バンドルカードのチャージ方法は?手数料やチャージ上限・現金の引き出しは?

バンドルカードバンドルカードはチャージを行うことで繰り返し利用することができるVisaプリペイドカードです。

バンドルカードのチャージは、お金がなくてもチャージできるポチっとチャージ、クレジットチャージやコンビニチャージ、ペイジーやビットコイン、ドコモ払いやネット銀行などのチャージ方法があります。

そこで、バンドルカードのチャージ方法について、チャージ手数料やチャージ上限、チャージ後の残高の現金引き出しについてまとめました。

バンドルカードは審査なしで誰でも作れるVisaプリペイドカード

バンドルカードのチャージ方法は?

バンドルカードのチャージ方法は?バンドルカードは、お金を入金することで買い物ができるようになるプリペイドカードです。

そこで、バンドルカードのチャージには、「クレジットカード」「コンビニ」「ドコモ払い」「ネット銀行」「セブン銀行ATM」「ペイジー」「ビットコイン」「ギフトコード」「ポチっとチャージ」でチャージができます。

また、バンドルカードのチャージは、チャージ方法によってチャージのやり方が異なるようになります。

バンドルカードのチャージ

クレジットカードのチャージ方法
    バンドルカードにクレジットカードでチャージする場合は、クレジットカード情報を入力して金額を3Dセキュアで認証するとチャージが完了します。
    クレジットチャージは、Visa、又はMasterCardの3Dセキュアに対応したクレジットカードでチャージを行うことになりますので、JCBやアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブや銀聯カードは利用することができません。
    また、3Dセキュア未対応のクレジットカードも利用することはできませんので、クレジットカードからチャージを行う場合には、対応しているクレジットカードかどうかを確認した上で利用されることをおすすめします。
コンビニのチャージ方法
    バンドルカードにコンビニエンスストアでチャージする場合は、アプリでチャージリクエストを作成して、コンビニのFamiポートやLoppiなどの端末で申込券を発行して、コンビニのレジで支払うとチャージが完了します。
ドコモ払いのチャージ方法
    ドコモ払いでチャージを行う場合は、チャージ金額を入力してdocomoセンターで認証するとチャージが完了します。ドコモ払いはWi-Fi接続によるチャージはできませんので、契約している回線のモバイルネットワークからアクセスすることでチャージができるようになります。
ネット銀行のチャージ方法
    ネット銀行からチャージする場合は、チャージ金額を入力してネット銀行から払込手続きを行うとチャージが完了します。
セブン銀行ATMのチャージ方法
    セブン銀行ATMからチャージを行う場合は、全国に設置されたセブン銀行ATMのQRコードを読み込んで現金をセブン銀行ATMに入金することでチャージが完了します。セブン銀行ATMのチャージ金額は1,000円単位となります。
ペイジーのチャージ方法
    ペイジーでチャージを行う場合は、アプリでチャージリクエストを作成して、銀行ATMから入金手続きを行うことでチャージが完了します。
ビットコインのチャージ方法
    ビットコインでチャージを行う場合は、日本円でチャージ金額を入力してウォレットで送金手続きを行うことでチャージが完了します。
ギフトコードのチャージ方法
    ギフトコードによるチャージは、バンドルカードがキャンペーンなどで発行した場合に利用できます。iTunesカードやAmazonギフトカードではチャージできません。
ポチっとチャージのチャージ方法
    ポチっとチャージでチャージを行う場合は、ポチっとチャージに申し込みを行って審査に通過するとチャージができるようになります。ポチっとチャージの利用金額は翌月末までに全額を返済することになります。

ポチっとチャージとは?申込方法や使い方、手数料や支払金額・返済期限は?

バンドルカードのチャージ手数料やチャージ上限は?

バンドルカードのチャージ手数料やチャージ上限は?バンドルカードは入会金無料・年会費無料ですぐに利用できるVisaプリペイドカードですが、バンドルカードは後払いのポチっとチャージとドコモ払いでチャージを行った場合のみ、チャージ手数料がかかるようになります。

バンドルカードは基本的に無料でチャージを行うことができますが、ポチっとチャージとドコモ払いは所定の手数料がかかりますので、手数料無料でチャージを希望する際には、ポチっとチャージとドコモ払い以外のチャージ方法でチャージされることをおすすめします。

また、バンドルカードにはチャージ上限があります。バンドルカードのチャージ上限は、バーチャルカードとリアルカードはチャージ上限が同一です。リアル+(プラス)はチャージ上限が大幅に引き上げられたリアルカードとなります。

バンドルカードのチャージ手数料

手数料無料のチャージ

クレジットカード、コンビニ、ネット銀行、セブン銀行ATM、ペイジー、ビットコイン、ギフトコード

手数料が有料のチャージ
ドコモ払いチャージ金額が5,000円以下の場合:1回に付き300円
チャージ金額が6,000円以上の場合:1回に付きチャージ金額の6%
ポチっとチャージチャージ金額が3,000円~10,000円:1回に付き500円
チャージ金額が11,000円~20,000円:1回に付き800円
チャージ金額が21,000円~30,000円:1回に付き1,150円
チャージ金額が31,000円~40,000円:1回に付き1,500円
チャージ金額が41,000円~50,000円:1回に付き1,800円

バンドルカードのチャージ上限金額

残高やチャージの上限
バーチャルカードとリアルカードの上限1回あたりのチャージ上限額:3万
月間のチャージ上限額:12万円
有効期限内のチャージ累計額:100万円
残高の上限額:10万円
リアル+(プラス)の上限1回あたりのチャージ上限額:10万
月間のチャージ上限額:200万円
有効期限内のチャージ累計額:上限なし
残高の上限額:100万円

バンドルカードのリアルカードとリアル+(プラス)の違いは?

バンドルカードは現金の引き出しができる?

バンドルカードは現金の引き出しができる?バンドルカードは、クレジットチャージやコンビニチャージ、ネット銀行やセブン銀行ATM、ペイジーやビットコインからチャージを行うことで、手数料無料でチャージを行うことができます。

また、手元に現金がなくてもポチっとチャージを活用することで、最大50,000円まですぐにチャージをすることができます。

ただ、バンドルカードの残高は現金で引き出すことができませんので、チャージをした金額は全額を使い切ることが重要です。チャージ後の返金や払い戻しなども一切ありませんので、バンドルカードは使う金額だけをその都度チャージするほうが良いでしょう。

バンドルカードの最もお得なチャージ方法はクレジットカード

バンドルカードの最もお得なチャージ方法はクレジットカードバンドルカードは、クレジットカードやコンビニ、ネット銀行やペイジーなどを活用することで、手数料無料でチャージをすることができます。

そこで、バンドルカードで最もお得なチャージ方法は、チャージでもポイントを貯めることができるクレジットカードからチャージする方法です。

クレジットカードは利用金額に応じてポイントを貯めることができますので、コンビニや銀行ATMなどから現金でチャージするよりもクレジットカードからチャージするほうがお得なのです。

ただ、クレジットカードの種類によっては、電子マネーのチャージではポイントが付与されないクレジットカードもありますので、クレジットチャージで入金する場合は、ポイントが付与されるクレジットカードを利用することが重要です。

チャージでもポイントがもらえるクレジットカードは?

電子マネーのチャージでもポイントがもらえるクレジットカードなら、リクルートカードが良いでしょう。

リクルートカードは、電子マネーのチャージでも通常どおりポイントが付与されるクレジットカードです。また、リクルートカードは年会費無料でポイント還元率が1.2%となりますので、他のクレジットカードよりも高還元率のクレジットカードなのです。

リクルートカードは月間30,000円までのチャージなら特に問題なくポイントを受け取ることができますので、バンドルカードへのチャージはリクルートカードがおすすめです。

バンドルカードは審査なしで誰でも作れるVisaプリペイドカード

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ