三井住友VISAゴールドカードのメリット・デメリットまとめ

三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAゴールドカードは、三井住友カードが発行しているゴールドカードとなりますが、三井住友VISAゴールドカードは格安なゴールドカードにもかかわらず、充実した付帯サービスを受けられるゴールドカードです。

また、三井住友VISAゴールドカードは、日本を代表するゴールドカードということもあり、信頼性やステータス性が高く、安心して利用することができることから、非常に人気のあるゴールドカードなのです。

そこで、三井住友VISAゴールドカードのメリットについて、三井住友VISAゴールドカードのデメリットについてまとめました。

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

三井住友VISAゴールドカードのメリットとは

三井住友VISAゴールドカードは、日本で初めてVISAカードを発行した三井住友カードのゴールドカードということもあり、非常に人気の高いゴールドカードです。

また、三井住友VISAゴールドカードは、年会費割引を利用することができますので、かなり格安な年会費で、ゴールドカードとしての様々な付帯サービスを利用することができるのです。

日本を代表するステータスカード

三井住友VISAゴールドカードは、三井住友カードが発行しているゴールドカードということもあり、他のゴールドカードとはステータス性が格段に違うゴールドカードです。

これは、日本で最初にVISAカードを発行した三井住友カードだからこそのステータス性となりますが、三井住友VISAカードのパルテノン神殿(カード券面)は、誰が見てもすぐにわかるほど、三井住友VISAカードはあまりにも有名なクレジットカードなのです。

また、三井住友VISAカードの知名度は、世界的に見ても他の提携カードとは異なりますので、「三井住友VISAゴールドカード=社会的な信用のある人」というイメージとなっています。

格安な年会費で利用できる

三井住友VISAゴールドカードは、初年度の年会費が無料で、翌年以降は10,000円+消費税がかかるゴールドカードです。

しかし、三井住友VISAゴールドカードには、年会費を4,000円まで引き下げることができる年会費割引がありますので、海外・国内旅行傷害保険や旅行傷害保険の家族特約、ショッピング補償や空港ラウンジサービス、ドクターコール24といったゴールドカードとしての付帯サービスを考えると、かなり格安なゴールドカードとなります。

また、三井住友VISAゴールドカードは、他の三井住友VISAカードよりもポイント還元率が高く設定されていますので、年会費で4,000円を支払ったとしても十分に元が取れるお得なゴールドカードなのです。

家族カードやETCカードも年会費無料

三井住友VISAゴールドカードは、家族カードやETCカードも年会費無料で利用することができます。ただ、ETCカードの年会費については、1年間に1度も利用がない場合のみ、年会費として500円+消費税がかかるようになります。1年間に1回以上の利用があればETCカードの費用はかかりません。

■家族カード・ETCカードの年会費
家族カード:年会費無料(1人目)※2人目から1,000円+消費税
ETCカード:年会費無料(年に1回以上の利用)※1年間に1度も利用がない場合は年会費として500円+消費税がかかります。

充実した海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険

三井住友VISAゴールドカードの旅行傷害保険は、海外旅行・国内旅行共に最高5000万円までの旅行傷害保険が付帯されています。

しかも、三井住友VISAゴールドカードの旅行傷害保険には、自動付帯の補償も含まれていますので、仮に旅行代金の支払いを忘れた場合でも、充実した補償を受けることができます。その他にも、三井住友VISAゴールドカードには、最高300万円のショッピング補償もありますので、万が一、購入した商品の破損や盗難があっても安心です。

会員専用のゴールドカードデスク

三井住友VISAゴールドカードには、会員専用のゴールドカードデスクがありますので、何か困ったことがあれば、すぐに対応してもらうことができます。

また、三井住友VISAゴールドカードのゴールドカードデスクは、会員専用のフリーダイヤルとなりますので、何分も何十分も待たされるということがありません。逆に、年会費無料のクレジットカードの場合、問い合わせをすると、あちこちにたらい回しにされたり、急いでいるのにかなり待たされたりということがあります。

無料で利用しているということもあり、これは仕方がないことかもしれませんが、三井住友VISAゴールドカードのゴールドカードデスクでは、こういったことが起こりませんので、非常にスムーズに対応してもらえるのです。

ドクターコール24を利用することができる

ドクターコール24とは、医師や看護師、保健師などの専門スタッフに、24時間・年中無休で電話相談ができるサービスです。

また、ドクターコール24は、三井住友カードとティーペック社が提携して行っているサービスですが、ティーペック社の電話相談は有料サービスとなりますので、ドクターコール24を無料で利用することができるだけでも、かなりお得です。

ポイントが貯めやすく、貯まったポイントが使いやすい

三井住友VISAゴールドカードは、一般カードの2倍のボーナスポイントが付与されます。また、三井住友カードのポイントUPモールを利用する際にも、ゴールドカード会員限定でポイント倍率がアップします。

しかも、三井住友VISAゴールドカードで貯まったポイントは、一般的な景品に交換できるだけではなく、様々なポイントサービスにポイントを移行することができます。さらに、貯まったポイントをそのままキャッシュバックすることもできますので、三井住友VISAカードは非常にポイントが使いやすいクレジットカードなのです。

ただし、キャッシュバックを利用する際には、カード利用代金ではなく、電子マネーのiDでキャッシュバックされることをおすすめします。

通常のカード利用代金でキャッシュバックを利用すると、1ポイントあたり3円のキャッシュバックとなりますので、若干損をすることとなります。逆に、iDのキャッシュバックでは1ポイントあたり5円ですから、等価交換でキャッシュバックを利用することができるようになります。

■ポイント移行
ドコモプレミアクラブ(ドコモポイント)
ベルメゾン・ポイント
Joshinポイント
au WALLETポイント
ビックポイント・ネットポイント
ヨドバシカメラ ゴールドポイント
楽天スーパーポイント
PiTaPaショップdeポイント
Tポイント
楽天Edy
WAONポイント
Gポイント
カエトクカードのチャージ
nanacoポイント
Suicaポイント
スターバックスカードのチャージ
タリーズカードのチャージ
Pontaポイント

■キャッシュバック
カード利用代金:1ポイント3円
電子マネーiD:1ポイント5円

VISAカード+電子マネーiDの最強コンビ

三井住友VISAゴールドカードは、国際ブランドが「VISA」という点も非常に大きな魅力です。

現在、国際ブランドの世界シェアは、どの国でも圧倒的にVISAが大半となりますので、クレジットカード決済が利用できる店舗やお店なら、ほぼ全てが利用できるという状況です。しかも、三井住友VISAゴールドカードは、電子マネーのiDを利用することができますので、スーパーやコンビニなどの少額決済でも、ストレスなく買い物ができるのです。

また、電子マネーのiDをクレジットカードの一体型にすることで、財布の中に三井住友VISAゴールドカードを1枚だけ入れておけば、大きな買い物から小さな買い物まで、全てをカバーすることができるようになります。

VISAとMasterCardの2枚持ち(デュアル発行)ができる

三井住友VISAゴールドカードは、申し込みの際に国際ブランドを「VISA」か「MasterCard」のどちらかを選ぶことができます。また、VISAとMasterCardの2枚持ち(デュアル発行)も可能です。

三井住友VISAゴールドカードのデュアル発行は、通常の新規申し込みとは異なりますので、よほどのことがない限り、どなたでもVISAとMasterCardの2枚持ちが可能です。その際の年会費は、通常の年会費に2,000円+消費税で取得することができます。

三井住友VISAゴールドカードのデメリットとは

三井住友VISAゴールドカードは、ゴールドカードとして最高クラスの付帯サービスと、充実した優待を受けることができるゴールドカードです。そのため、三井住友VISAゴールドカードには、デメリットと呼べるようなデメリットは特にありません。

仮にゴールドカードを持つなら、三井住友VISAゴールドカードが1番最適なゴールドカードと言えるでしょう。

ただ、三井住友VISAゴールドカードは、銀行系のゴールドカードということもあり、他のクレジットカードよりも、カード審査が厳しい傾向にあります。

三井住友VISAゴールドカードは、年収300万円台~400万円台でも取得することができるゴールドカードではありますが、三井住友VISAカードで利用実績がなく、全くの新規で申し込みをした場合には、審査基準のハードルがかなり高くなります。

三井住友VISAゴールドカードの年収条件は?300万円台で取得は?

そこで、年収や勤続年数などが三井住友VISAゴールドカードの条件に満たない場合には、まずは三井住友VISAクラシックカードを取得して、利用実績を高められることをおすすめします。

三井住友VISAカードで利用実績があれば、三井住友VISAゴールドカードの取得難易度が大幅に下がりますので、属性が低い方でもゴールドカードを取得することができるようになるのです。

三井住友VISAゴールドカードは、「ゴールドカードと言えば三井住友VISAゴールドカード」と呼ばれるほど、非常に人気の高いゴールドカードです。

また、三井住友VISAゴールドカードは年会費割引が利用できますので、かなり格安な年会費で充実したサービスを受けることができるのです。

ゴールドカードが欲しい、ゴールドカードを取得したいという方は、信頼性やステータス性を兼ね備えた三井住友VISAゴールドカードをおすすめします。

三井住友VISAゴールドカードは日本国内を代表するステータスカード

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ