クレジットカードの審査は賃貸よりも持ち家が有利?居住年数や居住形態は?

クレジットカードの審査は賃貸よりも持ち家が有利?居住年数や居住形態は?クレジットカードの審査は持家のほうが有利なのか、それとも賃貸のほうが審査に通りやすいのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードに申し込みを行う場合、必ず居住形態を記載することになります。また、現在住んでいるマンションやアパートに何年住んでいるのかを居住年数として記載することになりますので、居住形態や居住年数はクレジットカードの審査に非常に大きな影響が出る項目です。

では、クレジットカードを作る時は持ち家のほうが有利なのでしょうか。それとも賃貸のほうが良いのでしょうか。居住形態や居住年数についてまとめました。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

クレジットカードの審査は持ち家と賃貸のどっちが有利?

クレジットカードの審査は持ち家と賃貸のどっちが有利?クレジットカードの審査では、住まいが持ち家なのか、それとも賃貸なのか、あるいは官舎や社宅・寮なのか、公営住宅なのかは非常に重要な項目です。また、学生の方は大家さんと同居していたり下宿している場合もあるでしょう。

では、なぜクレジットカードの審査には居住形態が重要なのかとなりますが、クレジットカードは会員が買い物をした商品代金をカード会社が一時的に立て替えるサービスです。

万が一、会員が商品代金を支払わずに夜逃げをしたり本人と連絡が取れなくなったりすると、カード会社は大きな損失を被ることになります。

持ち家はカード代金を踏み倒されるリスクが少ない

持ち家に住んでいる方は、社会的信用度が高い人と判断される傾向があります。

一般的に不動産はすぐに売却することができるものではありませんし、自分の家を所有しているということは、その場所に一生住み続けることを意味しています。

また、持ち家の方は銀行や信用金庫などの金融機関から住宅ローンの融資を受けているケースがほとんどです。数百万円~数千万円を借りることができるということは、毎月安定した収入を得ているからこそ借り入れが可能になるわけですから、しっかりとした職業に就いていることが予想できます。

カード会社が最も危惧することは、本人と連絡が取れなくなり料金が踏み倒されることです。友人や知人の家を転々としている人と、自分の家を保有している人では、どちらが貸し倒れのリスクが高いかという判断となるのです。

賃貸アパートや公営住宅は逃げられるリスクが高い

逆に、賃貸アパートや公営住宅に住んでいる方は、連絡が取れなくなるリスクが高いため、クレジットカードの審査が厳しくなります。

特に築年数が30年~40年以上の賃貸アパートや低所得者を対象とした公営住宅に住んでいる方は、統計上アルバイトや日雇いで仕事をしているケースが多く、毎月の支払いが滞るリスクが高くなります。

賃貸でも新築マンションやタワーマンションに住んでいる方は高所得者と判断されますので、住んでいる場所や地域によってもクレジットカードの審査に大きな影響が出ます。

クレジットカードの審査に居住年数は重要?

クレジットカードの審査に居住年数は重要?クレジットカードの審査では、今住んでいるマンションやアパートに何年住んでいるのかという居住年数も非常に重要なポイントとなります。

たとえば、数ヶ月前に引っ越しをしたばかりという方と、10年以上同じところに住んでいるという方では、社会的信用度が異なります。特に居住年数が1年未満という場合は、クレジットカードの審査が不利になります。

ただし、居住年数は主に賃貸でアパートやマンションを借りている場合に重要となりますので、自己保有の持ち家の場合は居住年数が1ヶ月でも3ヶ月でも特にカード審査が不利になるということはありません。自己保有の持ち家は、今後も同じ場所に住み続ける、あるいは一生、同じ場所に住み続けるという意味になりますので、居住年数が短くても特に問題はないのです。

持ち家のほうがクレジットカードの審査に通りやすい?

持ち家のほうがクレジットカードの審査に通りやすい?クレジットカードの審査は様々な項目を総合的に判断してカード発行が可能かどうかを決定しています。

そのため、持ち家なら絶対にクレジットカードが作れるというわけではありませんし、賃貸だとクレジットカードの審査に落ちるということも一切ありません。持ち家でも賃貸でも普通に仕事をして返済能力がある方なら、どなたでもクレジットカードを作ることができます。

ただし、持ち家と賃貸の2つを比較した場合、持ち家のほうがクレジットカードの審査に通りやすくなるのは事実です。特に住宅は一生に一度の大きな買い物となりますので、賃貸から持ち家に引っ越しすることは属性の大幅アップに繋がります。

持ち家と賃貸のクレジットカード審査への影響は?

持ち家と賃貸のクレジットカード審査への影響は?持ち家と賃貸を比較すると、持ち家のほうがクレジットカードの審査が有利にはなりますが、賃貸だからクレジットカードが作れないということはありません。

特に今は人口が減少している時代ですから、何千万円ものローンを組んで無理をして住宅を購入するよりも、借金せずに賃貸に住み続けるという方が増えています。

また、持ち家はご近所付き合いや町内会への参加、固定資産税や修繕積立金の支払いなどの様々な問題もありますので、持ち家・賃貸のどちらが良い、悪いということは一概に言えません。クレジットカード審査への影響もそこまで大きい問題ではありませんので、特に気にする必要はないと言えるでしょう。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ