あまりカード決済を利用しないという経営者の方は一般カードがおすすめです。逆に、出張が多い方は海外旅行・国内旅行傷害保険や空港ラウンジサービスが付帯されている三井住友ビジネスカード(ゴールド)のほうがお得です。

三井住友ビジネスカード(クラシック)と三井住友ビジネスカード(ゴールド)の最も大きな違いは、旅行傷害保険と空港ラウンジサービスになりますので、旅行保険や空港ラウンジをあまり利用しないという経営者の方は三井住友ビジネスカード(クラシック)のほうがおすすめと言えるでしょう。

三井住友ビジネスカード(クラシック)は最もスタンダードな法人カード

JCBオリジナルシリーズ

三井住友カード(NL)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ