椿屋珈琲店の支払い方法は?クレジットカードや電子マネーは使える?

椿屋珈琲店椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房でクレジットカードや電子マネーが使えたら便利ですよね。

椿屋珈琲は東和フードサービスが運営している大正ロマンな雰囲気の喫茶店です。また、椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房は、アンティークな雰囲気の落ち着いた喫茶店ということもあり、商談や打ち合わせにも最適な喫茶店です。

では、椿屋珈琲はクレジットカードが使えるのでしょうか。椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房で電子マネーの支払いはできるのでしょうか。

JCB CARD Wは年会費無料でいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房はクレジットカード使える?

椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房はクレジットカード使える?椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房は、東京を中心に千葉県や埼玉県、神奈川県に店舗を構える喫茶店ですが、椿屋珈琲は通常どおりクレジットカードが使える喫茶店となります。

また、椿屋珈琲で使えるクレジットカードブランドは、VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブが使えますので、椿屋珈琲は日本国内で発行されているクレジットカードなら、どのブランドでも問題なく利用できます。

椿屋珈琲で使えるクレジットカードブランド

VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ

椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房は電子マネーで支払いできる?

椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房は電子マネーで支払いできる?椿屋珈琲では、現金払いの他に各種クレジットカードを利用することができますが、椿屋珈琲は店舗によっては電子マネーが使える場合もあります。

椿屋珈琲で使える電子マネーは、楽天EdyやiD、QUICPayやSuica・PASMOなどの交通系電子マネーを利用することができます。

ただし、椿屋珈琲の電子マネー決済については、店舗によって電子マネーが使える店舗もあれば、逆に電子マネーが一切使えない店舗もあります。また、使える電子マネーの種類についても、店舗によって大きく異なりますので、楽天Edyのみ使える店舗もあれば、iDやQUICPay、交通系の電子マネーも利用できる店舗もあります。

そのため、椿屋珈琲で電子マネーを利用する際には、事前に電子マネーが利用可能かどうかを確認した上で、電子マネー決済を利用されることをおすすめします。

椿屋珈琲で使える電子マネー

楽天Edy、iD、QUICPay、交通系電子マネー(Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)
※電子マネーは店舗によって利用が可能かどうかが異なります。

椿屋珈琲はクレジットカード払いがお得!

椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房は、ゆったりとした雰囲気の落ち着いた喫茶店ではありますが、コーヒー1杯の値段が1,000円前後となりますので、他のコーヒーチェーンよりも高めの価格設定となっている喫茶店です。

また、椿屋珈琲は店舗によっては早朝まで営業していますので非常に便利な喫茶店ではありますが、23時以降は20%のサービス料がかかるようになります。

そのため、椿屋珈琲店や椿屋カフェ、椿屋茶房を利用する際には現金で支払いをするのではなく、クレジットカードを使って、少しでも安く利用することが重要です。

JCB CARD Wはいつでもポイント2倍

JCB CARD W・JCB CARD W plus Lポイント還元率が高いお得なクレジットカードなら、JCB CARD Wがおすすめです。

JCB CARD Wは常にポイントが2倍で、JCBオリジナルシリーズパートナーのポイント優待も利用することができる非常にお得なクレジットカードです。また、JCB CARD Wは本会員はもちろん、家族カードやETCカードも全て年会費無料となりますので、JCB CARD Wはお得なクレジットカードなのです。

椿屋珈琲は平均予算が1,000円前後の喫茶店となりますので、現金払いで利用すると、かなり損をすることになります。JCB CARD Wのようにポイント還元率が高いクレジットカードを活用することで、今までよりもお得に利用することができるようになります。

JCB CARD Wは年会費無料でいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ